CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2010年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
地域医療を考える 「全国医学生ゼミ」開幕(岐阜新聞) [2010年08月10日(Tue)]
2010(平成22)年08月10日(火)
岐阜新聞Web
トップ>特集>岐阜医療Web

地域医療を考える 「全国医学生ゼミ」開幕
http://www.gifu-np.co.jp/tokusyu/iryo/iryo201008101.shtml

全国の医学生や医療系学生が集い、運営する
自主勉強会「第53回全国医学生ゼミナールin岐阜」
(同医ゼミ全国実行委員会主催、岐阜新聞・岐阜放送など後援)
が9日、岐阜市学園町の未来会館をメーン会場に開幕した。

全国の学生ら約280人が参加。
初日は地域医療の講演などがあった。12日まで。



地域医療について講演する中村伸一さん
=岐阜市学園町、未来会館

岐阜県内では11年ぶり3回目の開催。メーンテーマは
「健康を支える社会 地域の中で生きる医療者の役割とは」。

平和企画では「核」をテーマに、講師を招いた講演会や
学生たちが問題提起したテーマで分科会を行う。



開会式後、福井県のおおい町国保名田庄診療所
所長の医師 中村伸一さん(47)が
「地域で生き、地域で逝く人々を支える医療」
との演題で講演。

中村さんは、くも膜下出血の誤診をした際

「医者をやめるか、この土地を去らねばならない
 と思い詰めたが、家族に謝ると
 『間違いは誰にでもある。お互いさまだよ』
 と許してもらえた」

と体験を吐露。

「若いころは自分が地域医療を支えているつもりだったが、
 地域に育てられ支えられてきたのは
 私自身だったと気づいた」

と語り、患者と医療者相互の信頼関係の大切さを強調した。

岐阜新聞 2010年08月10日(火)
宮崎 全頭調査で“異常なし”(NHKオンライン) [2010年08月10日(Tue)]
2010(平成22)年08月10日(火)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>社会

宮崎 全頭調査で“異常なし”
http://www3.nhk.or.jp/news/

口てい疫の問題を受けて、宮崎県が独自に進めてきた
すべての家畜の健康状態を確かめる調査が終わり、宮崎県は
「異常は見つからなかった」
と発表しました。

このまま異常がなければ、
今月27日に終息宣言が出される見通しです。



宮崎県の口てい疫の問題では、ワクチンを接種した家畜も含め
30万頭近くが処分され、感染のおそれはなくなったとして
先月27日に家畜の移動制限などはすべて解除されています。

しかし宮崎県は、全国の消費者や畜産関係者に
県産の牛や豚の安全性をアピールする必要があるとして、
8,000か所余りのすべての農場に獣医師を派遣し、
牛や豚の健康状態を確かめる独自の調査を行ってきました。

その結果、9日すべての牛と豚の調査が終わり、宮崎県は
「異常は見つからなかった」
と発表しました。

宮崎県は、口てい疫のウイルスを含む可能性がある
大量の家畜の排せつ物を無害化する作業を進めていますが、
作業が順調に進み、異常が見つからなければ、
今月27日に終息宣言が出される見通しです。

NHKオンライン 2010年08月10日(火)06時20分
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック