CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2009年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
光トポグラフィー検査を先進医療に承認(医療介護CBニュース) [2009年03月10日(Tue)]
2009(平成21)03月10日(火)
医療介護CBニュース(キャリアブレイン)
トップ>ニュース>政府(厚労省他)

光トポグラフィー検査を先進医療に承認
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/20994.html;jsessionid=D4198888B6B64E2EE1453F84407CE81F

厚生労働省の「先進医療専門家会議」(座長=猿田享男・慶大
名誉教授)は 3月10日、今年1月に届け出があった
「光トポグラフィー検査による脳機能評価に基づくうつ状態の
鑑別診断」

を、薬事承認済みの医薬品や医療機器を用いる「第2項先進医療」
として承認した。適応症はうつ病や躁うつ病などの気分障害や、
統合失調症が強く疑われる患者(器質性疾患によるうつ状態の場合
を除く)で、同会議では、保険適用済みの従来の技術を用いるより
も「やや有効」と評価した。厚労省は4月1日に告示する。

1月には計3件の届け出があったが、残り2件は書類に不備が
あったとして返戻扱いにした。

光トポグラフィー検査では、うつ状態の患者に「光トポグラフィー
装置」を装着させた状態で、指定する頭文字から始まる言葉を
できるだけ多く挙げるよう求める「言語流暢性課題」を60秒間
実施する。

患者が課題を行っている間に光トポグラフィー装置が前頭葉や
側頭葉の活動状態の変化を測定し、リアルタイムに画像化。
データ解析した活性化様式が、うつ病や躁うつ病、統合失調症の
いずれに合致するかを判別する。
準備など検査前後の時間を含めた所要時間は10−15分程度と
いう。

うつ病や躁うつ病、統合失調症はいずれも、初期段階にうつ状態を
呈することが多いため、正確な鑑別診断が困難なケースがしばしば
あるが、事前評価を担当した樋口輝彦委員(国立精神・神経
センター総長)は、光トポグラフィー検査により初期段階でこれら
の疾病を正確に診断できれば、早期の症状改善も期待できるとの
認識を示した。

ただ、
「これのみでの診断は困難」
とも述べ、この検査があくまでも臨床診断の正確性を高める補助的
な役割を果たすものだと強調した。

検査を実施する医療機関の要件としては、精神保健指定医と
神経内科または脳神経外科の常勤医1人以上のほか、臨床検査技師
の配置がある。また、倫理委員会を設置し、届け出後に初めて
検査を実施する際に、必ず事前に開催するよう求めている。

届け出医療機関で、典型的な症例に掛かった患者負担は
1万3,000円。

【訂正】
3月10日に配信した時点で、
「届け出医療機関で、典型的な症例に掛かった患者負担は
12万4,000円」という記載がありましたが、患者負担の金額
は、正しくは「1万3,000円」でした。

そのため該当部分をいったん削除し、その後訂正させていただき
ました。お詫び致します。

更新:2009/03/10 17:19 キャリアブレイン
【番宣】3/11(水)午後 6時10分から(NHK宮崎放送局) [2009年03月10日(Tue)]
先日、NHK宮崎放送局のみなさまが、
NPO法人宮崎自殺防止センターを取材してくださいました。

3/11(水)の午後6時10分からの
ローカルニュース『ニュースWAVE宮崎』で放映予定とのこと。
おそらく「記者リポート」のコーナーでしょうか。

ぜひとも多くの方にごらんいただければ幸いです。



先日行われた「自殺防止対策推進協力員」養成講座
及び夜間電話相談の取り組みなどが放映されるのでは
ないかと思います。

※ 番組編成の都合により変更される場合があります。
  あらかじめご了承ください。

以下、引用

*******

NHK宮崎放送局
トップページ>番組情報>ニュースWAVE宮崎

ニュースWAVE宮崎
http://www.nhk.or.jp/miyazaki/program/newswave/index.html#yotei

【総合テレビ】
平日 午後6:10〜7:00

「速く、わかりやすく、正確に」を基本に、ニュースを通じて
宮崎の活性化を応援する総合的なニュース情報番組です。
宮崎県が抱えるさまざまな課題やその背景を記者リポートで
わかりやすくお伝えするコーナーや、暮らしに役立つ情報や話題
を現場から紹介するコーナーで、「宮崎の今とこれから」を
詳しくお伝えします。



出演者紹介
アナウンサー : 荒井 匡
アナウンサー : 伊藤 航
キャスター  : 見原 理恵
キャスター  : 有川 綾子

放送予定3月9日(月)
★ニュース
★アーカイブス

3月10日(火)
★ニュース
★気象台に聞く「桜の開花予想」

3月11日(水)
★ニュース
★記者リポート
★霧島便り

3月12日(木)
★ニュース
★一味違う!水田で作るごぼうの魅力
★ひむかの職人

3月13日(金)
★ニュース
★週末情報

*******

以上、引用終わり
香山リカのココロの万華鏡:チェンジ…去る患者追わず/東京 [2009年03月10日(Tue)]
2009(平成21)年03月10日(火)
トップ>ライフスタイル>健康>香山リカのココロの万華鏡

香山リカのココロの万華鏡:チェンジ…去る患者追わず/東京
http://mainichi.jp/life/health/kokoro/archive/news/2009/20090310ddlk13070337000c.html

私が勤務する診療所があるビルに、がんのセカンドオピニオンを
専門とする相談機関が引っ越してきた。
これまでの検査データなどを持参してやって来る患者さんたち
に、どういうアドバイスをするのだろう。
そのうちぜひ、勉強に行かせてもらいたい。

自分が受けている、あるいは受けようとしている治療について、
別の医療機関で意見をきくセカンドオピニオン。
今ではがん医療の現場では、かなり一般的に行われるように
なってきたようだ。

精神科の診察室にも、ときどき
「セカンドオピニオンを聞かせてもらえますか」
という患者さんが来る。

あるいは逆に、
「別の病院の先生にも診てもらっていいですか」
と言われることもある。

どちらの場合も
「いいですよ」
と答えるのだが、レントゲンや手術所見、血液検査などの
客観的データがそろっている外科などとは違って、
精神科のセカンドオピニオンはかなりむずかしい。

まず、一度の診察だけでは、診断や病状がはっきりわからない
場合も多い。

「今の病院でこういう薬が出ているのですが、
本当に私に合っているでしょうか」

ときかれても、ほとんどの場合、すぐには答えられない。
「えーと、薬としてはよく使われるものですし、
量もごく標準的ですね」
などとあいまいな答え方をして、せっかく意見を聞きたいと
やって来た人をがっかりさせることも少なくない。

では、なぜセカンドオピニオンの求めに応じるのか。
私の場合、それは
「こんな先生よりは今の先生のほうがずっといい」
と気づいてもらうため、と言ってもよい。

「私の先生、こうしなさいと、はっきりアドバイスして
くれないんですよね」
「まあ、精神科の診察はそんなものですよ。
私など、ほとんど患者さん任せですね」。

そう言うとだいたいの人は「えっ」という顔をして、
「いや、私の先生はまったく無責任というわけじゃないんです」
と主治医を弁護し始める。

そういう場合は、そのままお世話になっていたほうがよい。

中にはまれに、
「これから先生のところに通っていいですか」
と医者のチェンジを希望する人もいる。

そういう場合も一応は受けるが、
「でも違うとわかったら、元の先生に戻ったほうがいいですよ」
と言っておくと、たいていは途中で
「やっぱり戻ります」
となる。

そういえば、私から他の医者に移って、
再び戻ってきた患者さんはまずいない。

去る者は追わず、来る者は拒む。
あまりカッコイイ方針とは言えない気がしてきた。

毎日新聞 2009年03月10日 地方版
自殺防止 都が特別相談週間(NHK) [2009年03月10日(Tue)]
2009(平成21)年03月10日(火)
NHKオンライン
トップ>ニュース・報道>暮らし

自殺防止 都が特別相談週間
http://www3.nhk.or.jp/news/k10014650551000.html



景気の急激な悪化で自殺する人が増えるおそれががあると
指摘されるなか、東京都などはこの1週間を自殺の防止に
取り組むための特別相談週間にして集中的に電話相談を
行っています。

電話番号は全国共通で「0120−738ー556」です。

特別相談週間は、東京都が自殺の防止に取り組む関係機関と
連携して相談を受け付けるもので、10日は社会福祉法人
「いのちの電話」による電話相談が行われます。

10日午前8時から11日午前8時までの24時間、
通話料無料で全国からの相談を受け付けます。

「いのちの電話」によりますと、最近は、リストラや収入の減少
などに悩む30代や40代の男性からの相談が増えているという
ことです。
電話番号は全国共通で「0120−738ー556」です。

また、東京都では、11日以降も自殺を防ぐための電話相談を
集中的に行うことにしていて、週末には48時間続けて電話相談
を受け付ける予定です。

この電話相談は、14日の午前6時から16日の午前6時までで、
電話番号は03−5286ー9090です。

東京都福祉保健局の高岸聡子副参事は

「3月は就職や転勤など生活環境が大きく変わるうえ、不況も
重なり自殺する人が増えることが心配される。
誰にも相談できずに孤立している人たちにまず電話をして
もらいたい」

と話していました。

2009年03月10日 05時56分
選挙:知事選 市民団体も公開討論会−−23、24日に3カ所で/秋田(毎日新聞) [2009年03月10日(Tue)]
2009(平成21)年03月10日(火)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>秋田

選挙:知事選 市民団体も公開討論会
−−23、24日に3カ所で/秋田
http://mainichi.jp/area/akita/news/20090310ddlk05010018000c.html

◇「考える会」企画“政策や人柄知りたい”
出馬表明3氏、参加予定

子育て支援や自殺予防などに取り組む県内全域の100団体が
参加する市民組織の秋田の「なして?」を考える会は
23、24の2日間、横手、能代、秋田市で知事選立候補予定者
による公開討論会を開催すると発表した。
出馬表明をしている3氏が参加の予定。

3氏はいずれも県内の市町長経験者だが、同会によると、
メンバーから遠方の立候補予定者について政策や人柄が
よく分からないとの声が相次いだため開催を決めた。

当日は県政の重要課題上位3つを挙げるなど3カ所共通の質問に
加え、地域独自の問題も尋ねる。
さらに3氏が意見を述べたり、参加者との質疑応答の時間も
用意する予定だ。

日程は、23日午後4時半から、横手市ふれあいセンターかまくら
館▽24日午後1時、能代市広域交流センター▽同日午後4時から、
秋田市の県生涯学習センター分館ジョイナス(各1時間半程度)。
原則無料だが、一部有料の可能性もある。

同会の加賀谷七重代表は
「名前の連呼や握手だけではなく、政策の比較や候補者との
質疑応答を通じて投票し、政治への関心を高めてもらいたい」
と話している。

今回の知事選では日本青年会議所東北地区秋田ブロック協議会も
17日に秋田市で公開討論会を実施する。【馬場直子】

毎日新聞 2009年03月10日 地方版
自殺防止へ 官民タッグ 相談窓口 『3月危機』へ備え(東京新聞) [2009年03月10日(Tue)]
2009(平成21)年03月10日(火)
東京新聞 夕刊

トップ>社会>紙面から一覧

【社会】
自殺防止へ 官民タッグ 相談窓口 『3月危機』へ備え
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009031002000214.html



鳴りやまぬ電話を受ける東京自殺防止センターの相談員
=9日、東京都新宿区で

世界同時不況による雇用情勢の悪化で、年度末に向けて
「派遣切り」や解雇などの激増が予想されている。

「不安感から自殺者も急増する可能性が高い」
と自殺防止に取り組む民間団体や自治体の関係者は危機感を強め、
緊急相談窓口を設けるなど連携して対応する。

全国の自殺者数が急増したのは、山一証券や北海道拓殖銀行などが
相次ぎ経営破綻(はたん)した1997年度決算期の98年3月。
それ以降、年間の自殺者数は3万人を超え続けている。

自殺防止に取り組む特定非営利活動法人(NPO法人)ライフリン
クの清水康之代表は、
「経済危機の最中の決算期に当たる今月は、当時と同じような
状況にある」

と警鐘を鳴らす。

「自殺の要因は、うつ病や生活苦など複合的に連鎖している。
それなのに相談窓口や専門家同士のつながりがない」

として相談機関同士の連携の重要性も訴える。

東京都もこうした点に注目。今月6日、「東京自殺防止センター」
や「いのちの電話」などの民間団体や保健所、多重債務や労働、
法律などの相談に乗る56団体・機関で構成するネットワークの
会合を開いた。

そこでは、「3月危機」に備えた情報交換と連携を確認し合った。

東京自殺防止センターには、昨年末以降、リストラや職探しの
悩みを背景にした相談が増えている。

「昨年秋から仕事を探しているけれど、駄目なんだ」
などと、苦しい胸の内を訴える人が多いという。

同センターは、13日から16日まで58時間連続の特別体制で
相談に応じる。

加藤勇三所長は
「心の悩みを聞くだけでなく、相手の状況に応じて労働相談情報
センターや消費生活総合センターなどの専門機関につなぐことが
できれば」

と話している。

■自殺や労働問題などに関する相談窓口■

【東京自殺防止センター】
電話相談 年中無休 午後8時−翌午前6時
電=03(5286)9090。

13日午後8時−16日午前6時は
58時間連続の特別相談も実施。

【東京いのちの電話】
電話相談 年中無休 24時間相談
電=03(3264)4343 

【東京都労働相談情報センター】
臨床心理士や産業カウンセラーによる仕事が原因の心の健康相談
(面談・予約制)
第1−第4火曜、第2・第4水曜の 午後2時−午後5時
電=03(5211)2346
千代田区飯田橋3の10の3東京しごとセンター9階。

【全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会】
借金を背景にした自殺防止専用相談電話
電=03(3255)2400(24時間対応)

【東京都消費生活総合センター】
多重債務などに関する電話・来所相談 平日午前9時−午後4時
電=03(3235)1155
新宿区神楽河岸1の1セントラルプラザ内

【ライフリンクDB】
悩みに応じた各種相談先を検索できるデータベース
http://www.lifelink-db.org/


2009年03月10日 東京新聞 夕刊
自殺の原因 不眠見逃すな 経済悪化で県呼びかけ 等(読売新聞、毎日新聞) [2009年03月10日(Tue)]
静岡県のみなさまが行っている自死(自殺)対策の取り組みは、
まさに秀逸であり、すばらしい。
宮崎でもぜひ良いところをマネさせていただき、結果を出したい。



先日の内閣府の統計によれば、宮崎県の20歳から69歳までの
男性のメタボ率は、全国でも第3位となっていて驚いた。
「歩かなくても済む」クルマ社会は、実は、じわじわとおそろしい。

睡眠対策の問題は、メンタルヘルス対策やメタボ対策とも
重なり合うところが大きい。大いに力を入れて損はないと思う。

以下、引用

*****

2009(平成21)年03月10日(火)
読売新聞
ホーム>地域>静岡

自殺の原因 不眠見逃すな
経済悪化で県呼びかけ
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20090309-OYT8T01071.htm

経済情勢の急激な悪化で働き盛り世代の自殺が増える恐れがある
として、県は予防のための「睡眠キャンペーン」を展開する。
新聞、テレビCMなどを通じ、自殺の前兆となる不眠を見逃さない
よう呼びかける。

国内の自殺者は年間3万人を超え、県内でも2007年の自殺者
は804人に上った。ここ10年は年間700〜800人台で
推移し、交通死者の3〜4倍に上る。

自殺の原因の半数を占めるとされるうつ病では、寝付きが悪い、
朝早く目が覚めるなどの症状が2週間以上続く不眠がほとんどに
見られる。

県はこの不眠に注目し、昨年2、3月、不眠への注意を呼びかける
広報CMをテレビ、ラジオで放送した。

06年度から、富士市をモデル地区に指定し、うつ病を早期発見
する事業を全国に先駆けて展開している。

県は不眠やうつ病への関心を高めようと、昨年放送したCMを
10日から3月24日まで再放送するほか、新聞や地域FMで
広報し、市町の窓口やハローワークなどで小冊子を配布する。

県医師会に協力を求め、かかりつけ医から精神科医への治療に
つなげる紹介体制作りも目指す。

新年度から、自殺予防対策の窓口となり、情報の収集や発信を
行う
「県自殺予防情報センター」

を県精神保健福祉センター(静岡市駿河区有明町)に開設し、
非常勤の自殺対策調整員を1人配置する。

こうした自殺対策費として新年度予算案に約1,800万円を
計上した。

県精神保健福祉室では
「眠れているかどうかは家族や職場などでも分かりやすい。
まず不眠に気づいてもらうことが重要」

としている。

(2009年03月10日 読売新聞)



2009(平成21)年03月10日(火)
毎日新聞 地方版

トップ>地域ニュース>静岡

県:うつ病の睡眠障害でキャンペーン
自殺予防の緊急対策−−きょうから/静岡
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090310ddlk22100197000c.html

◇「98年3月ショック」再来を懸念

不況の影響で、年度末に自殺者が増える懸念があるため、
県は10日から、自殺者に多いうつ病の症状である睡眠不足に着目
した「睡眠キャンペーン」など、自殺予防の緊急対策を実施する。

県精神保健福祉室によると、専門家の間では、97年秋に金融機関
の破綻(はたん)が相次ぎ、翌年3月に自殺者が急増した
「98年3月ショック」と現状が似ているとされる。

内閣府も今年1月、各都道府県に年度末に向け対策を実施するよう
要望。県は
「98年3月ショックを繰り返すな」
と対策の実施を決めた。

県はこれまでに、自殺者に多いうつ病で、睡眠障害が起きることに
着目。06年度から、

「2週間以上続く不眠はうつのサイン」

とポスターなどで訴える「睡眠キャンペーン」を富士市で先行
実施。昨年2〜3月には、父親の不眠を心配する娘と父親の
やり取りを映像化したテレビCMも作り、放送した。

富士市の年間自殺者数は、05年は67人だったが、キャンペーン
開始後の06年は51人、07人は49人と年々減少。

特に働き盛り(40〜50代)の男性の自殺者数は、
05年は28人だったが、
06、07年はともに14人と半減した。

同室は
「キャンペーンがうつ病の早期発見につながった」
と一定の効果を認めている。

今回の緊急対策では、テレビCMを10日から24日まで再放送
するほか、新聞、FMで広報するなど、全県的にキャンペーンを
行う。

また、医師会や精神科医療機関との連携も強め、自殺予防の体制
を敷く。【浜中慎哉】

毎日新聞 2009年03月10日 地方版

*******

以上、引用終わり
派遣村:「鹿児島にも」 NPO法人や連合鹿児島、開設目指し実行委/鹿児島(毎日新聞) [2009年03月10日(Tue)]
2009(平成21)年03月10日(火)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>鹿児島

派遣村:「鹿児島にも」
NPO法人や連合鹿児島、開設目指し実行委/鹿児島
http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20090310ddlk46040649000c.html

NPO法人「かごしまホームレス生活者支えあう会」や
連合鹿児島などが9日、「鹿児島派遣村」開設を目指し、
鹿児島市で実行委員会(委員長、堀之内洋一・支えあう会
理事長)を設立した。

「開村」予定は28日で、市内のアパートをシェルター
(一時宿泊施設)とし、住居の確保から、就労までを支援する。

「自殺や心中に追い込まれる前に、まず相談を」
と呼びかけている。

実行委によると、28日から鹿児島市内の公園、駅、河川敷や
ネットカフェなどを巡回。路上生活者やネットカフェ生活者など、
緊急の支援を要する人たちに「派遣村」への参加を呼びかける。

シェルターを設けて、食事の提供を行いながら、生活保護申請や
市営住宅などへの入居、就労支援する。

鹿児島労働局によると、県内では派遣など非正規労働者への
雇い止めは、3月末までに1,476人に上る。

また、「支えあう会」が行う週3回の炊き出しへの新規参加者は
毎月増加。08年9月の5人から09年2月には13人に増えた。

昨秋からの傾向として、堀之内委員長は、
「20〜30代の若年層が急に増えてきた。
だが、『氷山の一角』だろう」

と、指摘する。【大塚 仁】

毎日新聞 2009年03月10日 地方版
心の健康診断表など掲示 えびので自殺予防啓発パネル展(宮崎日日新聞) [2009年03月10日(Tue)]
2009(平成21)年03月10日(火)
宮崎日日新聞
トップ>県内のニュース

心の健康診断表など掲示
えびので自殺予防啓発パネル展
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=15573

西諸地域自殺予防週間初日の10日、えびの市役所ロビーで
啓発パネル展が始まった。19日まで。

自殺につながりかねないうつ病の症状や対処、予防方法などの
説明や心の健康診断表を掲示。

また2006年まで9年間の西諸地域の自治体ごとの自殺率グラフ
もあり、えびの市が高い水準で推移していることを示している。



【写真】えびの市役所ロビーで始まった自殺予防啓発パネル展

2009年03月10日
韓国社会 春の自殺「異常急増」 20代が危険(Innnolife.net) [2009年03月10日(Tue)]
はたして、韓国の若者が本当に「ストレスに弱い」かどうかは
ともかく、月ごとの統計分析にはたいへん興味深いものがある。

わが国も今年1月から、警察庁より自死(自殺)者数が
毎月速報されるようになった。これは大きな意味がある。
自死対策がよりタイムリーかつ実効的なものになるはずだ。

以下、引用

*******

2009(平成21)年03月10日(火)
Innnolife.net
トップ>ニュース>韓国ニュース>社会

韓国社会
春の自殺「異常急増」 20代が危険
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=2&ai_id=96068

7日、タレントのチャン・ジャヨンさんが鬱病の症状で自殺し、
若者の「春の自殺」が再び世間の憂慮となっている。

統計上、春に自殺率が高く、新しい人間関係など、生活に変化が
多い季節のため、ストレスに弱い若者の自殺が高くなるというのが
専門家の分析だ。

経済難で青年の失業の増加も若者を極限状況に追いたてている。

2005年2月に736件だった自殺者数が、3月には1,309
件と573件も増加した。

2006年2月に816件だったが、3月には1,006件と
190件増加した。

2007年の場合は2月から自殺者が増え、1月には806人
だったが、2月に1,189人、3月に1,141人だった。

2009/03/10(Tue) 08:17 Innnolife.net 

*******

以上、引用終わり
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック