CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2010年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
自殺予防啓発へメッセージ募集 松江で六子さん呼び掛け(山陰中央新報) [2010年02月13日(Sat)]
2010(平成22)年02月13日(土)
山陰中央新報
ホーム>生活>住まい・生活のニュース>2010年02月13日(土)

自殺予防啓発へメッセージ募集
松江で六子さん呼び掛け
http://www.sanin-chuo.co.jp/sumai/modules/news/article.php?storyid=517917045



通学途中の高校生に啓発チラシを手渡す六子さん(左)
=松江市朝日町のJR松江駅前

松江市在住のシンガー・ソングライター、六子さん(25)が
12日、松江市朝日町のJR松江駅前であった

自殺予防普及啓発事業「こころのうたキャンペーン」
に参加、楽曲にするメッセージの募集を呼び掛けた。

このキャンペーンは県の自殺予防事業の一環で、
1月18日にスタート。

3月14日までの期間中、一般から
「思いやりを感じたこと」
「喜ばれたりしたこと」

などのエピソードを募り、応募作品の内容を基に六子さんが作曲。
7月に発表する。

この日、同キャンペーンのイメージキャラクターを務める
六子さんは県職員らと一緒に、「こころのうた」の募集要項など
を記したチラシ約1,000枚を道行く市民らに配布した。

六子さんは

「生まれてきただけでもすごいこと。
 そのことに気づき、自殺したい気持ちから
 自分から遠ざかってもらえれば」

と話した。

問い合わせは、エフエム山陰「こころのうた」キャンペーン
事務局、電話 0852(27)9880。

山陰中央新報 2010年02月13日(土)
介護相談窓口:1人で悩まず電話を いのちの花協会が開設/京都(毎日新聞) [2010年02月13日(Sat)]
2010(平成22)年02月13日(土)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>京都

介護相談窓口:1人で悩まず電話を いのちの花協会が開設/京都
http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20100213ddlk26040539000c.html

孤立化しがちな介護者をサポートするために
「日本いのちの花協会」(左京区)
が、電話による相談窓口を開設した。

同会は

「精神的疲労がたまると、虐待だけでなく
 うつ病や自殺にもつながりかねない。
 1人で悩まずに電話をかけて」

と呼び掛けている。

認知症の高齢者などをみとるターミナルケアにも取り組んでいる
有料老人ホーム「花の家」(同)を運営する同協会が、
ホーム利用者以外の介護者もサポートしようと実施。

臨床心理士らによる相談員養成講座を受けた
ボランティアスタッフ7人が相談に応じる。

1月に相談を受け始めてから、被介護者からの暴言や暴力に
悩む事例などの相談が寄せられている。

代表の宮田さよ子さん(61)は

「『あなたは孤独ではない』
 ということを伝え、少しでも相談者の気持ちが楽になる
 手助けをしたい」

と話している。

月・水・土の週3回で、相談料は無料。
月曜日は午後6〜8時、水・土曜日は同1〜4時、
専用番号(075・724・4047)へ。 【橘 建吾】

毎日新聞 地方版 2010年02月13日(土)
2010年度予算案、一般会計実質1%減/葉山町(神奈川新聞) [2010年02月13日(Sat)]
2010(平成22)年02月13日(土)
カナロコ(神奈川新聞)
トップ>ニュース>ローカルニュース

2010年度予算案、一般会計実質1%減/葉山町
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1002130021/

葉山町の森英二町長は12日、総額168億1,900万円の
2010年度当初予算案を発表した。

うち90億9,000万円の一般会計は
政府が実施する子ども手当が盛り込まれているため、
前年度当初比3.5%増となったが、
実質では同 1.0%減になるという。

一般会計の歳入は、全体の62.2%を占める町税が
景気低迷の影響で、同2.8%減の56億5,300万円。

個人町民税は27億 700万円(同5.8%減)、
法人町民税は8,500万円(同9.4%減)でいずれも減額。

町債は5億9,300万円(同4.4%増)を発行。
町債残高は10年度末で約59億円になる見込み。

歳出では、特別職(町長、教育長)と一般職(課長代理以上)の
給与削減により年間約1,450万円の人件費削減を見込んだ
ものの、団塊世代の大量退職などが影響して
同0.7%増の29億6,300万円を計上した。

特別職と一般職の給与を削減する改正条例案は
19日に開かれる町議会本会議で議決される。

主な新規事業は次の通り。

▽湘南国際村グリーンパーク管理事業(1,000万円)
▽地域自殺対策緊急強化事業    (   50万円)

神奈川新聞 2010年02月13日(土)
県立全校に“裏サイト” 群馬県教委調査中間報告(MSN産経ニュース/群馬) [2010年02月13日(Sat)]
2010(平成22)年02月13日(土)
MSN産経ニュース
ニューストップ>地方>関東>群馬

県立全校に“裏サイト” 群馬県教委調査中間報告
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/gunma/100213/gnm1002130201002-n1.htm

群馬県教育委員会は、いじめや犯罪の温床と指摘されている
インターネット上の“学校裏サイト”についての
実態調査の中間報告をまとめた。

それによると、調査した県立高と中等教育学校全64校すべてに
“裏サイト”があり、計710件の書き込みなどが確認された。

県教委は
「放置しておけば、生徒の自殺などの問題も起こりかねない。
 早急に対処したい」

としている。(西村利也)

調査は、個人情報流出の危険性があるサイトやいじめをほのめかす
ような不適切な内容の投稿実態を調べることが目的。

昨年12月から今年3月にかけ、
県立高63校と県立中等教育学校1校を対象に調査会社に委託
して実施、中間報告では1月20日までの調査結果をまとめた。

それによると、在校生らが情報交換などを目的に利用している
学校の非公式のサイトで、問題のある投稿が
計710件見つかり、全64校で関係する投稿があった。

発見された投稿のうち、最も多かったのは、
「個人情報の流布」で535件。
そのほか、「いじめ・中傷」に関するものが36件、
家出や自殺をほのめかすなどの「トラブル」が4件あった。

サイト別では、プロフィールサイトが496件で
全体の約7割を占めた。

調査では、これらの情報を、
(1)犯罪予告や児童生徒の生命にかかわる内容
(2)早期の指導・対応が望ましい内容

−などに分別。

生命にかかわる極めて緊急性が高いものはなかったが、
早期の指導や対応が望ましい書き込みとして、
特定の教員や生徒を中傷したり、自殺をほのめかす書き込み
計5件を検出。

学校側に連絡し、書き込んだ生徒への指導など、対応を求めた。

県教委は今後、調査結果を参考に、悪質な書き込みのある
サイトの削除や投稿した生徒の指導強化を実施する方針。

県高校教育課は

「サイトを削除しても、新しいサイトがすぐに立ち上がっては
 きりがない。
 今後の経過を注意するほかに、新たな対策が必要」

としている。

MSN産経ニュース 2010年02月13日(土)02時00分
「みなさんは宝」 鏡中学校で命の授業(佐賀新聞) [2010年02月13日(Sat)]
2010(平成22)年02月13日(土)
佐賀新聞
トップ>佐賀県内ニュース>2010年02月13日(土)

「みなさんは宝」 鏡中学校で命の授業
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1549288.article.html

佐賀県内の犯罪や交通事故の被害者遺族でつくる
「一歩の会」代表の古川 誠さん(58)の講演会が
12日、鏡中学校であった。

古川さんは交通事故で娘を失った苦しさを語り、
「みなさんは宝。たった1つしかない命を大切にして」
と呼び掛けた。

深い悲しみを経験した人ならではの思いやりに満ちた話に、
全校生徒約390人がじっと聞き入った。

古川さんは、10年前に小学5年生の1人娘を交通事故で失った。
たまたま現場に居合わせ、事故のほぼ一部始終を
目の当たりにした古川さんは、交通事故のむごさや、
ひかれて横たわる娘を見た際の衝撃を吐露。

「生きる力を失い、
 苦しさから家族さえばらばらになりそうだった」

と終わらない悲しみを語り、

「子どもは家の宝。決して命を粗末にしないで」
と呼び掛けた。

自らの体験から
「人の悩みをじっと黙って聞き、信頼関係を築いてほしい」
とも助言した。

講演を聞いた2年生の男子は
「命の大切さを実感した」
と話した。



【写真】
娘の遺影を前に、命の大切さを訴える「一歩の会」代表の
古川 誠さん=鏡中学校

佐賀新聞 2010年02月13日(土)
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック