CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2009年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
車のハンドル 命握ること(朝日新聞/宮崎) [2009年03月01日(Sun)]
2009(平成21)年03月01日(日)
朝日新聞
asahi.com>マイタウン>宮崎

車のハンドル 命握ること
http://mytown.asahi.com/miyazaki/news.php?k_id=46000000903010002



命の尊さや交通安全への理解を深めてもらおうと、交通事故で
息子を亡くした国富町の笹森義幸さん(46)が27日、
宮崎市吉村町の檍(あおき)中学校で講演した=写真。

「車は包丁や拳銃と同じ、人をあやめる道具にもなる。
ハンドルを握るのは、人の命を握るということ」。

遺族の訴えに約700人の生徒らが聴き入った。(松井望美)

笹森さんが、交通事故で長男の郁也(ふみ・や)君(当時13)
を失ったのは02年12月。部活帰りに友人と自転車を押して
歩いていて、カーブを曲がり切れずに前から来た軽トラックに
はねられた。

幼い頃からプロ野球選手になる夢を持ち、努力していた郁也君。

「突然命を奪われ、無念だったと思う」

と話す笹森さんは、

「生きるのをやめようかと思ったこともあった」

と当時の心境を振り返った。

6年ほど経た今でも、日に何度も息子のことを思い浮かべると
いう。

「正直、話すのはきつい。でも、遺族の思いを伝えるのは
郁也からもらった仕事だと思うから」

と、時折声を詰まらせた。いじめなどが原因で自殺する若者が
相次いでいることにも触れ、

「生きたくても生きられない人もいる。
命の重みを考え、後悔のない人生を送ってほしい」。

現在、宮崎犯罪被害者支援センターの理事を務める笹森さんは、
事故後、事故現場の県道沿いの杉林3千平方メートルを購入。
公園をつくり、「ふみやの森」と名付けて、供養碑を建てた。

野球好きだった郁也君をしのび、「夢」と書かれた白球が飾られた
供養碑には、ドライバーに安全運転を呼びかけるメッセージが
刻まれている。

そばに置かれたノートは、公園を訪れた人たちが交通安全を誓う
書き込みであふれている。

最前列で笹森さんの話に耳を傾けていた1年生、
落合祥太郎君(13)は

「命を大切にしていきたいと思った」

と話した。

2009年03月01日
「自殺の名所」巡回・監視強化 不況で増加懸念(朝日新聞) [2009年03月01日(Sun)]
2009(平成21)年03月01日(日)
朝日新聞
asahi.com>ニュース>社会>その他・話題

「自殺の名所」巡回・監視強化 不況で増加懸念
http://www.asahi.com/national/update/0228/OSK200902280056.html



自殺が多発する三段壁。夕闇が迫るなか、町職員や警察官らが
巡回パトロールをしていた=和歌山県白浜町、高島写す

景気悪化で自殺者の増加が懸念されるなか、自殺が多発する
各地の景勝地や観光地が警戒を強めている。
地元自治体や警察などが連携し、自殺を未然に防ぐための巡回
パトロールを始めたり、監視カメラの導入を急いだりしている。

高さ50メートルの絶壁から太平洋を一望できる和歌山県白浜町の
三段壁(さんだんべき)。そそり立つ岩肌に波の砕ける音が響く。
18日、役場職員や白浜署員ら9人が巡回パトロールをした。
手分けして岩場を歩き、全長2キロのがけに目をこらす。

日没前、中年女性が独りで歩いてきた。現場に緊張が走る。
「お1人ですか」。

すかさず声をかけて趣旨を説明する。
「私は大丈夫です」
と元気な声が返ってきた。

「あの笑顔ならば大丈夫」。
白浜署の矢野勝正・生活安全刑事課長は胸をなで下ろした。

三段壁は南紀白浜を代表する景勝地。「自殺の名所」としても
知られる。
署によると、三段壁での自殺者は06年5人、07年9人、
08年21人と急増。

警察に保護された人も06年20人、07年29人、
08年32人と増えている。

自殺者の急増を受けて、町は今月4日、警察や県などと連携し、
現場周辺で週2回の巡回パトロールを始めた。自殺防止に向けた
初めての取り組みで、1カ月間試行してより効果的な回り方を
探る。

立谷誠一町長は
「雇用悪化で自殺者の増加が予想され、一刻の猶予もない。
町民からボランティアを募り、続けて活動できるパトロール隊を
早急に結成したい」

と話す。

富士山の北西に位置し、毎年80体ほどの遺体が見つかる山梨県
の青木ケ原樹海。地元の富士河口湖町は、周辺の駐車場や売店の
協力を得て、監視カメラ設置を急いでいる。

樹海で自殺した男性の遺族から
「自殺予防に役立てて」
と寄付された約500万円を活用し、昨夏まず2台を設置。

「監視カメラ作動中」と書かれた看板も併設し、自殺を思いとど
まらせる効果を狙う。残り4台も届き次第、すぐに設置工事に
取りかかる。

町は08年6月、周辺自治体や地元警察などとともに
「いのちをつなぐ青木ケ原ネットワーク会議」
を発足。11月には、自殺を考える人への
「声かけボランティア」の養成講座を開いた。

タクシー運転手や駅員ら約100人が参加。
受講者からの通報で警察に保護されたケースもあり、
2月19日の会議で来年度以降も養成講座を開くことを決めた。

町の担当者は
「雇用悪化が進めば、樹海で自殺を考える人が増えるかもしれ
ない。水際で命を救う活動を強化したい」

と話している。(高島靖賢)

2009年03月01日 01時28分
うつ病患者、悩み語り合う 秋田市で集い(秋田魁新報) [2009年03月01日(Sun)]
2009(平成21)年03月01日(日)
秋田魁新報
トップ>秋田のニュース>暮らし・話題

■ 秋田のニュース:暮らし・話題
うつ病患者、悩み語り合う 秋田市で集い
http://www.sakigake.jp/p/akita/topics.jsp?kc=20090301m

うつ病の患者同士が悩みなどを語り合う
「うつコミュニティ・うつ会秋田」
の初の集まりが1日、秋田市のサンパル秋田で開かれた。

患者ら約30人が参加し、症状や発症までの経緯などを説明。
「家族がなかなか理解してくれない」
などと悩みを打ち明け合った。

参加者は1人1人の話にうなずきながら聞き入り、
会場に共感の輪が広がった。

東京や仙台など、各地にうつ患者会を発足させてきた
NPOうつコミュニティ(上野玲代表)が

「秋田は自殺対策に力を入れ、うつ問題への意識も高いが、
患者同士が話をする場がない」

と会を立ち上げた。

30代から70代まで幅広い年代の男女が参加。
2年前に発症したという女性は

「調子の波があり、家事がまったくできない日もあるが、
そんなつらさを家族が分かってくれないのが一番の悩み」

と打ち明けた。休職後にいったん復職したが、その際の反動が
大きかったという女性は

「上司に、これからの職場にはタフな人間しかいらないと
言われ退職した」

と、生きがいの仕事を失ったショックを語った。

会は毎月第1日曜日に開かれ、地元ボランティアが運営に当たる。
次回は4月5日午後2時から、秋田市の遊学舎で行う。

問い合わせなどは名前を明記しメールで。
アドレスはmasahori-akt@hotmail.co.jp

(2009/03/01 22:03 更新)
フォトサロンる〜ふ:木戸さん、店頭の黒板に言葉と絵 人々元気づけ−−盛岡/岩手(毎日新聞) [2009年03月01日(Sun)]
2009(平成21)年03月01日(日)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>岩手

フォトサロンる〜ふ:
木戸さん、店頭の黒板に言葉と絵 人々元気づけ−−盛岡/岩手
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20090301ddlk03040002000c.html

◇昭和の温かい時代をイメージ

あなたの悩み、燃えるゴミの日に出しておいたから−−。
盛岡市西青山の写真店「フォトサロンる〜ふ」。
店頭の黒板に描かれる言葉と絵が、道行く人々を元気づけている。

チョークを握るのは、同店を切り盛りする木戸志保子さん(53)。
不景気に伴う失業や生活不安など、とかく暗くなりがちな時代
だけに、木戸さんは
「みんなの顔がパッと明るくなってもらえれば」

と笑顔あふれる街を願っている。【狩野智彦】

IGRいわて銀河鉄道青山駅や近くの小学校に通じる県道沿い。
店先には
「しほさんのちょっぴり元気のでるミニギャラリー」
と銘打った1メートル四方の黒板がある。

メッセージとイラストを描くのは、朝夕1回ずつ。朝は1日を
過ごす前向きさ、夕方は「お疲れ様」の癒やしを込める。

「笑顔にまさる化粧なし」
の一言に励まされたという近くの無職女性(73)は
「短い言葉だけど、明るい気持ちになれます」
と笑顔をみせる。

着想の大部分はラジオや本からの引用。
「あ、いいな」
と思えば、すかさずメモ。朝1時間ほどの愛犬の散歩で思いついた
言葉を書く時もある。イラストは7色使用。
招き猫や地蔵、フクロウなど縁起がいい絵が多い。
子育てで身に着いた「自己流のお絵かき」と笑う。

始めたのは4年ほど前。ラジオで
「下ばかり見て歩いても青い空は見えない」
という言葉を聞き、愛犬の散歩中にふと目を向けると下を向いて
歩く人の多さに気づいた。看板用に設置した黒板に一節を書いて
みた。

「そこに山があるから登るのと同じ。
自然とチョークを握っていました」
と話す。

周りからはさまざまな反響が届いた。介護で疲れ、息子にも
「最近笑っていない」

と言われたある中年の女性は、黒板の言葉を見て突然店内に入り、
木戸さんの手を握りしめた。

「ありがとう。これからは笑顔を忘れない」
と涙ながらに悩みを明かした。

逆にやっかみや非難もある。木戸さんの家事無精を知る人は
「自分のことを棚に上げて」
「よく恥ずかしくないね」……。

そんな声を聞くと黒板には
「雨にも負けず/風にも負けず/世間にも負けず」

の言葉が躍る。

そんな木戸さんも、昨年末から1カ月間、チョークをおいた時が
ある。黒板は「無事故がふるさとへの一番のおみやげ」のまま。
一戸町で夫が経営する豆腐屋の経営難や親せきとの死別、愛犬の
行方不明など、押し寄せる災難に心が暗くなっていたからだ。

しかし、
「人は泣いたり感動したりして心のバランスを取っている。
悲しみを経験しないと人の痛みは分からない」

と思い直した。

黒板に向かってイメージするのは「昭和の温かい時代」。
道ばたの七輪でサンマを焼くにおいや、長屋から聞こえる家族の
笑い声。不況が止まらず、自殺者も減らない閉塞(へいそく)
した時代だからこそ、チョークを握り続けるのだという。

西日が差し、手がかじかむ2月26日夕方。
木戸さんは、ほほ笑むひな人形とともに
「春はもうすぐそこ」

と黒板に書いた。
小春日和のように笑みをこぼす街ゆく人が目に浮かんだ。

毎日新聞 2009年03月01日 地方版
仏ベストセラー作家 京で構想次回作(読売新聞/京都) [2009年03月01日(Sun)]
2009(平成21)年03月01日(日)
読売新聞
ホーム>地域>京都

仏ベストセラー作家 京で構想次回作
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kyoto/news/20090228-OYT8T01093.htm



「シンプルで自然な日本の庭が好き」
と話すミュリエル・バルベリさん(左京区の関西日仏学館で)

フランスでベストセラーになった
「優雅なハリネズミ」(邦訳・早川書房刊)
の作家ミュリエル・バルベリさん(39)が次回作準備のため
京都暮らしを始めた。テーマは日本の庭という。(森恭彦)

「優雅な――」は、並み外れた知性を隠して高級アパルトマンの
管理人を務める未亡人と、住人で自殺志願の12歳の少女が、
新しく入居した日本人紳士オヅさんと出会い、変わっていく物語
で、250万部というフランス小説では今世紀最高の売り上げを
記録。

関西日仏交流会館・ヴィラ九条山(山科区日ノ岡)に招かれて
昨夏来日し、今年から左京区吉田に購入した家に移った。
「思いがけず本が売れたおかげで、世界で一番好きな場所に
住むことができる」

とバルベリさん。

日本との出合いはマンガだった。
「特に谷口ジローが好き。恥ずかしいけれど小説はあまり読んで
いない」

と照れる。それでも谷口の「『坊っちゃん』の時代」に触発されて
最近、夏目漱石を読んでいるという。

「日本人はユーモアがないと言われるが、
漱石の『吾輩は猫である』は、ヨーロッパのどのユーモア小説
より笑わせてくれた」

前回2006年に来日した際、訪れた桂離宮庭園が
「最初の衝撃だった。これほど洗練された素晴らしい庭は
初めてだった」。

その後、京都や金沢の庭を見て回り、
「今ではよりシンプルで自然な庭が好き。大徳寺の高桐院は、
一面のこけをカエデが囲む。竹林の中、石畳がまっすぐ延びる
参道もいい。ここはきっと次回作に使う」

と話す。

「フランスの庭は幾何学的で、自然を支配、所有する気持ちの
表れ。日本の庭は調和を重視し、自然と人間の垣根がない。
夢の中のような気分になる」

庭以外にも
「いろいろ素晴らしいものに出合った」
という。

「能、琴や尺八の音楽。囲碁は日本に来る前から好きだった。
日本人の優しさも発見の1つ。
そうそう、イチゴ大福にもびっくりした」

と笑いながら教えてくれた。

次回作の刊行は未定。
「締め切りがあると書けないたちなので」。

(2009年03月01日 読売新聞)
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック