CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2010年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
「沈黙」で癒やすスナック(読売新聞) [2010年05月19日(Wed)]
2010(平成22)年05月19日(水)
読売新聞
総合トップ>エンタメ>舞台・伝統芸>演劇

「沈黙」で癒やすスナック
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/stage/theater/20100519-OYT8T00817.htm

俳優座 命の大切さ訴える悲喜劇

俳優座は、山田太一作「沈黙亭のあかり」を
21日から30日まで東京・新宿の紀伊国屋ホールで上演する。

口がきけず、耳も聞こえないマスターのいるスナックを
舞台にした人間ドラマ。



演出の中野誠也=写真=は
「奇想天外な悲喜劇の中で、命の大切さを訴えている」
と話す。

妻を失ったショックから耳と口が不自由になった栄一(中野)
が営む「沈黙亭」には、彼の優しい雰囲気にひかれて
様々な客が訪れる。

ある日、集団自殺をたくらむ村田(加藤佳男)が現れ、
店に騒動が持ち上がる。

「文化は音や言語に囲まれているが、
 それを支えているのが静寂や沈黙ではないか」
と中野。

「騒音だらけの今の世の中では、
 黙ってそばにいてくれる人物が癒やしとなる」
と語る。

沈黙を演じるのは難しい。
せりふがないので間の取り方が重要だが

「あまり間が長すぎるのも限度がある」
と悪戦苦闘の日々だ。

「店でいくらドタバタが起きても、
 主人は常にニコニコしている。
 そのアンバランスのこっけいさを楽しんでもらえれば」

(電) 03・3470・2888。

読売新聞 2010年05月19日(水)
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック