CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2010年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
父が命絶った夏、また 自死遺族を支援する山口さん(毎日新聞) [2010年08月25日(Wed)]
2010(平成22)年08月25日(水)
毎日新聞 東京朝刊
トップ>ニュースセレクト>話題>こころを救う

父が命絶った夏、また 自死遺族を支援する山口さん
http://mainichi.jp/select/wadai/kokoro/news/20100825ddm041040108000c.html

◇子どものケア、自ら重ね

父が命を絶った夏がまた巡ってきた。
あの時中学2年だった少年は、29歳の2児の父親になった。

NPO法人「自死遺族支援ネットワークRe」代表の
山口和浩さんは自殺を減らそうと学生時代に活動を始め、
今は精神科医療機関のスタッフを務める。

その生き方は父の死と向き合い続けているように見える。

自殺者が12年連続で3万人を超える中、
遺族も増え続けている。 【堀 智行】



田園風景が広がる高台にある横浜カメリアホスピタル。
待合室には、心を病む少年や少女の姿があった。
思春期の子どものケアを得意とする同院のスタッフとして
08年から、診察前の問診を担当してきた。

家族や友人を自殺で亡くした患者が少なくないことに
すぐ気付いた。
09年に新たに来院した患者477人を調べると、
約1割の46人が体験していた。

だが過去の医療機関での治療を聞くと、
身近な人を救えなかったつらさや悲しみを
十分にくみ取られないまま精神疾患と診断され、
薬を処方されたとみられる患者もいた。

同院の長岡 和院長(41)は
「抑うつ状態などの症状だけを診て、
 根底にある気持ちが見落とされている可能性がある」
と話す。

山口さんは患者のため院内で体験を語り合う場を作った。
「何で気付けなかったのか」。

突然の死をどう受け止めていいか分からず悩む少女らが、
自分と重なった。



長崎県で暮らしていた中2の夏。
その夜、農業を営む父の姿が見えないことに気がついていた。
借金を抱えていたが、
「自分たちを残して死ぬはずはない」
と思い、捜さなかった。

明け方、山口さんが最初に見つけるまでの間に命を絶った。

「あの時起きていれば。僕が殺したんだ」。

誰にも相談できず、自責の思いに押しつぶされそうだった。

あしなが育英会で病気や災害で親を亡くした遺児と
体験を語り合い、同じ思いを抱いていることを知り、
初めて父の死を見つめ直すことができた。

「今の気持ちを大事にしていいんだよ」。

大事な人を失ったつらさは消えない。
だから自分なりの向き合い方を見つけてほしい。
そう思い、患者の話に耳を傾けてきた。



国の自殺対策キャンペーンで、精神科の受診者は増えた。

「でも外来治療中心で患者が自宅で長い時間を過ごす
 今の医療では、自殺対策をすべて担うのは限界がある。
 どこまでかかわれるか検証が必要ではないだろうか」

活動を始め今年で10年。
「残されて同じ思いをする人を減らしたい。
 自殺をタブー視せず、社会全体で考えてほしい」
と名前を公表し、各地で講演を続けてきた。

自殺者が3万人台で高止まりしていることが、歯がゆい。
一方で「自殺予防」と聞くと、自殺が悪いことのような
気持ちになる。

「家族を残して死ぬことは正常な状態ではできない。
 苦しみから命を絶つこともあるんだと思う」。
8月の命日が近づくと、葛藤(かっとう)は一層強くなる。

「特定の人間だけでは活動は広がらない。
 精神科医療や学校教育など社会資源が
 一緒に問題にあたらなければ」。

精神医療機関で働き始めた今、その橋渡しが役割と思っている。

==============

情報やご意見を
メール(t.shakaibu@mainichi.co.jp)、
ファクス(03・3212・0635)、
手紙(〒100−8051毎日新聞社会部「こころを救う」係)
でお寄せください。

毎日新聞 東京朝刊 2010年08月25日(水)
8月25日付 よみうり寸評(読売新聞) [2010年08月25日(Wed)]
2010(平成22)年08月25日(水)
読売新聞
ホーム>社説・コラム

8月25日付 よみうり寸評
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/column2/news/20100825-OYT1T00653.htm

◆あしなが育英会が6月に発行した小中学生遺児の作文集
  『天国のお父さんお母さんへ』を読んだ。

  その中に自殺で親を失った子の文章があった。

◆学校から帰宅して、自ら命を絶った母の姿を見た子は、
 泣き崩れながら会社にいる父に連絡した。

 別の子は、父が自殺した日の朝、家の中に父がいないこと
 に気づきながら、学校に行ってしまったことを後悔して
 自分を責めたと書いた。

◆警察庁のまとめによると、
 昨年の全国の自殺者は3万2,845人。
 12年連続で3万人を超えた。

◆自殺者の4分の1は、原因や動機がわからなかった。
 なぜ自殺を食い止められなかったのかと
 心に傷を負う遺族もいる。

◆あしなが育英会は2007年から、小中学生の遺児たちが
 泊まりがけで体験を語り合う催しを続けている。
 病気や事故で親と死別した子も多い。
 
 作文集に収められたのは、その参加者の作品だ。

◆きょうから3日間は兵庫県姫路市で。
 小さな胸に抱えた悲しみを打ち明け、
 悩みを共有できる友に出会う。

 そんな夏の日であってほしい。

読売新聞 2010年08月25日(水)13時44分
特集ワイド:深まる孤独、姿消す高齢者 貧困が家族関係断つ(毎日新聞) [2010年08月25日(Wed)]
2010(平成22)年08月25日(水)
毎日新聞 東京夕刊
トップ>ニュースセレクト>話題

特集ワイド:深まる孤独、姿消す高齢者 貧困が家族関係断つ
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100825dde012040007000c.html

100歳以上の高齢者が数多く行方不明になっている。
親と子が何十年も音信不通だったり、
子が親の死亡を隠して年金を不正受給したりなど、
事例はさまざま。

「もう日本の家族は壊れてしまったのか」
とむなしい思いになってしまう。

今、高齢者と家族の問題をどう考えればよいのだろう。

【江畑佳明】

◇セーフティーネット機能しない社会
 −−僧侶・中下大樹さん
◇個人の経済的基盤、国がバックアップを
 −−明治学院大教授・河合克義さん
◇社会全体で老後の面倒を見る時代に
 −−ジャーナリスト・田原総一朗さん

昔は大家族、今は核家族。
核家族化によって、家族のつながりが弱くなった−−。

よく聞かれる意見だ。

政府の高齢社会白書(10年)によると、
1人暮らし高齢者(65歳以上)の人口は
1980年に約90万人だったが、
05年には約390万人と、25年間で4倍以上も増加した。

また、子どもと同居している割合は、
1980年に69%だったが
08年には44・1%にまで減少し、
子どもと同居する高齢者は半数以下となった。

昔は多数だった同居の高齢者は減少し、
次第に孤独になりつつあるようだ。



高齢者の孤独死や自殺の問題に取り組んでいる
僧侶の中下大樹さん(35)に会った。
この日も、35度に迫る猛暑。突き刺すような日差しを
避けながら、待ち合わせの喫茶店へ急いだ。

「家族のあり方が変わってきているのは
 間違いないと感じています」。
開口一番、こう述べた。

中下さんは現在、「葬送支援ネットワーク」の代表を務め、
生活困難な人や、身寄りのないお年寄りの葬儀を手伝っている。

以前はがんのホスピス施設に勤務していた。
僧侶として患者のよろず相談に乗り、
約500人の患者をみとった。

さまざまな家族と接してきた。
例えば、深夜に容体が急変した患者の家族に
急を告げる電話をすると、
「今何時だと思っているんですか」
と怒鳴られた。

「少数のことだと思われるかもしれませんが、
 ごく普通の家族の話です。
 私の経験では、臨終の際に、家族みんなが集まるほうが
 むしろ少なかったんです」

そして続けた。

「高齢者の孤独死も、自殺も根っこは同じ。
 家族が最後のセーフティーネットになっていない。
 最近『無縁社会』という言葉が定着しつつありますが、
 むしろ家族の縁はあってもその縁が十分に機能していない
 社会になりつつあると思います」

でも「ひとりで生きていくほうが気楽だ」と、
あえて孤独に暮らす人もいるだろうし、
そういう生き方も否定されるべきではないだろう。

高齢社会白書では、60歳以上で子や孫と
「一緒に生活したい」と回答したのは80年で約60%だった
が、05年には34.8%にまで減っている。

子どもと一定の距離を置いて暮らすことを望む高齢者が
増えている実態を裏付ける。

この疑問に中下さんはこう答えてくれた。

「体が元気なうちは、ひとりが気楽だと思うかもしれません。
 でも病気になったとき、最期を迎えるときは、
 誰かと一緒にいたいと思うものです。
 ひとりで死んでいくのは、本当にさびしいことですよ」



高齢者の問題に取り組む専門家にも会った。
明治学院大の河合克義教授(61)だ。
20年も前から、孤独な高齢者の問題や、
地域の問題を調査・研究してきた。

大学の研究室に入るとすぐ
「これを見てくださいよ」
と、1枚の新聞記事のコピーを示された。

日付は15年前の9月。河合さんが
東京都港区在住の65歳以上の高齢者に調査したところ、
「お正月をひとりで過ごした」と回答した人が34.5%で、
「子どもと」と回答した30.3%を超えていたのだ。

今問題となっている高齢者の孤独の問題は、
ずっと前から始まっていた。

ではなぜ今顕著になったのだろう。
「今回の行方不明の問題の根底には、貧困の要素が大きい」
という。

「各世代の生活基盤が崩れてしまって、
 家族の面倒を見るどころではなくなっている」
と指摘した。

底辺にあるのはやはり貧困だ。
今回の問題でも、子が親の年金を不正受給するケースも
少なくない。

貧困が原因で家族が支え合えない−−。
戦後、日本人は必死で高度成長を遂げたにもかかわらず、
21世紀になってこの現実では、あまりに悲しい。

地域でなら支え合うことはできるのか。
しかし首都圏では民生委員の確保が難しいという。

河合さんは
「地域で支えるにも、人的な限界がある。
 それよりまず、行政のバックアップで、
 個人の経済的な基盤を築くことから始めなければならない」

と強調する。

経済的貧困などを抱え、
「もう放っておいてくれ」
と、あえて近所の手助けを嫌がる人も多いという。



報道番組での辛口な司会進行で知られる
ジャーナリストの田原総一朗さん(76)は、
6年前に妻を亡くし、現在はマンションで
ひとり暮らしをしている。

高齢者の問題、どう考えればいいのでしょうか?

「今の100歳の世代の子どもって、
 ちょうど僕たちの世代なんです。
 戦前は教育勅語で愛国心とともに、
 親孝行をたたき込まれたが、戦後の教育基本法では
 親孝行は消えた」

という。

田原さんが大学に入学したのは1953年。
故郷の滋賀県から東京に出て「なんて自由なところだ」と驚き、
その自由の中で働いてきた。

「でも、自由が行き過ぎてしまった結果かもしれない。
 自由には責任が伴わなければならないのに」
と苦笑した。

田原さんは自身のこれからをどう考えているのだろう。

「現役の間は、子どもから金銭面でも頼りにされるから
 孤立はしないでしょう。でも、リタイアしたら……。
 あまり先のことは考えないようにしてるんです。
 昔は、子どもが親の老後の面倒を見るのが当たり前だった。
 今後は社会全体で見る時代に向かうのでしょう。
 今はどっちつかず。
 言い方を変えれば、ちょうどその転換期なんでしょうね」



取材を終えて、なんだか気持ちが沈んだ。
やはり家族は壊れ、地域に頼ることも難しい……

仕事を終えて帰宅し映画『男はつらいよ』のDVDをみた。
放浪している寅さんがふらりと帰ってきて珍騒動を引き起こす。

「ホントにバカだねえ。」
とあきれられつつも、人情ある家族やご近所は見捨てない。

家族や地域の力をもう一度、信じてみようか。

==============

◇「特集ワイド」へご意見、ご感想を
t.yukan@mainichi.co.jp
ファクス03・3212・0279

毎日新聞 東京夕刊 2010年08月25日(水)
自殺対策で各機関が連携(NHK長崎放送局) [2010年08月25日(Wed)]
2010(平成22)年08月25日(水)
NHK長崎放送局
トップ>長崎県のニュース

自殺対策で各機関が連携
http://www.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/5033525931.html

いっこうに減らない自殺の問題について
医療や教育、行政などさまざまな関係者が連携して
対策を考えようという会議が長崎市で開かれました。

会議には医者や大学の教員、それに行政の担当者のほか
自殺遺族の支援をしている団体や電話相談をしている団体の代表
などさまざまな形でこの問題にかかわっている人が集まりました。

最初に県福祉保健部の池松誠二部長があいさつに立ち、
全国では自殺で年間3万人以上が亡くなり、
県内の自殺者も400人前後で減っていない現状を説明し、

「なかなか目に見える効果が見えてきませんが、
 今後とも緊密な連携を取っていきましょう」
などと呼びかけました。

続いて県警の担当者が県内の自殺者の傾向を報告し
年代別にみると50歳代の自殺が最も多く、自殺の理由では
「健康問題」が一番多かったことなどを説明しました。

これに対し委員からは
「健康問題と言われても対策の立てようがないので
 もっと細かく分析してほしい」

といった意見が出ていました。

このほか会議では保健所が行った中高年男性のストレスに関する
調査の結果も報告され、今後こうしたデータなどをもとに
自殺者を減らすための話し合いを続けていくことにしています。

NHK長崎放送局 2010年08月25日(水)18時33分
自殺防止へ相談電話設置 保健師が対応 遺族のケアも 豊後大野市(西日本新聞/大分) [2010年08月25日(Wed)]
2010(平成22)年08月25日(水)01時47分
西日本新聞
トップ>九州>大分

自殺防止へ相談電話設置 保健師が対応
遺族のケアも 豊後大野市
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/193009



豊後大野市役所内に設置された「こころのホットライン」

豊後大野市は23日、自殺防止対策の一環として、
悩み相談専用電話「こころのホットライン」を設置した。

自殺を思い悩む人だけでなく、
自殺者の遺族の悩み相談にも応じる。

市によると、遺族の心のケアまで対象にした相談電話の設置は、
県内の自治体で初めてという。

同市内では近年、自殺者が増加する傾向にあり、
2008−09年に33人が自殺、
今年も既に13人が自ら命を絶っている。
特に病気に悩む高齢者の自殺が増えているという。

こうした背景から、市は昨年12月、
自治会や小中学校、商工会などと連携し、
「市自殺対策連絡協議会」(会長・橋本祐輔市長=委員20人)
を設立、官民挙げて具体策を検討していた。



この中で、遺族も精神的に落ち込むケースが多く、
“自殺後”にも配慮するべきでは、といった意見があり、
対象を拡大して相談電話を設置することにした。

窓口は市健康推進課に設け、男女の保健師18人が
交代で相談に応じる。

市は

「これまで、市民の情報をもとに、保健師が悩み相談に応じる
 などしてきたが、対応には限界があった。
 気軽に相談できる環境をつくり、生きることに希望が持てる、
 住みやすい地域を築きたい」

と話している。

受け付け時間は平日午前8時半−午後5時。
市は、休日や夜間、24時間態勢での開設も検討している。
専用電話=0974(22)4655。

西日本新聞 朝刊 2010年08月25日(水)01時47分
「生き抜く力感じて」 猛禽類で自殺防止訴え 青森で写真展 等(河北新報、毎日新聞/青森) [2010年08月25日(Wed)]
2010(平成22)年08月25日(水)
河北新報
トップ>東北>青森のニュース

「生き抜く力感じて」
猛禽類で自殺防止訴え 青森で写真展
http://www.kahoku.co.jp/news/2010/08/20100825t25012.htm



生への執念に満ちた写真を通じ、自殺防止を訴える写真展

家族2人を自殺で失った青森県立保健大(青森市)健康科学部
教授 渡辺洋一さん(59)が猛禽(もうきん)類の姿を通して
自殺防止を訴える写真展が24日、
青森市のさくら野百貨店青森店で始まった。

生への執念に満ちた作品が並び、渡辺さんは
「生き抜く力について考えてほしい」
と話している。

展示しているのはオオタカ、フクロウ、ハヤブサなどの
生態をとらえた全紙サイズなどの約70点。
岩木川水系など津軽地方で撮影した。

オオタカは、交尾から子育て、ひなの巣立ちまでを追っている。
会場では自殺防止のメッセージを入れた
手作りの絵はがき3種類を無料で配っている。

青森市の団体職員 竹内 隆さん(56)は
「写真から生命力が伝わってくる」
と目を見張っていた。



千葉県の大学に勤めていた渡辺さんは
2002、03の両年に父親と実妹を自殺で失った。
05年に青森に赴任。失意の中、津軽の自然と向き合うことで
「生き抜く力」を教えられたという。

渡辺さんは
「残された者の思いも考え、もっと命に関心を向けてほしい」
と呼び掛けている。29日まで。入場無料。

河北新報 2010年08月25日(水)

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2010(平成22)年08月25日(水)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>青森

写真展:津軽の自然に触れ「生きる力」
県立保健大教授・渡辺さん、青森で/青森
http://mainichi.jp/area/aomori/news/20100825ddlk02040129000c.html

◇自殺などで肉親3人失い苦悩

生き抜く力を伝えたい−−
県立保健大教授の渡辺洋一さん(59)が
青森市で写真展「津軽の命ある風景」を開いている。

肉親3人を相次ぎ自殺や病気で亡くし、
一時は自らも死を考えるほど悩んだ。

窮地で踏みとどまらせたのは赴任した青森で出会った、
心をとらえてやまない自然の力だった。【山本佳孝】



始まりは02年の秋だった。病気の父が自宅で自殺。
その10カ月後、今度は父の死を苦にした妹が
3人の子供を残して命を絶った。まだ43歳だった。

渡辺さんは東京の出身。
当時は千葉の大学で地域福祉を教えていた。
自殺対策の研究にも取り組んでいた。

「自殺対策を教えながら家族のサインが分からないなんて、
 何事だ」。

インターネット掲示板に匿名で書き込まれた。

妹を追うように1年後には母が病死する。
わずか2年で迎えた肉親3人の死。

悩みは深まるばかり。04年の冬にはうつ病と診断された。
大学は休職した。



転機は05年。学会での恩師から
「保健大で教授をやらないか」
と声をかけられた。

悩む自分を心配してくれてのことだった。

「行ってこいよ」
背中を押され、3月、青森に単身でやってきた。

旅行で来たことはあったが住むのは初めての青森。
病気の影響もあり寝付けない日々が続いた。

早朝に連日車を走らせた。
「このまま谷底に落ちて死にたい」
と山の雪道を猛スピードで走った。



4月のある早朝、水の入ったペットボトルを持って、
いつものように車を走らせた。目的もなくアクセルを踏んだ。
向かった先は八甲田山だった。

春先とはいえさすがにまだ雪は深い。左右には白い壁が続く。
湿原のあたりを抜け、牧場を過ぎたころ、
突然に赤く染まった山系が目に入った。
鳥肌が立ち、思わず車を止めた。

「死んだって仕方ない」
「朝日を浴びたこの光景を写真に撮って、見せてあげたい」。

自然にこみ上げてきた。高校卒業後、写真家に弟子入りするなど
プロカメラマンを夢見たこともある。

症状には波があって橋から飛び降りようとしたこともあったが、
写真を撮るために山々を巡るようになった。
「体が疲れ、自然と寝られるようになった」

赴任から1年後の5月。
木の上で、ひなに餌を与える雌のフクロウを見つけた。
20メートルまで近づき、ファインダーをのぞく。

「気付かれた!」。
母鳥が翼を広げて、つめを立てて威嚇してきた。
それでも、餌をやり続けていた。

「親鳥は危険を感じているはずなのに
 子供のために必死になる姿に感動した」



病気は今では薬もいらないくらいに回復。
30本の交換レンズを持って山に入るのが日課だ。
1枚の写真を撮るために半日待つこともある。

「トイレ替わりにするアウトドア用の瓶は欠かせない」
と笑顔だ。

写真展には風景や動物を撮った70点を出品している。
「自然の中の生きる力を写真で見てもらいたい」
と呼びかけている。

29日までの午前10時〜午後7時半、
青森市新町のさくら野百貨店。入場無料。

問い合わせは同百貨店。(電話 017・723・4311)

毎日新聞 地方版 2010年08月25日(水)
【スクエア】森田 至彦さん(29)(朝日新聞/富山) [2010年08月25日(Wed)]
2010(平成22)年08月25日(火)
朝日新聞
asahi.com>マイタウン>富山>スクエア

【スクエア】森田 至彦さん(29)
http://mytown.asahi.com/toyama/news.php?k_id=17000161008250001

ソフトボール指導者経て魚津警察署の刑事

理不尽な死 許せない



アフリカでソフトボールを指導した異色の経歴を持つ。

将来を意識し始めた高校生のころ、漠然と教師になろうと
考えていた。富山東高校、早稲田大学とソフトボール部に所属。
練習に明け暮れた日々が、警察官につながるとは、
思ってもいなかった。

大学時代に発展途上国に興味を持ち、
卒業後、国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊員に応募。
南アフリカに隣接するボツワナ共和国に約2年間派遣された。

ソフトボールの男女の代表チームを指導するのが
与えられた任務だった。



選手たちはプレーの基礎が不十分だったが、
身体能力はすごかった。その分、上達も早かった。
任期中、男子代表はアフリカ選手権で久々の優勝を果たした。

ボツワナは当時、国民のHIV感染率が
世界でも最も高い国の1つ、といわれていた。
親しい選手が発症し見舞いに行ったこともあった。
そして、葬儀に出席したこともあった。

「生きたい」
「ソフトボールがしたい」

どんなに願っても、かなえられないという人生を間近に見た。



日本に帰った日の夜だった。

テレビのニュース番組が自殺を報じていた。
亡くなった選手の顔がよぎり、
最初は自ら死ぬ人に怒りを覚えた。

でも、自殺の背景に多重債務問題があることがわかった。
暴力団の影が、ちらつくケースもあった。

「生きたいのに、死に追いやられる人は、日本にもいた。
 それが許せなかった」

こうして、警察官になることを決めた。

今は5年目。暴力団の捜査を担当している。
苦しむ人を助け、悪を絶つ仕事に終わりはなく、時間に追われる。

奥さんは、黙って送り出してくれるという。

(久永隆一)

朝日新聞 2010年08月25日(火)
自殺防止:東尋坊のNPO、志願者46人を保護 坂井市に対策要望/福井(毎日新聞) [2010年08月25日(Wed)]
2010(平成22)年08月25日(水)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>福井

自殺防止:東尋坊のNPO、志願者46人を保護 坂井市に対策要望/福井
http://mainichi.jp/area/fukui/news/20100825ddlk18040557000c.html

坂井市の景勝地・東尋坊で自殺防止パトロールを続ける
NPO「心に響く文集・編集局」(茂 幸雄理事長)は、
年初から7月末までに自殺志願者46人を保護した。

昨年11月から見回り回数を増やしたこともあり、
前年同期の34人から大幅に増えた。

同NPOは、発見時の状況や聞き取りから
「夜間の自殺防止対策が急務」
とし、赤外線カメラ設置や青色灯設置など安全対策の強化を
坂井市に要望した。



同NPOは午前10時半から日没まで、
約1時間おきにパトロールをしている。

今年保護した46人の発見時間は
▽午前中      11人
▽正午から午後5時 16人
▽午後5時以降   19人

だった。

また、保護したほぼ全員が
「暗くなってから飛び込もうと思っていた」
と話した。

暗くなってから岩場に入って活動するのは
危険が伴うため、茂代表は

「他の自殺多発地ではフェンスを張ったり
 警備員を配置するなど対策が進みつつある。
 東尋坊では何もないので、行政に早く対策を取ってほしい」

と話している。 【幸長由子】

毎日新聞 地方版 2010年08月25日(水)
現場から:「寝禅」の悟り/神奈川(毎日新聞) [2010年08月25日(Wed)]
2010(平成22)年08月25日(水)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>神奈川>現場から

現場から:「寝禅」の悟り/神奈川
http://mainichi.jp/area/kanagawa/genbakara/news/20100825ddlk14070246000c.html

<ALSはじめて耳にするその名 医師の宣告余命3年>

湘南工科大助手、舩後靖彦さん(52)が
難病を告げられた時、詠んだ句だ。
商社マンとして油が乗り切っていた42歳、延命治療を拒否した。



「悔いなく死にたい」
の思いで患者同士が励まし合うピアサポート活動に没頭。

拒否の姿勢を変え、のどの切開で声を失っても、
息が苦しく人工呼吸器を着けても「生き抜く」決意を固めた。



短歌集の出版、大学助手就任を経て、
3年と言われた命を10年以上に延ばした。

長髪のバンド小僧だった血が騒ぎ、教え子の同大4年、
山田雅彦さんと全身まひの人でも弾けるギターを開発、
製作発表ライブを開いた。



招かれた私は、楽譜を差し出す山田さんが
演奏中に流れる涙をぬぐう姿を見た。
舩後さんを見ると、唯一動く左の顔でほほ笑みかけていた。



舩後さんは寝たきりの姿を「寝禅」と呼び心境を詠んだ。

<達磨(だるま)師の座禅苦行に比べたら 
 我の寝禅は恥じるほど楽>

【永尾洋史】

毎日新聞 地方版 2010年08月25日(水)
孤独死、自殺…アパート貸主に救いの手「死亡事故保険」とは(SankeiBiz) [2010年08月25日(Wed)]
2010(平成22)年08月25日(水)
SankeiBiz
トップ>企業サービス>ニュース

孤独死、自殺…アパート貸主に救いの手「死亡事故保険」とは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/100825/bsd1008252140023-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/business/news/100825/bsd1008252140023-n2.htm



40代の男性が孤独死し、血だまりができていた
マンションの一室

孤独死に自殺や事故、犯罪など、
マンションやアパートの一室が“現場”になることは多い。
部屋のオーナーや管理会社のリスクは増えるばかりだ。

そんな世相を反映し、死亡事故に備えるための保険が
次々に登場して注目を浴びている。
「業界初の試み」というこの保険。一体どんなものか。



アパート・マンションで1人暮らしをする高齢者が増えている。
統計局の調査では、アパートなどの共同住宅に住む高齢者世帯は
144万5,000。これは全世帯の34.9%にも及ぶという。

こうした社会的背景もあり、高齢者の孤独死が増加。
今年は連日の猛暑で、熱中症で亡くなる人が相次ぐなど
高齢者の死亡事故も続発している。

そんな現状に頭を痛めているのが、
アパート・マンションの貸主だ。

「業界全体が孤独死の増加に危機感を募らせています。
 孤独死以外でも死亡事故・事件や自殺があると、
 遺族に賠償を求めるケースが多いですが、
 賠償が無理な場合、部屋の改装費などはすべて貸主の自己負担。
 貸主には死活問題です」。

全国の大家や管理会社が加盟する
社団法人全国賃貸住宅経営協会の稲本昭二事務局長はこう話す。

災害に備える保険はあっても、死亡事故に対応する保険は皆無。
孤独死が社会問題化するなか、保障を求める声は
日増しに高まっていた。

そんな声を受け、マンション・アパート内での死亡事故に
対応する新しい保険サービスが登場し、注目を集めている。



オーナー向けに死亡事故が発生した際の「家賃保障保険」を
10月1日から発売するのは、少額短期保険を扱う
「アソシア」(東京都千代田区)。

同社の本間貫禎社長は
「代理店の不動産会社から相談を受けたのが
 商品開発のきっかけ」
と話す。

「2002年に宇都宮市で派遣切りに遭い、
 うつ病になって餓死した20代前半の女性は、
 2週間放置されていました。
 今年6月には、埼玉県行田市でC型肝炎により
 54歳の男性が大量吐血して急死。

 いずれも多額の改装費をオーナーが
 自己負担せざるを得なかった。
 こうした相談を受け、死亡事故に遭うリスクは
 どこにでもあるのだと再認識しました」



同社の保険では、死亡事故が発生した場合、
最長で6カ月分の家賃を保障。
保険料は戸室全体の家賃合計から算定し、

「仮に1カ月の家賃合計が70万円だと、
 年間保険料は8,540円」(本間社長)
という。

今年4月から物件の管理会社向けに「賃貸管理リスクガード」
の発売を始めたのは、外資系損保会社「エース損害保険」の
日本法人(目黒区)。

同社個人保険部の柳佳孝部長は

「死亡事故の場合、管理会社がオーナーに
 改装費や家賃補償のかわりに見舞金を支払うことが多い。
 この見舞金を上限額200万円まで支払う保険です」

と説明する。

掛け金は月額で1室あたり100−300円程度という。

いずれの保険も業界として初の試み。
100歳以上の高齢者の所在不明が報じられた7月以降、
エース損保には前月の2倍、アソシアには今月だけで
100件の問い合わせがあったという。

SankeiBiz 2010年08月25日(水)21時38分
部下の「うつ」をすばやく見つける本 横山美弥子著 大野 裕監修(東洋経済オンライン) [2010年08月25日(Wed)]
2010(平成22)年08月23日(月)
東洋経済オンライン
トップ>Life>書評

部下の「うつ」をすばやく見つける本
横山美弥子 著  大野 裕 監修
http://www.toyokeizai.net/life/review/detail/AC/22d4ae53da335750935b377cb20daf47/



年間、1人あたり422万円――
これは、従業員数100〜999人規模の企業において、
30代社員がメンタル不調により休職した場合の
総コストだという。

現場でのダメージも大きい。
苦しいのはうつ病になった本人だけでなく、
上司もまた様々な悩みや組織からのプレッシャーを
抱えることになる。

上司がうまく対処できなければ職場のチームワークは乱れ、
通常業務に支障を来すこともあるだろう。

うつ病患者数が増えている中、うつ病で休職者を出さないこと
が色々な意味で低コストであることは言うまでもない。



本書は、管理職向けのメンタルヘルス研修を多く担当する
産業カウンセラーの著者が、
“部下にメンタル不調者を出さない上司になってほしい”
という思いで執筆した指南書だ。

上司として最低限必要な法律とうつ病の知識、
心の不調者をすばやく見つける具体的な方法、
お金をかけなくてもできる有効な予防策について
わかりやすく解説している。

休職者が出た場合の具体策まで言及しているので、
もしもの時にも役立つだろう。

一般的に早期発見のサインと言われる3つのA
「アルコール(酒)、
 アブセンティーイズム(遅刻や欠勤など)、
 アクシデント(ミスや事故)」
が現れたときでは遅いと筆者は主張し、
独自の予防策を提案する。

産業カウンセラーならではの現場視点や具体例は
参考になるはずだ。



疲れているのに休みをとらない、帰らない、疲れを感じない
「3ない上司」や、安易にコーチングを実践したがる上司など、
職場のメンタルヘルスを低下させる上司像には、
我が身を重ねて反省する管理職も少なくないのでは。

多くの企業と関わってきた著者は、断言する。

「生き残れる会社というのは、(中略)
 “いざという時の人間関係が
 社内でしっかり構築できている会社”」。

普段からの面談や職務共感を向上させる努力、
相手の感情に配慮して働く「感情労働」を行うことが、
うつ病の予防にも繋がると指摘する。

極論を言ってしまえば、
上司に高いコミュニケーション力と管理能力があれば、
うつ病社員は出ないということだろう。
単なるうつ病対策マニュアル本ではない。

中経出版 1,470円

(フリーライター:佐藤ちひろ =東洋経済HRオンライン)

東洋経済オンライン 2010年08月23日(水)08時00分
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック