CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2010年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
精神疾患防止 企業が取り組み(NHKオンライン) [2010年05月09日(Sun)]
2010(平成22)年05月09日(日)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>経済

精神疾患防止 企業が取り組み
http://www3.nhk.or.jp/news/

仕事のストレスで精神疾患の症状を訴える人が増える中、
企業の間では、社内の部署ごとにストレスの大きさを数値化して
職場環境の改善を指導する、といった取り組みが広がっています。



このうち「日本製紙」は、社員の精神疾患を予防するため、
およそ5,800人いる社員全員を対象に調査を行い、
職場ごとのストレスの大きさを数値化する方法を
新たに取り入れました。

これによって職場が抱える問題の深刻さを把握するとともに、
人間関係の改善や仕事量の軽減などを具体的に指導し、
ストレスの原因をなくしていく取り組みを本格的に進めています。

また外資系保険会社の「AIU」は、精神力を養うため
日本古来の武道の効果を見直し、今年度から
新入社員を対象にした研修に合気道を取り入れました。

この会社では今後、中堅社員などにも
対象を広げていくことを検討しています。

厚生労働省の調査によりますと、おととし精神疾患の症状で
全国の医療機関を訪れた外来患者の数は、
推計で1日に23万人余りに上っています。

横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンターの
山本晴義センター長は

「景気の低迷などで仕事のストレスを感じる人は増えている。
 精神疾患の予防の費用は治療費の100分の1ですむとされ、
 企業は予防にもっと重点を置くべきだ」

と話しています。

NHKオンライン 2010年05月09日(日) 04時33分
がん患者の治療費負担 軽減を(NHKオンライン) [2010年05月09日(Sun)]
2010(平成22)年05月09日(日)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>科学・医療

がん患者の治療費負担 軽減を
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100509/t10014324731000.html

長期間にわたって抗がん剤治療などを続けるがん患者らが
9日に集会を開き、健康保険制度を見直し、
治療費の自己負担を軽減するよう訴えました。



この集会は、がん患者の団体や医師らが開いたもので、
東京都内の会場にはおよそ200人が集まりました。

現在の健康保険制度では、所得に応じて自己負担に限度を設ける
「高額療養費制度」がありますが、この制度を使っても、
70歳未満の多くの人の場合、月に2万数千円から15万円余り
の治療費を負担しなければなりません。

集会では、東北大学の濃沼信夫教授が

「新薬の開発や医療技術の進歩で医療費が高くなっており、
 治療などにかかる、がん患者の負担は
 平均で年間100万円に上っている。

 もはや負担は限界で、健康保険の仕組みを
 根本的に考え直す必要がある」

と指摘しました。

また、患者団体の代表で、息子を白血病で亡くした橋本明子さんが

「がんになったことで職を失う一方で、
 医療費が長期間かかり続ける人も多く、
 命の問題が経済の問題という時代になっている。
 患者の自己負担を少しでも減らしてほしい」

などと訴えました。

治療費の負担について、厚生労働省は、
近く軽減策の検討を始めることにしていて、
集会を主催した患者団体は、
今後、国に改善を働きかけていくことにしています。

NHKオンライン 2010年05月09日(日) 18時41分
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック