CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2008年12月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
いつもと違った春(宮崎日日新聞:くろしお) [2008年12月31日(Wed)]
2008(平成20)年12月31日(水)
宮崎日日新聞
トップ>くろしお

いつもと違った春
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?blogid=5&archive=2008-12&catid=14

歌手の井上陽水さんの初期の作品に「いつもと違った春」というの
がある。
「答えが出ないままの生活は、ため息ばかり」
「今年の春は何かが違う」
といった内容の歌詞だ。

「迎春」「頌春(しょうしゅん)」などと年賀状にあるように、
年が明けることは、新しい「春」の到来でもある。
その「春」まで残すところあと1日足らずとなった。
街に流れる正月ソング。デパ地下やスーパーは、おせちの材料など
を買い求める人々でにぎわう。例年通りの風景。

しかし陽水さんの歌ではないが、今年は春を迎える空気が少し違っ
て映る。実際に見える形で違うのか。それとも、年をまたいで重く
のしかかる未曾有の不況と雇用破壊のニュースを連日見聞きして
いるせいで、そう感じてしまうのか。

大手スーパーの責任者である友人に、今年の年末商戦の特徴につい
て聞くと、こう返ってきた。
「産地がはっきりしている食材を扱う店は、この不況の中にあって
も、逆に売り上げを伸ばしている。それだけみんなが食べ物の安全
に神経質になってるんだろう」。

加えて一言。
「ふれあいイベントのようなものをやると、お客の“食いつき”が
今までと違う。世知辛い世の中で、何かしら温かみのあるものを
求めてる気がしてならない」。
今この国に欠けているものが街中の売り場からも見えてくる。

食の安全はいつ確立される? 人々がつながり合える手だては?
犯罪や自殺の増加をどう防ぐ? 景気は、雇用は…?
「答えが出ないまま」ため息の中で、2008年が終わる。
せめて暗い世相は今年が底となるようにと願いつつ…。

2008年12月31日
【社説】大晦日に考える 危機を転機にしたい(東京新聞) [2008年12月31日(Wed)]
2008(平成20)年12月31日(水)
東京新聞
トップ>社説・コラム>社説一覧

【社説】
大晦日に考える 危機を転機にしたい
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2008123102000058.html

大変な1年でした。無差別殺傷事件の多発、食品不安の連鎖に
世界経済危機が続きました。でも危機の時こそ新たな社会づくり
の好機ではありませんか。

高校や大学の奨学金を希望する生徒が増加する一方です。
病気や災害、事故、自殺などで親を失った遺児を支援する
あしなが育英会(東京)によると、10年前に1500人足らず
だった新規出願者は今年になって2倍に達しました。

これに伴って、奨学金の貸与額も増えるばかりです。
この10年間の増加額は約10億円にもなっています。
育英会の職員は言います。

「奨学金の原資となる皆さんからの寄付金は減っていないが、
希望者の急増に追いつけません」

◆ 社会的弱者にしわ寄せ
背景には親の収入の減少があります。10年前の遺児の母親の
年間勤労所得は約200万円で、一般サラリーマン家庭のそれの
43%だったのが、一昨年では137万円(32%)にまで
激減しています。

この結果、遺児母子家庭の4世帯に1世帯の遺児が進学を
あきらめるなどの進路変更を余儀なくされています。

一方で、米国発の金融危機に始まる世界同時不況で派遣労働者
や期間従業員の解雇が相次ぎ、社会問題化しています。
「派遣切り」です。教育費に困窮する遺児に限らず、社会的弱者
が経済危機の直撃を受けているのです。

そんな中で、〓然(あぜん)とした2つの新聞記事があります。

1つは、米国で公的資金による資本注入を受ける金融機関の
経営陣が昨年、1人当たり平均して約260万ドル
(約2億3千万円)の報酬を受け取ったと報じられたものです。
最高額は証券大手メリルリンチの最高経営責任者の74億円です。
あしなが育英会なら彼1人の報酬で2万人近い生徒の1年間の
奨学金がまかなえます。

◆ 「不義にして富まず」
もう1つは、トヨタ自動車やキヤノンなど日本を代表する
大手製造業16社が計4万人の人員削減を進める一方で、
利益から税金や配当金などを引いた内部留保の合計額が
33兆6千億円にも積み上がったとの記事です。

そんなに余裕があるなら、なぜ従業員の雇用確保に使えない
のでしょうか。従業員の生活安定を図るのは企業市民の責務です。
人間は機械でもなければコストでもありません。切れば赤い血が
噴き出ます。企業も人間の集まりです。

人間を尊敬する経営、人間の集団としてのモラール(士気)を
高め、経営の効率性を上昇させていくことこそが、企業人の使命
ではありませんか。「不義にして富まず」。ある老舗の社訓です。

ところが、市場原理による新自由主義の舞台は不義と欲望が支配
したようです。米国の低所得者向けのサブプライムローン問題は、
証券化と格付けにより、あくなき利益追求の巨大マネーゲームと
化し、金融と消費の世界的な大混乱を引き起こしてしまいました。

日本も例外ではありません。小泉政権時代に始まる市場競争原理
が新貧困層を生み、勝ち組と負け組の格差をつくり出し、
現代社会に大きな歪(ゆが)みをもたらしたのです。
振り返れば、今年の大ニュースにも通底するものがあります。

大分県教委では教員採用や昇進を売買する汚職事件が起き、
金もうけのための食品偽装事件も相変わらず多発しました。
東京・秋葉原の無差別殺傷事件も、人間をコストとみる風潮が
影を落としているとの指摘があります。妊婦死亡など医療崩壊
も顕在化しました。これも医療費の削減や、産科、小児科医師
の不足をもたらした規制緩和が背景にありそうです。

こうした危機の出現は、経済功利主義にもう終止符を打ち、
人間中心主義にかじを切る転機だと教えているのでは
ありませんか。

国の針路を考えるのは政治の役割です。でも、麻生太郎首相が
支持率の低迷にあえいでいるのは、日本の将来像を明確に提示
し得ないことへの批判の表れです。

1つ提案があります。評判の悪い総額2兆円の定額給付金に
ついて、個人が自由に使える仕組みの構築です。

自分のために使ってもよし、あしなが育英会など教育や医療、
福祉の団体や施設に寄付してもよし。地域の清掃やイベントの
費用にしてもかまいません。多様な使途メニューを示すのです。

◆ 命に付く名前を「心」
ばらまきのお金を生かしたいのです。昔の「講」のような相互
扶助組織や、ボランティア団体の創設に役立ててもいいでしょう。

中島みゆきさんに「命の別名」という曲があります。
「命に付く名前を『心』と呼ぶ/名もなき君にも/名もなき僕にも」

人の命や「心」が随分と粗末にされた1年でした。
来年こそ大切にされるよう変化を望みます。

※〓は唖の旧字体

2008年12月31日
森山直太朗 いわくつきの曲歌う機会に感謝(産経スポーツ) [2008年12月31日(Wed)]
2008(平成20)年12月31日(水)
産経スポーツ(SANSPO.COM)
ホーム>芸能>その他

森山直太朗いわくつきの曲歌う機会に感謝
http://www.sanspo.com/geino/news/081231/gnj0812310504004-n1.htm

華やかなムードに包まれた30日の「第59回NHK
紅白歌合戦」のリハーサルで歌手の森山直太朗(32)は
「生きてることが辛いなら」をギターの弾き語りで力強く
披露した。8月発売の同曲は
「生きてることが辛いなら、いっそ小さく死ねばいい」
という冒頭の歌詞が、自殺を助長するとして、一部の
コンビニが店内BGMでの使用を自粛するなどした
いわくつきの作品。白組司会の中居正広は
「歌詞を最後まで聴けば、その(自殺を助長する)ような
意味ではないことが、分かるはず」
と曲紹介。森山は
「テレビで歌う機会はそうないので、感謝の気持ちで
いっぱいです」
と意気込んでいた。

2008.12.31 05:04
福岡・西区の小1殺害:「難病理解されず孤立」 被告の母、悔悟 6年間の思い出に涙(毎日新聞) [2008年12月31日(Wed)]
2008(平成20)年12月31日(水)
毎日新聞 西部朝刊
トップ>オッショイ! 九州>社会

福岡・西区の小1殺害:「難病理解されず孤立」
被告の母、悔悟 6年間の思い出に涙
http://mainichi.jp/seibu/shakai/news/20081231ddp041040012000c.html



◇ 毎日新聞記者接見
福岡市西区の小戸公園で9月に起きた小1男児殺害事件。
1人息子の富石弘輝(こうき)君(当時6歳)を殺害した
として起訴された母親の富石薫被告(35)は、自身の難病
と弘輝君の障害に悩み、周囲の助けも得られぬまま孤立していた。
拘置先で接見に応じた薫被告は、とりかえしのつかない行為に
悔悟の涙を流しつつ、弘輝君と過ごした6年を思い返す日々を
送っていた。

【朴 鐘珠】

接見室で向かい合った薫被告は顔のむくみが取れ、落ち着いた
様子だった。9月22日の逮捕後、3カ月で体重が11キロ
落ちたという。

事件後、約2カ月間にわたって精神鑑定を受けたが、うつ状態
とパニック状態を繰り返し、自傷行為にも及んだという。
「私は、自分が死にたいという気持ちが大きくて、
弘輝に手をかけることは全然頭にはなかったんです。
いまだになぜ死んだのが弘輝で、私じゃなかったんだろうかと
思います」。
薫被告はそうもらした。

薫被告は2年前、難病の「線維筋痛症」と診断された。
軽微な刺激でも全身に激痛が走り、家事もままならなかった。
症状が悪化すると、うつ病と不眠も併発した。追い打ちを
かけるように、小学校入学前の弘輝君に発達障害があることが
分かった。
「私が難病で、弘輝は障害。ハンディキャップを持った
親子の気持ちをどう説明しても分かってくれる人は少ないと
思う。主人だって理解していなかったくらいですから」

当時、会社員の夫は仕事に忙殺されていた。情緒不安定な
弘輝君の教育についても、周囲に相談できる相手がいなかった。
孤独感に悩んだ薫被告は事件の10日ほど前、睡眠薬を大量に
飲んだが、死にきれなかったという。

薫被告は小戸公園内の身体障害者用トイレで、弘輝君の
首を絞めて殺害したとして起訴された。当日は、トイレで
介助を弘輝君に頼んだが、嫌がられるなどしたため衝動的に
自殺用に持っていたホースで殺害したという。

過ちを省みる転機は、夫と両親との接見だった。
「3人とも私の病気のことを調べてきてくれて。分かって
やれなくてごめんって謝ってくれて。待っているからって……。
それ聞いたら、肩の荷が下りたんです」

拘置先では、朝に夕に手を合わせ、弘輝君の冥福を祈っている
という。日記には息子との楽しかった思い出を書き留めている。
記者の前で、薫被告は弘輝君のあどけない口ぶりをまねてくれた。

「野球選手になってお金をいっぱいもらって、ママに
赤い車をプレゼントしてあげる」
「ママはいつも病気でお留守番しているから、今度は
パパがお留守番して、弘輝とママ2人で旅行しようよ」

その声は場違いなほど弾み、口元もほころんでいた。
だが、そのうち眼鏡の奥に涙があふれ、ほおを伝い落ちた。
記者にはその泣き笑いが母の愛の証しに感じられ、
思わず声をかけた。
「薫さん、いい顔していますね」

「暗い顔をしてばかりだと、弘輝が悲しむから」
と薫被告。接見の終わりを告げる職員の言葉に、薫被告は
立ち上がりながら言った。
「仕方のないことなんで。受け止めていくしかありません……」



毎日新聞 2008年12月31日 西部朝刊
県:自殺予防へ情報センター 対策行動計画素案で来春にも相談ネットを強化/高知(毎日新聞) [2008年12月31日(Wed)]
2008(平成20)年12月31日(水)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>高知

県:自殺予防へ情報センター
対策行動計画素案で来春にも相談ネットを強化/高知
http://mainichi.jp/area/kochi/news/20081231ddlk39010209000c.html

県は、2016年までに人口10万人当たりの自殺死亡率を
20%減少させる「県自殺対策行動計画」の素案をまとめた。
来春にも相談機関のネットワークを強化する
「自殺予防情報センター」
を設置するほか、自殺遺族への支援を充実させる。
1月中旬から一般に意見を募り、来年度から実行に移す。

厚生労働省によると、県内の自殺者数は07年に245人
(男176人、女69人)。人口10万人当たりの自殺死亡率
は31・5人と全国ワースト7位だった。04年には同4位
になるなど高い水準で推移している。07年の自殺者を
原因・動機別に見ると、トップが健康問題の113人で、
経済生活問題などが続いている。

素案では自殺対策の基本的な考えとして、事前予防や実態解明
など5本柱を掲げた。目標は国の自殺総合対策大綱に従い、
人口10万人当たりの自殺死亡率について、05年の29・7人
を20%少ない23・7人以下にするよう設定。
目標達成に向け、相談体制を充実するほか、地域での自殺対策
に携わる人材育成などを目指す「自殺予防情報センター」を
早くて09年4月にも、県立精神保健福祉センター内に設置する。
加えて、現在月1回開いている「自死遺族の集い」を
自助グループに発展させるための支援や人材養成を目指す。

県障害保健福祉課は
「交通事故の死亡者数の5倍も自殺者が出ている。
こうした現状を知ってもらい、計画を通じて自殺は防げると
いう認識を広げていきたい」
と話している。

【服部 陽】

毎日新聞 2008年12月31日 地方版
職求め相談相次ぐ 宮崎労働局、県の緊急窓口(宮崎日日新聞) [2008年12月31日(Wed)]
2008(平成20)年12月31日(水)
宮崎日日新聞
トップ>県内のニュース

職求め相談相次ぐ 宮崎労働局、県の緊急窓口
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=13855&catid=74

雇用情勢の急激な悪化を受け宮崎労働局や県などが
30日まで各所で開いた年末の緊急相談窓口に、
仕事を失った非正規労働者らから多くの相談が寄せられた。

ハローワークプラザ宮崎(宮崎市)には、職を求めて
2日間で約490人が来所。

同労働局の雇用促進住宅あっせんでは、入居が決まる
などの成果もあった。

2008年12月31日
自殺防止センター:つらさ、少しでも和げば 来月1、2日に電話相談/東京(毎日新聞、朝日新聞) [2008年12月31日(Wed)]
2008(平成20)年12月29日(月)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>東京

自殺防止センター:つらさ、少しでも和げば
来月1、2日に電話相談/東京
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20081229ddlk13040104000c.html

◇ 雇用不安受け24時間対応
NPO法人東京自殺防止センター(新宿区)は来年1月
1〜2日、電話による「24時間特別相談」を実施する。
通常は夜から翌朝にかけての対応だが、自殺を考える人が孤独を
感じやすいとされる正月に合わせ、時間を大幅に延長する。

同センターは年中無休で午後8時〜午前6時に電話相談を
受け付けているが、雇用問題など厳しい社会情勢を踏まえ、
24時間対応を決めた。担当者は
「電話をすることで、自殺したいほどつらい思いを少しでも
和らげてもらえれば」
と呼びかけている。

特別相談は31日午後8時〜1月3日午前6時、
03・5286・9090。

【伊藤直孝】

〔都内版〕

毎日新聞 2008年12月29日 地方版



2008(平成20)年12月31日(水)
朝日新聞
asahi.com>ニュース>社会>その他・話題

元日、2日は24時間特別相談 東京自殺防止センター
http://www.asahi.com/national/update/1231/TKY200812300182.html

悩んだり苦しんだりしている人の声を電話で聴く活動を続けて
いるNPO法人「東京自殺防止センター」(新宿区)は、
元日と2日、24時間態勢の特別相談を実施する。
不況による解雇など厳しい社会情勢のなか、正月に孤立感を
募らせて自殺する人が出ないようにと緊急に決めた。
(大井田ひろみ)

同センターは通常、午後8時から午前6時まで年中無休で
無料相談を受け付けている。電話相談が中心だが、必要に
応じて面接や手紙での相談にも応じる。相談を受けるのは、
研修を受けたボランティアの相談員だ。年間自殺者数が
初めて3万人を超えた98年に設立した。

普段はさびしさや孤独感を訴える電話が多い。しかし、
この1カ月は、世界的な景気悪化による雇い止めや派遣切り
を受け、
「働く場所がなくなった」
「年内で仕事を打ち切られる」
「就職したくてもできない。将来がとても不安だ」
といった声や借金の悩みが目立った。

「私だけひとりぼっち」
「自分以外の人はみんな楽しそう」。
24日のクリスマスイブにはそんな相談電話も寄せられたため、
「多くの人が家族だんらんのときを過ごすお正月は、孤立した
人にとってつらい気持ちが募りがち。なんとかできないか」
と24時間電話相談の実施を決めた。

今回、元日と2日に24時間対応することで、31日午後8時から
1月3日午前6時まで、続けて相談を受けることができるように
なる。同センターは
「電話を通してつながることで、自殺したいほどつらい気持ちを
和らげてほしい」
と話している。

電話番号は、通常と同じ(03・5286・9090)。

2008年12月31日03時03分
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック