CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2010年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
都心ホームレスの3割、知的障害の可能性 医師ら調査 等(朝日新聞) [2010年05月17日(Mon)]
2010(平成22)年05月17日(月)
朝日新聞
asahi.com>ライフ>医療・健康>福祉・高齢

都心ホームレスの3割、知的障害の可能性 医師ら調査
http://www.asahi.com/health/news/TKY201005160294.html

東京都心のホームレスの3割以上は知的機能に障害がある
とみられることが16日、精神科医や臨床心理士らで作る
研究チームの調査でわかった。精神疾患も4割以上にあった。

知的機能を含むホームレスのメンタル面に関する専門家による
初の実態調査という。

ホームレス施策に障害者支援の視点も必要だと
同チームは指摘する。



池袋駅周辺で路上生活を送る人たちを支援する研究チーム
「ぼとむあっぷ」が、昨年末に調べた。

本人の同意が得られた167人を対象に
面接調査や簡易知能検査をした。

平均55歳で全員男性。
最終学歴は小学校が2%、中学校が56%だった。

その結果、
軽度の知的障害がある人が28%、
中度の障害の人が    6%
だった。

知的障害が軽い人の精神年齢は9〜12歳程度で、
ものごとを抽象的に考えるのが難しい。
中度では6〜9歳程度で、周囲の助けがないと生活が難しい。

精神科医の診断で
19%にアルコール依存症、
15%にうつ病が認められるなど、
41%の人に精神疾患があった。



研究チーム代表の精神科医・森川すいめいさんによると、
周囲に障害が理解されず、人間関係をうまく結べないこと
で職を失うなどの「生きづらさ」が、
路上生活につながった可能性があるという。

知的障害により生活保護の手続きを自発的に取ることが
できなかったり、精神疾患により気力が下がったりして、
なかなか路上生活から抜け出せない現状がある。

森川さんは
「障害に応じた支援策が必要」

と指摘する。 (岡崎明子)

朝日新聞 2010年05月17日(月)00時39分

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2010(平成22)年04月11日(日)
朝日新聞
asahi.com>ニュース>特集>働けど貧困

生活保護受ける人の自殺率、平均の2倍以上 厚労省調査
http://www.asahi.com/special/08016/TKY201004090456.html

生活保護を受けている人の自殺率が、
2009年は10万人当たり62.4人と、
全国平均の2倍を超えることが
9日、厚生労働省の調査で明らかになった。

生活保護受給者の自殺率を出したのは初めて。
うつ病など精神疾患がある人の割合が高いことが
背景にあると見られる。



07年から09年について全国の福祉事務所の報告をまとめた。
3年間の自殺者は計2,465人で、
10万人当たりの自殺率は
07年が38.4人、
08年が54.8人、
09年が62.4人

と年々増加。
08年の全国平均(25.3人)を大きく上回った。



3年間に自殺した受給者の66.2%に精神疾患があり、
全人口に占める精神疾患の人の割合(推計2.5%)
と比べて高かった。

同省は今後、福祉事務所に精神ケアの専門家を増やすこと
などを検討する。

朝日新聞 2010年04月11日(日)22時14分
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック