CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2009年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
京都市民、悩み抱え込む傾向 市が初調査 「自殺考えた」3割(京都新聞) [2009年11月03日(Tue)]
2009(平成21)年11月03日(火・祝)
京都新聞
ホーム>最新ニュース一覧>2009年11月03日(火)

京都市民、悩み抱え込む傾向
市が初調査 「自殺考えた」3割
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009110300047&genre=A2&area=K00

自殺者が年300人を超す京都市が、自殺予防のため
初めて実施したアンケートで、

「同居家族が悩みを聞いてくれる」
という市民が半数にとどまり、
国の調査より低率なことが2日までに分かった。

相談相手がいない人は1割、自殺を考えた人は3割に上り、
いずれも国調査より多かった。

■「家族に相談」半数 国平均下回る

3月に3,000人を対象に実施。
1,300人から回答を得て、昨年2月に内閣府が行った
同様の調査と比較した。

「不満や悩みに耳を傾けてくれる人は」
との問いでは、同居家族が53%とトップだったが、
国調査の69%より16ポイント低かった。
逆に「いない」は10%に上り、国の6%より多かった。

「自殺したい」と思ったことがある人は27%に達し、
国の19%を大きく上回った。

病気の予兆とされる、よく眠れない日が2週間以上続いた時の
受診の有無を尋ねたところ、
「受診しない」が50%で、国の44%を上回った。

一方、ストレス解消法は
「テレビ・映画・ラジオ」の43%が1位だった。

国の調査では「人と話す」(49%)がトップだったが、
41%にとどまる。

昨年の自殺者は全国約3万人で、京都府内は546人だった。
うち京都市内は316人に上る。

市こころの健康増進センターは

「アンケートによれば、京都市民は国平均より悩みを
 相談できずにストレスを抱え、医療機関にも行かない
 という危険な傾向がみられる」

と分析。家族や職場、地域など周囲の理解が深まるよう、
広報を充実させるとしている。

相談は同センターTEL 075(314)0874 へ。

京都新聞 2009年11月03日(火・祝)
県、自殺防止に本腰(読売新聞/長野) [2009年11月03日(Tue)]
2009(平成21)年11月03日(火・祝)
読売新聞
ホーム>地域>長野

県、自殺防止に本腰
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nagano/news/20091102-OYT8T01152.htm

信大と連携今年度中に「対策計画」

県は今年度中に「自殺対策推進計画」(仮称)を策定する。
信州大医学部と連携して、自殺の傾向を分析した上で、
地域ごとの対策を練り、相談員の育成などにつなげるという。

県警によると、2008年の県内の自殺者数は、
前年を80人上回る598人。

06、07年と2年連続で減少していたが、再び増加に転じた。
1998年以来、11年連続で500人を超えており、
今年も昨年とほぼ同じペースで推移しているという。

昨年の自殺率(人口10万人あたりの自殺者数)は27.5で、
全国平均(25.3)をわずかに上回った。

自殺者の増加について、理由ははっきりしておらず、
県健康づくり支援課によると、

「失業率が上がれば、自殺率も上がるという指摘は
 あるが、社会・経済情勢との関連についての調査は
 行われてこなかった」

という。

このため、県は、信州大医学部に調査を委託。
県警の統計や、厚生労働省の「人口動態統計」のデータ
をもとに、過去20年間の自殺者の年代、職業などを分析し、
失業率など社会情勢を示すデータとの相関関係を調べてもらう。

その上で策定する計画では、
1年あたりの自殺者を480人以下にすることを目指す方針。

地域ごとの傾向を明確にした上で、地域にあった対策を検討し、
各地域で相談に応じられる人を育成する。

さらに、民間団体との連携や、職場や地域との
情報共有の可能性についても探るという。

県精神保健福祉センターは平日午前9時半から午後4時まで、
電話相談((電)0570・064556)を受け付けている。
2008年9月からの1年間に157件の電話相談が寄せられた。

読売新聞 2009年11月03日(火・祝)
教師の指導で自殺 考える集い(NHKオンライン) [2009年11月03日(Tue)]
2009(平成21)年11月03日(火・祝)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>科学・文化

教師の指導で自殺 考える集い
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013544401000.html

教師にしかられたことなどが原因で
子どもが自殺するケースについて、広く実情を知ってもらおう
という集いが3日、東京で開かれました。



この集いは自殺した子どもの遺族とその支援にあたっている
弁護士が開いたもので、およそ50人が参加しました。

集いでは埼玉県の井田紀子さんが高校生の息子がカンニングを
疑われて教師に指導を受けたあと自殺したという体験を語り、

「同じようなことが起こらないようにするためにも、
 こうした事実を広く知ってもらいたい」
と訴えました。

教師にしかられたことなどが原因で子どもが自殺したケースは、
文部科学省が各学校を通じて行っている調査では
平成8年以降1件も報告されていません。

しかし、遺族らの支援を続けているNPOには
こうしたケースについての相談が毎年のように寄せられ、
平成8年以降およそ20件に上っているということです。

主催者の1人で弁護士の杉浦ひとみさんは

「教師の指導による自殺は生徒どうしのいじめと違い、
 遺族が声を上げにくく、学校側も事実を隠そうとするケースが
 多いことなどからこれまでほとんど表面化していない。

 こうしたケースを知ってもらうことが
 再発防止の第一歩だと思う」

と話していました。

NHKオンライン 2009年11月03日(火・祝)23時28分
芸能人薬物事件の放送で要望(NHKオンライン) [2009年11月03日(Tue)]
2009(平成21)年11月03日(火・祝)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>暮らし

芸能人薬物事件の放送で要望
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013531501000.html

芸能人による相次ぐ薬物事件を伝える放送について、
BPO=放送倫理・番組向上機構は、
青少年に薬物への興味を持たせるような表現をしないことなどを
各放送局に要望しました。



BPOによりますと、ことしの夏に相次いだ芸能人による
薬物事件を伝える放送については、視聴者から
「薬物への興味を与えているだけだ」
などという苦情が500件以上寄せられたということです。

このため、BPOの委員会は、薬物問題の専門家の意見を聞いて
審議した結果を踏まえ、2日、各放送局に要望をしました。

この中では、
▽薬物が個人の健康や社会に与える深刻な被害の実態を
 正確に伝えることや、
▽薬物への興味を持たせるような表現がないよう配慮すること、

それに
▽密売組織の資金源になっていることなど、

多角的な報道をするよう求めています。

BPO青少年委員会の汐見稔幸委員長は記者会見で、

「特定の報道をめぐって視聴者からこれだけ多くの苦情が
 寄せられたのは異例で、薬物問題を報じる際の
 放送局の姿勢について議論すべきだと考えた」

と話しています。

NHKオンライン 2009年11月03日(火・祝)04時39分
貸金業の規制 妥当性を検討へ(NHKオンライン) [2009年11月03日(Tue)]
2009(平成21)年11月03日(火・祝)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>政治

貸金業の規制 妥当性を検討へ
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013540461000.html

金融庁は、貸金業者に対して来年6月までに、
借り手の年収の3分の1を超える貸し出しを原則として禁止する
など、規制を強化することにしていますが、
借り手にとっては利便性が損なわれる可能性もあることから
規制のあり方が妥当かどうか検討することになりました。



政府は、複数の金融業者から金を借りて返済が困難になっている
「多重債務者」の対策として、平成18年に貸金業法を改正し、
貸金業者に対し、

▽貸出金利の上限を20%に引き下げ
▽借り手の年収の3分の1を超える貸し出しを
 原則として禁止する、いわゆる「総量規制」

を来年6月までに導入することにしています。

しかし、この規制をめぐっては、法改正を審議した当初から

▽定められた金利では焦げ付くリスクに見合わないとして
 貸し出しを抑える業者が増えたり、
▽貸し出しを受けられない利用者に対して、
 金利や年収の上限を超えて貸そうとする不正な業者が
 増加したりするおそれがあり、借り手にとって
 利便性が損なわれる可能性もある

という指摘が出ていました。

このため、金融庁は、消費者庁、法務省などと今月中に
検討チームを設けて規制のあり方が妥当かどうか検討することに
なったもので、早ければ年内にも結論を出すことにしています。

NHKオンライン 2009年11月03日(火・祝)17時27分
特別対策班 638件を検挙(NHKオンライン) [2009年11月03日(Tue)]
2009(平成21)年11月02日(月)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>社会

特別対策班 638件を検挙
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013506871000.html



子どもや女性を犯罪から守るため全国の警察に設けられた
対策班が発足から半年間にわいせつ行為などの疑いで
検挙したケースは、638件に上りました。

警察庁は、特に性犯罪などの被害防止につながるとして
対策班の活動を強化していくことにしています。

「子ども女性安全対策班」は、性犯罪などを未然に防ごうと、
ことし4月全国の警察本部に設けられ、
およそ1,000人の警察官が専従で捜査にあたっています。

警察庁によりますと、発足から9月までの半年間で
対策班が検挙したケースは、全国で638件に上りました。

内訳は、
わいせつなことばをかけたり体を触ったりする行為が162件、
強制わいせつが106件、
携帯電話のカメラなどを使った盗撮が49件などとなっています。

対策班は声かけなど犯罪につながりかねないケースの発見にも
力を入れていて、不審な男が下校途中の小学生に声をかけたり、
女性を待ち伏せしたりしているのを見つけて
指導や警告を行ったケースも547件に上りました。

警察庁は、特に性犯罪などの被害防止につながるとして
対策班の活動を強化していくことにしています。

NHKオンライン 2009年11月02日(月)04時28分
出版:毎日新聞・和田記者、ルポを 薬物依存に切り込む 8日、イベントも/東京(毎日新聞) [2009年11月03日(Tue)]
2009(平成21)年11月03日(火・祝)
毎日新聞
トップ>地域ニュース>東京

出版:毎日新聞・和田記者、ルポを
薬物依存に切り込む 8日、イベントも/東京
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20091103ddlk13040274000c.html

酒井法子被告ら芸能界の薬物汚染報道で、
広く知られることになった薬物依存症。

この問題がなぜ、起こるのか。そしてどうやったら、
この病から立ち直ることができるのかということに切り込んだ
ルポルタージュ「やったら、やめられない 薬物依存をのり越えて」
(新水社刊、1,365円税込み)が発売された。

本書は実話をもとに仮名の男女を登場人物としてつづる
ルポルタージュだ。
子供時代に母から虐待を受けたヒロシは覚せい剤依存となり、
青年になってから自助グループでグループミーティングを
重ねていく。

再犯率が高い覚せい剤事犯者への刑務所の取り組みも紹介。
摂食障害で自殺を考えていたマユミが、どうやって回復したのか。
援助交際をしていたミカの立ち直りも描かれている。
精神科医らの回復へのアドバイスも掲載されている。

筆者は毎日新聞の和田明美記者。四六判、168ページ。

出版を記念し8日午後6時から、渋谷区の大向区民会館
(渋谷駅から徒歩10分)でトークイベント
「傷ついた私が生まれ変わるとき〜『語ること』と『ローフード』」
を開催する。

和田記者と、翻訳本「ローフード・フォー・ビジー・ピープル」
を出版した非加熱菜食啓発家の石塚ともさんが
「語ること」と「ローフード」の共通点である
「新陳代謝の促進」によって、心と体のケアができることに
ついて対談する。筆者らとの交流の場もある。

ローフード付き2,500円、ローフードなし2,000円。
予約制。

名前、人数、連絡先、「ローフードあり・なし」を明記して
メール(yunegoro@gmail.com)で申し込む。

ファクスでの申し込みは、根来さんあてと明記して
03・3205・2959へ。

問い合わせは根来さん(電話080・6513・2841)へ。
定員80人。 〔都内版〕

毎日新聞 地方版 2009年11月03日(火・祝)
秋の叙勲、県関係は78人(中日新聞/岐阜) [2009年11月03日(Tue)]
2009(平成21)年11月03日(火・祝)
中日新聞
トップ>岐阜>11月03日の記事一覧

【岐阜】
秋の叙勲、県関係は78人
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20091103/CK2009110302000037.html

3日付で発令された秋の叙勲で、
県関係では旭日章20人、瑞宝章58人の計78人が受章した。
このうち4人を紹介する。

◆「命の大切さ」訴えた 旭日双光章・加藤智子さん(71)



加藤 智子さん

1996年から12年間、県教育委員を務め、うち3年間は
委員長。受章の報せに
「光栄なことですが、重い責任を感じます」。

窯業、不動産などの事業を抱える会社社長の傍ら、
委員として「命の大切さ」を訴えてきた。

委員長時代、中津川市の女子中学生殺害事件、
瑞浪市の女子中学生いじめ自殺に遭遇。

「東濃は地元であり、特に心が痛みました」。
保身を捨て、誠意を持った対応を現場に求めた。

「委員として最善を尽くしてきた。
 お役に立てたか分からないが、いい勉強をさせてもらった」
と振り返る。

「家庭、学校、地域が連携して取り組むのが教育」
が持論。今後も地域の教育問題に尽くす覚悟だ。多治見市本町。

(志村彰太)

◆預かる人の増加期待 旭日双光章・平尾 安幸さん(77)



平尾 安幸さん

「私にはすぎた勲章です」
と穏やかな表情で喜びを語る。

しかし里親を必要とする子どもは依然多く、
「どの施設も満員なだけに、もっと里親が増えてほしい」
と力を込めた。

「家庭に恵まれない子どもたちのために」
と、1975年に里親登録。
「戦時中、私も学童疎開をするなどつらい思いをした」
との思いからだった。

以来、自宅で子どもたちを預かるようになり、県里親連合会では
理事、副会長に続き、99年から9年間、会長を務めた。
2000年に知事表彰、07年に厚生労働大臣表彰を受けている。

「預かった子どもたちを主に世話したのは妻。
 この勲章は妻のもの」
と敬子さん(70)とともに笑顔を見せた。恵那市長島町。
(保母哲)

◆少年の自立やりがい 瑞宝双光章・酒井 克郎さん(70)



酒井 克郎さん

「29年も続くなんて夢にも思わなかった」。
自営業の傍ら、40歳から務めた保護司の仕事を振り返る。

保護司だった父親の死後、後を継いだ。
「父の仕事ぶりを見ていたのでなじみはあったが、
 商売しながらできるか心配だった」。

保護観察対象者1人当たり月3回の面接、
出所前の環境調整など、忙しい日々が続いた。

面接に来ない人の家には朝晩通った。
いきなり相手方から連絡があり、深夜に面接することも多い。
それでも
「最後にニコッと笑って『ありがとうございました』
 とお礼に来てくれる時は本当にうれしい」
と笑顔を見せる。

最近は対象者の8割が青少年。
「少年が更生して巣立ってくれるのがやりがい」
と話す。岐阜市長良志段見。

(久保田麻里衣)

◆データ提供し30年余 瑞宝単光章・古川 浩三さん(75)



古川 浩三さん

自宅を訪れた建設省(現国土交通省)の職員から
「井戸はありませんか」
と聞かれたのが40年前。

それから30年半余り、母屋北側の深さ8メートルの井戸で
水位を観測し、データを提供し続けた。

観測は毎日、午前6時と午後6時。機械が導入されるまでは、
巻き尺に板を付けて測った。

「朝起きて顔を洗うようなもの。
 たいしたことはしていませんよ」
と謙遜(けんそん)する。

妻ひなさん(72)が
「とても根気強い人」
と評するように、日記は結婚してから今まで欠かさず続けている。

積み重ねの大切さは、地域活動に励んだ父の背中に学んだ。
「受章は井戸とご先祖さま、そして地域の皆さんのおかげ」。
感謝の言葉を繰り返した。海津市南濃町山崎。

(松瀬晴行)

中日新聞 2009年11月03日(火・祝)
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック