CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2010年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
イタコ「口寄せ」癒やしに効果…国助成で研究(読売新聞) [2010年08月14日(Sat)]
2010(平成22)年08月14日(土)
読売新聞
ホーム>社会

イタコ「口寄せ」癒やしに効果…国助成で研究
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100814-OYT1T00396.htm

故人の霊を呼び寄せて言葉を伝えるイタコの「口寄せ」に、
自殺者の遺族(自死遺族)が癒やされるケースが多いことに
注目し、その理由を探る文部科学省の補助金助成研究が、
今月末からスタートする。

自殺者が12年連続で3万人を超える中、
新たな遺族支援のあり方を提案したい考えだ。



研究は、青森県立保健大健康科学部の藤井博英教授らが実施。
調査は3年間で、今年度は、県内のイタコを訪れる
自死遺族5人に協力を求め、

口寄せを受ける理由や
受けた直後の気持ちの変化、
話の内容や口調などイタコのどこに癒やされたか

――などを聞く。



藤井教授によると、口寄せを受ける自死遺族には、
他の遺族とは異なる苦しみがある。
自ら命を絶った理由を故人本人から聞けず、
自殺を防げなかった自分を責め続けてしまう。

こうした苦しみは、話を聴いてくれるだけの
通常のカウンセリングでは解決できないことも多い。

このような遺族に、イタコが呼び寄せた「故人」は
決して恨み言を言わず、
「世話になって本当に感謝している」
などとお礼の気持ちを伝える。

さらに
「私のために毎朝線香を1本あげてください」
など、簡単にできるお願いをする。

すると、
「遺族の自責の念が和らぎ、故人と再び対等に向き合える
 ようになり、立ち直るきっかけになる」(藤井教授)

という。



来年度以降は調査対象者を増やし、
病死遺族への効果とも比較する。

最終的には、イタコの話す内容や口調、
場の雰囲気などの中から、カウンセリングや遺族同士のケアに
生かせる部分を提案する。

藤井教授は

「自死遺族の支援は不十分で、後追い自殺をする遺族もいる。
 非科学的とされる民間信仰を科学的に検証し、
 遺族支援に役立てたい」

と話している。

◇イタコ=東北地方に古くから存在する巫女(みこ)で、
 死者の霊魂を呼び寄せて自分に乗り移らせ、
 その言葉を語るとされる。青森県むつ市の恐山が有名。
 「津軽のイタコの習俗」は国の無形民俗文化財。

読売新聞 2010年08月14日(土)14時38分
戦時中の悲劇小説に〜筑紫野の伊藤さん(読売新聞) [2010年08月14日(Sat)]
2010(平成22)年08月14日(土)
読売新聞
ホーム>地域>福岡

戦時中の悲劇小説に 〜筑紫野の伊藤さん
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukuoka/news/20100813-OYT8T01177.htm

闘病乗り越え5年がかり



書き上げた小説『筑紫の旭日』の原稿を手にする伊藤さん

筑紫野市二日市北の無職伊藤正史さん(58)が、
戦時中に市内で起こった悲劇などを基にした
小説『筑紫の旭日 〜冬は必ず春となる』
を執筆した。

左半身まひで車いすが必要な伊藤さんは、
戦禍を超えて復興した日本社会と
闘病後のリハビリに励む自身の姿を重ね、

「つらいことがあっても春は訪れる。
 同じ境遇の人たちの力になりたい」
と話している。



終戦直前の1945年8月8日、学徒動員の若者らが乗る
西鉄電車が筑紫駅で米軍機に襲撃され、大勢の死傷者が出た。
小説は、この筑紫駅列車空襲事件など3つの悲劇を題材にした
3部構成の労作だ。

第1部では、筑紫駅空襲で教え子が犠牲になった
女性教師の目線で、理不尽な行為の愚かさを描いた。
第2部は、特攻隊として前線基地に飛び立つ隊員の恋物語。
第3部は、戦時体験から自殺を図った女性が
復員後の夫と平和な家庭を築き上げるストーリーにした。



伊藤さんは大野城市出身。2003年、21年間勤めた
大阪府警を退職し保険会社を設立した。
その直後、心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞を患い
左半身まひとなり、うつ病も発症した。
将来を悲観し自殺未遂を繰り返した。

家族と離れ、施設に入って再起を決意。
心身ともに回復に向かった。

小説は、施設を退所した05年から書き始めた。
戦争体験者から証言を聞いて回り、不自由な左手の代わりに
口に割りばしをくわえ、パソコンのキーボードを押した。
400字詰め原稿用紙で170枚分をしたためた。

自身の体験や思いを伝えたいと著述に向かう伊藤さん。

「肉体や精神の病気を克服した自分の人生は、
 戦争を経て平和な現代を築いた歴史とも重なる。
 同じ境遇の人たちへの激励のメッセージにしたい」

と話す。

単行本は、施設で共に暮らした患者を励ます言葉を集めた
05年の詩集以来。今秋の刊行を予定している。

読売新聞 2010年08月14日(土)
性犯罪対策 NPO法人設立へ(NHKオンライン) [2010年08月14日(Sat)]
2010(平成22)年08月14日(土)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>社会

性犯罪対策 NPO法人設立へ
http://www3.nhk.or.jp/news/

性犯罪者の再犯を防ぐための取り組みが、
日本では欧米より大きく遅れているとして、
精神科医や弁護士などがNPO法人を設立し、
効果的な対策を研究して、国に実現を求めていくことに
なりました。



このNPO法人は、性犯罪を犯した人のカウンセリングなどに
当たっている、国立精神・神経センターの精神科医、
福井裕輝さんなどが中心となって、弁護士や心理学者など
とともに設立するものです。

性犯罪をめぐっては、6年前、奈良県で小学生の女の子が
殺害された事件をきっかけに、刑務所などで再犯を防ぐための
教育プログラムが導入されましたが、
福井さんらは、対象が一部の性犯罪者に限られるなど、
欧米に比べて対策が大きく遅れていると指摘しています。

このため、精神療法や薬物療法など医学的な治療も含めて、
性犯罪の再犯を防ぐための対策を研究するとともに、
性犯罪者を更生させるための専門的な機関を速やかに設立する
よう国に求めていくため、28日に都内でNPOの設立に向けた
集会を開くことにしています。

NPOの発起人代表を務める福井裕輝さんは

「日本の対策は海外に比べて20年以上遅れており、
 性犯罪の被害を食い止めるための効果的な方法を探り、
 国に早急な対策を求めていきたい」

と話しています。

NHKオンライン 2010年08月14日(土)04時40分
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック