CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2010年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
三股町:「福祉・消費」一体で対応 相談センターを開設/宮崎(毎日新聞) [2010年05月21日(Fri)]
2010(平成22)年05月21日(金)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>宮崎

三股町:「福祉・消費」一体で対応
相談センターを開設/宮崎
http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20100521ddlk45010632000c.html

三股町は町内樺山の旧シルバー人材センターに
「福祉・消費生活相談センター」を開設した。

振り込め詐欺や悪質商法などの消費生活に関する問題と、
心身の健康や人間関係の悩みなどに2人の相談員が応じる。

振り込め詐欺や契約トラブルの被害者に高齢者が多く、
多重債務問題が自殺の引き金になるなど、
消費生活と福祉の境界をまたぐ事例が増えているため、
一体的な相談窓口を設けた。

町の関係各課や県都城地方消費生活センター、
法律専門家などとも連携して支援する。

相談員の細井 徹さん(61)は

「振り込め詐欺などの被害を防ぐための啓発と、
 万一の場合は被害を最小限に抑えるのがセンターの役割。
 そのためにも早めに相談してほしい」

と話している。

面談、電話相談とも月〜金曜日の午前9時から午後4時。
0986・52・0999。 【木元六男】

毎日新聞 地方版 2010年05月21日(金)
WHO アルコール規制指針案(NHKオンライン) [2010年05月21日(Fri)]
2010(平成22)年05月21日(金)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>科学・医療

WHO アルコール規制指針案
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100521/t10014585211000.html

アルコールの飲み過ぎによる健康への影響や飲酒運転
などの問題を受けて、ジュネーブで開かれている
WHO=世界保健機関の総会は
20日、アルコールの販売や広告などの規制を各国に求める
指針案を採択しました。



この指針案は
「アルコールの危険な飲み方を減らすための世界戦略」
と名付けられ、ジュネーブで開催中のWHO総会の委員会で
20日、全会一致で採択されたものです。

それによりますと、アルコールの飲み過ぎが健康被害を
もたらしているうえ、飲酒運転、暴力、自殺などが
引き起こされており、個人だけでなく
その家族や社会全体にも深刻な影響をもたらしている
と指摘しています。

このため、具体的な対策として
未成年や若い人たちに訴えかけるような広告を規制すること、
アルコールの価格を引き上げることなどを検討すべき
だとしています。

この指針案は法的拘束力はありませんが、
WHOとしては、タバコに続いてアルコールの害についても
各国へ対策の強化を訴えていく方針です。

NHKオンライン 2010年05月21日(金)06時28分
がん治療費 負担軽減を要望(NHKオンライン) [2010年05月21日(Fri)]
2010(平成22)年05月21日(金)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>科学・医療

がん治療費 負担軽減を要望
http://www3.nhk.or.jp/news/

長期間にわたって抗がん剤治療などを続けている
がん患者にとって治療費の自己負担が重すぎるとして、
患者や医師の団体が21日、厚生労働省に、
健康保険制度を見直して負担を軽減するよう要望しました。



要望を行ったのは、がん患者や医師の団体で、21日午前、
厚生労働省の吉田 学保険課長に要望書を手渡しました。

現在の健康保険制度では、所得に応じて自己負担に上限を設ける
「高額療養費制度」がありますが、この制度を使っても、
70歳未満の多くの人の場合、月に2万数千円から15万円余り
の治療費を負担しなければなりません。

患者団体らは、延命効果の高い抗がん剤が新たに開発されている
一方で、高額な治療費の負担が長期間にわたって続くため、
患者や家族の生活に深刻な影響が出ているとして、
負担を軽減するよう訴えています。

要望のあと、記者会見した血液のがんの患者団体「つばさ」の
橋本明子理事長は

「お金がないために治療をやめたいという患者が
 ここ2年ほどで増えている。
 一刻も早く制度を見直してほしい」

と話しています。

これについて厚生労働省は、患者の所得によって
自己負担の上限を引き下げることも検討していく方針です。

NHKオンライン 2010年05月21日(金)14時16分
心癒やす「沈黙」の力 俳優座が7年ぶり山田太一の新作(朝日新聞) [2010年05月21日(Fri)]
2010(平成22)年05月21日(金)
朝日新聞
asahi.com>エンタメ>舞台>演劇

心癒やす「沈黙」の力 俳優座が7年ぶり山田太一の新作
http://www.asahi.com/showbiz/stage/theater/TKY201005210267.html



中野誠也さん=山本裕之撮影

劇団俳優座が「沈黙亭のあかり」を
21日から東京・新宿の紀伊国屋ホールで上演する。
山田太一が7年ぶりに同劇団のために書き下ろした新作で、
ベテランの中野誠也、山本裕之が演出・主演する。

多摩川沿いにある小さなスナックが舞台。
愛妻を失ったショックで、話せず耳も聞こえなくなった
店主(中野)は、ホワイトボードの文字で客とやりとりする。

そこに、生活に疲れた人々や集団自殺を企てる男女らが集まり、
やがてある事件が起きる。
傷ついた人々の心情の吐露と再生を描いた物語だ。

中野は

「我々の仕事は言葉。それを逆手に取って沈黙をテーマに選んだ。
 沈黙には疲れた現代人の心を癒やす力があると思う。

 昔はランプの芯がジュッと立てる音を聞いたものだが、
 我々の生活はそういうところからだいぶかけ離れてしまった。

 心を癒やす言葉は『自然』であり、
 その空気を象徴するのが沈黙でしょう」

と語る。

山田戯曲はおおむね家族ドラマをデリケートに描くが、
今回は社会問題である集団自殺を採り入れ、
喜劇的なタッチで展開する。

「刃物によって、自殺したい人、殺されたい人、殺したい人が
 一体となった空間が現れ、
 一瞬ブラックホールに陥ったようになる。

 でも、ナイフで人を刺すことはなかなかできないこと。
 ドサクサの中で店主が蘇生するきっかけが生まれるんです」

1961年に俳優座に入団。
演出を手がけるのは2007年の「リビエールの夏の祭り」
以来、2度目となる。

「俳優と演出は舞台の表と裏。
 演出しながら演じると分裂状態になる。
 他の俳優を客観的にみていると、
 自分の役への集中力が散漫になりがちなので。

 でも演出は楽しい。
 虚構性の強い設定で現代のシビアな問題を取り上げているが、
 あくまで喜劇として笑ってもらえたら。
 軽さと社会性とがうまくかみ合うように工夫したい」

一方、役者としては、しゃべれない店主役は終盤を除き、
せりふがない。

「せりふがほとんどない主役は、ヘレン・ケラーを描いた
 『奇跡の人』ぐらいでしょう。
 黙ったままで舞台に存在するのは難しい。

 でも沈黙を代表する登場人物。
 言葉による交流の奥にある、沈思したコミュニケーション
 にこそ、本当の心の交流がある」

30日まで。中村たつ、遠藤剛、早野ゆかり、加藤佳男らが共演。
美術・朝倉 摂。5,250円、4,200円。
電話 03・3470・2888(俳優座)。 (小山内 伸)

朝日新聞 2010年05月21日(金)
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック