CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2009年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
自死者追悼法要:「いのち」考える集い 来月、東京で 参加者を募集 等(読売新聞、毎日新聞) [2009年11月16日(Mon)]
2009(平成21)年11月16日(月)
読売新聞
ホーム>地域>東京23区

大切な人の自死悼みたい
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/news/20091115-OYT8T00145.htm

港区で法要来月1日

家族や友人などを自死で失った人たちのための
追悼法要「いのちの日 いのちの時間 東京」
が12月1日、港区愛宕2、青松(せいしょう)寺本堂で開かれる。

毎年3万人を超す自殺者を1人でも減らそうと活動している
「自殺対策に取り組む僧侶の会」(藤沢克己代表)の主催。

大切な人を亡くし、悲しい思いをしている人たちに、
「慌ただしい日常から離れ、
 静かに『いのち』を見つめる時間を過ごしてほしい」

と呼びかけている。(野村昌玄)

同会は宗派を超えた首都圏の僧侶26人で作り、
2008年1月から手紙で悩み相談を受け付けて返事をつづる
「自死の問い・お坊さんとの往復書簡」
を続けている。

手紙のやり取りを通し、より良い道への手がかりをつかんで
もらうことを目指し、これまで延べ約1,360通が
寄せられている。

一方、大切な人を自死で失った人たちに集まってもらい、
故人を追悼する法要も07年から続け、今回で3回目となる。

悲しみに沈んだままの人、
「なぜ止められなかったのか」
と自分を責めている人、
世間の心ない言葉につらい思いをしている人などに、
共に静かな時を過ごしてもらうためで、
初回は数人だけだったが、昨年は約120人が出席した。

「もっと多くの人に知らせてほしい」
と要望が寄せられ、今回は200人に規模を広げる。

法要は午後6時から約1時間。
各宗派の僧侶が読経をし、あらかじめ記入してもらった
故人にあてたメッセージを奉納してお焚(た)きあげをする。

その後、お互いの気持ちを打ち明け、語り合う茶話会も開く。
終了は午後8時の予定。

同会代表の藤沢さん(港区・安楽寺住職)は、
「仏前で時間を共にした人同士が、
 お互いの気持ちを分かち合う場になればいいと思う」

と話している。

参加無料。
メッセージを書いてもらう用紙を郵送するため、
事前の申し込みを呼びかけている。

メール(bouz@mbe.nifty.com)、
ファクス(03・3798・2238)、
電話((電)080・3531・4079)

のいずれかで。

読売新聞 2009年11月16日(月)

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2009(平成21)年11月05日(木)
毎日新聞
トップ>ライフスタイル>新着記事

自死者追悼法要:「いのち」考える集い 来月、東京で 参加者を募集
http://mainichi.jp/life/today/news/20091105ddm013100152000c.html

首都圏の超宗派の僧侶でつくる「自殺対策に取り組む僧侶の会」
は12月1日午後6時、自死者追悼法要
「いのちの日 いのちの時間」を東京都港区の青松寺で営む。

家族、友人を自死で亡くした人に参加を募り
「いのち」を考える場とする。

法要終了後、希望者らが語り合う茶話会もある。
宗派は問わない。

事前に専用の写経用紙に故人へのメッセージを書き、
当日おたき上げする。
メッセージのおたき上げだけでも受け付ける。

無料。定員200人。
申し込みは同法要事務局
(電話 080・3531・4079)。 【中村美奈子】

毎日新聞 東京朝刊 2009年11月05日(木)
【番宣】清水康之さん@きたやまおさむのレクチャー&ミュージック(NHKラジオFM) [2009年11月16日(Mon)]
このたび、内閣府の参与(非常勤の国家公務員)となられた
NPO法人ライフリンク代表、清水康之さんが
NHKラジオFMに出演されるとのこと。

11/16(月)の午後11時から午前0時まで。
ぜひ聴いてみたいとおもう。



きたやまおさむのレクチャー&ミュージック

NHKラジオFM 毎週月曜日 午後11時から午前0時まで
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2009-11-16&ch=07&eid=39

講演会:西原理恵子さん、子育てや人生の悩み…毒とユーモア交え回答/栃木 等(毎日新聞、東京新聞) [2009年11月16日(Mon)]
2009(平成21)年11月16日(月)
毎日新聞
トップ>地域ニュース>栃木

講演会:西原理恵子さん、子育てや人生の悩み…毒とユーモア交え回答/栃木
http://mainichi.jp/area/tochigi/news/20091116ddlk09040039000c.html

毎日新聞に連載中の人気漫画「毎日かあさん」の作者、
西原理恵子さんによる講演会

「本日開店!サイバラ人生相談室
 〜泣いても、ころんでも、明日はかならずやってくる」
(毎日新聞宇都宮支局など後援)

が15日、宇都宮市野沢町のパルティとちぎ男女共同参画
センターであった。

西原さんは子育てや人生についての悩みに答えながら、
「貧しかった」
という自らの生い立ちやアルコール依存症だった
元夫を亡くした経験を語った。

毒とユーモアのある「サイバラ節」に、
会場は終始、笑いに包まれた。 【戸上文恵、中村 藍】

会場には県内外から約400人が詰め掛けた。
年代は10〜80代と幅広く、約8割が女性だった。

聞き手はフリーアナウンサーの臼井佳子さんで、
事前に寄せられた質問や会場からの相談に
西原さんが回答する形で進んだ。

西原さんは1男1女の母として、
仕事に育児に忙しい日々を送っている。

「優しい怒らない母さんになりたい」
という悩みには、

「子育ての志が高い。車にひかれなければそれでいいという
 程度まで落とすとすごく楽」

とアドバイスした。

両親が数万円の金をめぐって「殺す」とけんかする様子を見て
育ってきたという。

「お金がないと絶対にだめ。金がないと人は人でなくなるし、
 親も親でなくなる」
とサイバラ節は徐々にヒートアップし、

「夢や生きがいがない」
という訴えには

「生きがい言う前に生きること。
 親の老後とか、自分が病気になった時のことを
 心配しておけよ」

と一喝した。

西原さんの元夫で戦場カメラマンの
鴨志田穣さん(07年3月死去)はアルコール依存症だった。

「夫がギャンブルにはまっている」
という相談には、

「依存は病気なので、家族が面倒を見ると
 もっと悪くなってしまう。
 まずは専門の医者に行って、
 同じ病気を持つ家族と情報交換すること」

と力を込めて話した。

◆ファンに熱いエール

◇宇都宮市、主婦、飯野香織さん(26)
5カ月の男の子がいる。
1人目なので、肩に力が入っていたが、
そんなにガチガチにならなくていいんだなと思った。

西原さんはもっとちゃんとした人だと思っていたので、
(良い意味で)イメージが変わった。

◇宇都宮市、パート、東野むつ子さん(59)
子供に誘われて来たがとても良かった。
生の西原さんは初めてだったが、強い生き様を見たような
気がする。

生きるためにお金は必要なことなんだと、
普通ではなかなか言えない本音の話を聞くことができた。

◇那須塩原市、公務員、磯真さん(45)
西原さんのファン。本をたくさん読んでいたのでよく知っていた
が、いろんな修羅場をくぐり抜け、経験値のある人。

生身の西原さんから話を聞いて、生きていても大丈夫なんだと
エールをもらった。

◆西原さんと一問一答

◇ストレスためないで

−−子育てで怒ってばかり。

◆子供と家の中に2人きりでいないこと。
 怒るとイライラしてマンガ描けなくなっちゃう。
 しかる状況って絶対パターンがある。
 最初からそういう悪循環を絶つこと。
 かあちゃんが怒ってないことが一番大事だと思う。

−−息子がいじめられている。

◆学校に行かなくてもいいという選択肢を与える。
 子供にはストレスをためさせたくない。

 日本は自殺大国。年間3万人以上も自殺しているが、
 先進国でこれだけ死んでいる国はない。
 形の変わった戦争が始まっていると思う。
 戦場に行かせないことが母親の務め。

−−時々、心が折れそうになる。

◆毎日折れている。
 いまだに仕事がなくなったらどうしようと思う。
 徹夜してもマンガを描いてしまう。
 
 でも、働いていると結構出口が見える。
 毎日働くことは私にとって宗教のようなもの。
 心が折れそうな時も働くことだけはやめないで。

−−幸せに生きるための教育とは何か。

◆とにかくストレスためないこと。
 学校は人間関係を学ぶ所。嫌な人はいっぱいいる。
 それをどうかわすか。
 そういうことをゆっくり考えて大人になっていく。

 死ななければいい。
 欲をいえば、働き者になってほしい。
 それ以外は期待しない。

毎日新聞 地方版 2009年11月16日(月)

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2009(平成21)年11月16日(月)
東京新聞
トップ>栃木>11月16日の記事一覧

【栃木】
『人生楽しむには自立を』 宇都宮 漫画家西原さん人生相談
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20091116/CK2009111602000134.html



参加者からの質問に答える西原さん=宇都宮市で

漫画家・西原理恵子さんを回答者に招いた「人生相談室」が
15日、宇都宮市野沢町の「とちぎ男女共同参画センター」
であり、県内外から約400人が参加した。

西原さんは、アルコール依存症の元夫をがんで亡くしながら、
1男1女の母として仕事や育児に奮闘。
貧しい家庭環境で育った経験から、貧困のつらさも訴えた。

事前に多く寄せられた「子どもの育て方」についての質問には、
「日本は自殺大国。原因となるストレスをためさせないように
 するのが母親の務め」

と答えた。

来場者からの質問の「幸せになるための教育」については

「他人に頼ることではない。
 人生を楽しむには自立するしかない。
 特に貧困の連鎖を断ち切るには女性の自立が重要」

と話した。

(清水祐樹)

東京新聞 2009年11月16日(月)
米陸軍の自殺、過去最悪ペース 10月は16人、前月から倍増(日本経済新聞、CNN、しんぶん赤旗) [2009年11月16日(Mon)]
2009(平成21)年11月16日(月)
日経ネット(日本経済新聞)
トップ>国際

米陸軍の自殺、過去最悪ペース 10月は16人、前月から倍増
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20091116AT2M1400R15112009.html

【ワシントン支局】
米陸軍は自殺とみられる兵士の死亡者数が
10月は16人に上り、前月の7人に比べ倍増したと発表した。

1月から10月までの合計では133人となり、
年間の自殺者数がベトナム戦争以来最悪を記録した
昨年の同期間の115人を上回っている。

イラク、アフガニスタンでの対テロ戦の長期化に伴い、
兵士の「心のケア」は米軍の大きな課題となっており、
陸軍は3月に「自殺防止タスクフォース」を新設した。

先々週にはテキサス州の陸軍基地でアフガニスタンに派遣予定
だった精神科軍医が銃を乱射、13人が死亡する事件も起きた。

タスクフォースの担当者は、
兵士の間にカウンセリングを受けるのは恥だとの考えが根強い
と指摘。早期の相談を呼び掛けていくと述べた。

日本経済新聞 2009年11月16日(月)07時00分

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2009(平成21)年11月16日(月)
CNN.co.jp
ホーム>USA

イラクで士気高まり、アフガンでは低下と報告書 米軍兵士
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200911140024.html



米陸軍のシューメーカー軍医総監ワシントン(CNN)

米陸軍は14日、戦闘激化が伝えられるアフガニスタンで
米軍兵士の間の士気が低下し、武装衝突が減っている
イラクでは逆に高まっているとする報告書を発表した。

昨年12月から今年夏までに、
両国で実施した調査結果に基づいている。
この種の報告書は2年ごとに公表されている。

陸軍のシューメーカー軍医総監は、今回の報告書発表の会見で、
米軍兵士は両軍事作戦への複数回の従軍でストレスを高めている
との現状を指摘した。

3、4回の従軍歴を持つ兵士は、1、2回の兵士よりかなり低い
士気を感じていることが浮き彫りになったとしている。

アフガニスタン軍事作戦に携わる兵士では、
07年の同様調査と比べ精神的な問題を抱える人数はほぼ同じ
だったが、05年調査からは倍程度の水準に達しているという。

数字的には、
09年が21.4%、
07年が23.4%、
05年が10.4%だった。

イラク軍事作戦では調査は毎年実施され、
今年は13.3%を記録した。
07年の18.8%、06年22%からは低下基調にある。

オバマ米大統領は今年1月の就任後、
アフガン駐留米軍に約2万1,000人の増派を打ち出したが、
兵士増加にもかかわらず精神衛生面の処置に当たる専門家の
派遣数が少ないこともストレスが高まる背景要因の1つ
としている。

陸軍は、専門家不足に対応するため
今年末までに65人の追加派遣を決めたという。

アフガン駐留米軍の現有兵力は約6万5,000人。
同国での治安悪化を受け、オバマ大統領はさらなる増派を
検討している。

報告書作成のためアフガンでは兵士との面談も実施したが、
部隊全体の士気の調査では、07年、05年と比べ、
士気軒昂(けんこう)とされた部隊数が半分に低下していた
事実も明らかになった。

07年などではこの比率は約10%だったが、
今年は5.7%に後退していた。

また、米国に戻った兵士の間でも、精神的な問題を抱え、
離婚を決めたもしくは検討している比率が増えていることも
分かった。

自殺も増えており、今年10月時点では133人を記録、
昨年同時期の115人から増えた。
昨年全体では140人と過去最高記録となっている。

今回の報告書は、アフガンでは兵士1,500人が、
イラクでは2,400人が対象となり、匿名を条件に調査した。

米テキサス州のフォートフッド陸軍基地では
今月5日、軍医の陸軍少佐による銃乱射事件が発生、
13人が殺害される事件が起きた。

イスラム教徒でもあるこの少佐は近くアフガンへ
従軍予定だった。

CNN 2009年11月14日(土)19時26分 日本標準時

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2009(平成21)年11月15日(日)
しんぶん赤旗(日本共産党)
トップ>今日のニュース>2009年11月15日(日)

イラク・アフガン派遣兵 米陸軍発表 自殺者が急増
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-11-15/2009111505_02_1.html

【ワシントン=西村 央】
米陸軍は13日、イラク、アフガニスタンに派遣された
現役兵士のなかでの自殺数が今年10月までで133人を数え、
前年同時期の115人を大きく上回っていると発表しました。

イラク、アフガンの2つの戦争が長期化するなか、
軍では兵士の精神衛生面でのケアに力を入れ始めていますが、
自殺者は増加の一途です。

発表によると、10月の自殺者は16人で、前月の7人から急増。
軍内につくられた自殺防止対策チームの責任者も
自殺増について
「直面しているもっとも難しい課題の1つだ」
と表明しています。

予備役の自殺者もことしは10月までで69人を数え、
昨年の同時期の47人を上回りました。

米陸軍では、今月5日にテキサス州フォードフッド基地内での
銃乱射事件で13人の犠牲者を出しています。

今回の自殺増の発表で原因などにはふれていませんが、
これまでも2つの戦争長期化にともない、
兵士のなかで心的外傷後ストレス障害(PTSD)や、
薬物・アルコール中毒などが広がっていることが
指摘されていました。

しんぶん赤旗(日本共産党) 2009年11月15 日(日)
ワンストップ 試験的に実施へ(NHKオンライン) [2009年11月16日(Mon)]
2009(平成21)年11月16日(月)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>暮らし

ワンストップ 試験的に実施へ
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013814411000.html

ハローワークで仕事の紹介だけでなく、生活支援制度の相談も
受け付ける「ワンストップサービス」の試みについて、
厚生労働省は、大阪や神奈川など全国40か所余りで
今月30日に試験的に実施することになりました。



これは、16日に開かれた政府の雇用対策本部の作業部会で
報告されたものです。

「ワンストップサービス」は、失業者の支援を1か所で集約して
行うため、仕事の紹介だけでなく、本来は自治体などで
行っているさまざまな生活支援制度についても、
ハローワークで相談を受け付けようという新たな試みです。

これについて厚生労働省は、大阪や神奈川など、
少なくとも15の道府県にある43か所のハローワークで、
今月30日に試験的に実施することを明らかにしました。

東京都内など一部の地域については、
自治体との調整がつけば実施する方針です。

当日は、生活保護や住宅の家賃補助といった生活支援制度の
窓口のほか、心の悩み相談や多重債務者の相談窓口も
設けられることになっています。

ただ、生活保護の正式な申請については手続きに時間が
かかるため、後日、自治体の窓口で行うとしています。

雇用対策本部では、30日の実施結果を踏まえて
「ワンストップサービス」の本格的な実施を検討することに
しています。

NHKオンライン 2009年11月16日(月) 15時17分
豪首相 虐待被害者に公式謝罪(NHKオンライン) [2009年11月16日(Mon)]
2009(平成21)年11月16日(月)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>暮らし

豪首相 虐待被害者に公式謝罪
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013812661000.html

オーストラリアで、1970年代までの50年間にわたって、
親のいない子どもやイギリスから送られてきた子どもが
労働を強いられたり虐待を受けたりした過去について、
ラッド首相は16日、公式に謝罪しました。


オーストラリアでは1970年代までのおよそ50年間に
わたって、親がいなかったり、親が育てられないといった
事情のある子どもたちが施設に送られ、
農場で強制的に働かされたり、虐待を受けたりしました。

旧宗主国のイギリスから送られた子どもたちも含まれ、
被害者はおよそ50万人に上るとみられています。

ラッド首相は16日、議会で

「皆さんが味わった肉体的、精神的な苦しみ、
そして子ども時代に愛情や優しさを受けることが
できなかった悲劇に対し、申し訳なく思います」

と述べ、被害者に謝罪しました。

会場には、およそ1,000人の被害者や家族が出席し、
拍手をしたり時折涙ぐんだりしながら
謝罪のことばに耳を傾けていました。

この問題について、オーストラリアでは数年前から社会問題と
して浮上していましたが、保守派の前のハワード政権は

「過去の政策について今の政権が謝罪する必要はない」
としていました。

おととし発足した労働党のラッド政権は方針を転換し、
去年は先住民のアボリジニに対する政策について謝罪しています。

NHKオンライン 2009年11月16日(月) 14時43分
過労死の企業名公表求め提訴へ(MSN産経ニュース) [2009年11月16日(Mon)]
2009(平成21)年11月16日(月)
MSN産経ニュース
ニューストップ>事件>裁判

過労死の企業名公表求め提訴へ
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/091116/trl0911160203001-n1.htm

大阪労働局が過去に過労死認定した在阪大手企業名を
開示しなかったのは不当として、
過労自殺で夫を亡くした女性(60)が近く、
非開示処分の取り消しを求める行政訴訟を大阪地裁に起こす。

女性は
「企業名を公表して社会の監視下に置くことが再発防止になる。
 就職先を選ぶためにも必要な情報だと訴えたい」

と話している。

女性は平成8年、飲食店長だった夫=当時(49)=を
過労による自殺で亡くした。
過重なノルマを課せられ、直前の労働時間は月300時間以上。
女性は会社を相手に訴訟を起こし、会社側の謝罪を得た。

女性は大企業でも過労死が起きている実態を明らかにして
再発防止策を確実に実行させようと、
「大阪過労死問題連絡会」の弁護士らとともに今年3月、
大阪労働局に対し、社員1万人以上で過労死認定された
事業所名などの情報公開を請求。

しかし、4月に出された文書は個人情報などを理由に
企業名が黒塗りにされていたという。

弁護団は

「企業名の開示で個人の権利を害することはなく、
 労働者を過労死の危険から守るという利益の方が
 はるかに大きい」

と主張している。

MSN産経ニュース 2009年11月16日(月)02時02分
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック