CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2008年12月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
記者ノート2008 増える凶行 薄れる交流(読売新聞/千葉) [2008年12月26日(Fri)]
2008(平成20)年12月26日(金)
読売新聞
ホーム>地域>千葉>企画・連載

記者ノート2008 増える凶行 薄れる交流
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/chiba/feature/chiba1229610321639_02/news/20081225-OYT8T00810.htm



イラスト・川田あきひこ

柏市で6月、家族4人が殺害される事件が起きた。逮捕された
容疑者は世帯主の男。妻、息子、息子の妻、孫の4人を、
ハンマーで次々と襲ったとみられている。孫はまだ4歳だという。
あまりの凄惨(せいさん)さに戦慄(せんりつ)を覚えながら、
現場に走った。

周辺を取材すると、容疑者については、
「感情的になると抑えられないことがあった」
という一方で、
「家族で出かけるときは笑顔で、孫をかわいがる優しい
おじいちゃんだった」
との評判も聞かれた。

その落差の大きさに衝撃を受け、なぜ……という疑問が、
しばらく頭を離れなかった。

今年の春、新人記者として支局に配属され事件取材を担当する
ようになり、まず驚かされたのは、夫婦間、あるいは親子間など、
家族を傷つける悲惨な事件が、次から次へと起こることだった。

4月には炎上した車から女性の遺体が見つかり、後に夫が
傷害致死罪で起訴された。5月には95歳になる母親を息子が
絞殺し、自分も自殺を図ったとみられる事件も起きた。
息子の母親への献身ぶりは、近所でも評判だったという。

人の心のよりどころであるはずの「家族」がいま、危機に
さらされている。今年1〜11月に全国の警察が検挙した
殺人事件のうち、親族間で起きたものは511件で、
全体に占める割合は49・6%と、過去最高水準で推移
している。関係別内訳は、親子254件、配偶者182件、
兄弟姉妹35件――などとなっている。

事件によって浮かび上がってくる動機はさまざまだが、
取材を進めると、多くの場合、愛情が決して皆無だった
わけではないことがみえてくる。

なのになぜ、凶行が引き起こされてしまうのか。
ある警察署の幹部は
「聞き込みの時などに実感するが、今は自分のことしか
考えられない人が多い」
と表情を曇らせる。
「身近な人が何をしていても、気にしようとしない。
生活のスタイルが変わり、地域の連帯だけでなく、
家族間でさえも互いの関心が薄かったり、交流が欠けたり
しているのではないか」

もちろん、個々の家族が抱える事情は複雑で、一概には
言えないが、家族間の事件の増加には、そうした人間関係
の希薄化も関係しているように思える。

家族のありようは、社会状況を映し出す鏡でもある。
来年こそは、家族のいい笑顔にたくさん出会える、
明るい1年であるようにと、願わずにいられない。

(野崎達也)

(2008年12月26日 読売新聞)
Nagasaki Note・2 【下平作江さん】 「みなさん生き抜いて」(朝日新聞/長崎) [2008年12月26日(Fri)]
朝日新聞長崎支局のみなさまがまとめられた
被爆者の方々の聴き書き、たいへん貴重である。
ぜひともネットでご一読をいただきたい。

以下、引用

*******

2008(平成20)年12月26日(金)
朝日新聞
asahi.com>マイタウン>長崎

Nagasaki Note・2 【下平作江さん】 「みなさん生き抜いて」
http://mytown.asahi.com/nagasaki/news.php?k_id=43000330812260001



長崎原爆資料館で講演後、生徒から花を贈られる=08年12月

《下平作江さん 1935年生(13)》

下平作江さんは被爆体験を話す時、妹の遼子さんが自殺した話になる度に
言葉に詰まる。これまで何千回と話したが、いつも涙があふれる。
本当は話したくない。「遼子」と口にすれば、かわいい姿を思い出すため、
今なお「妹」としか言えない。

聞いている子どもたちの目からも涙がこぼれる。講演後に下平さんに駆け寄り、
「15年間生きてきて、自分には涙がないと思っていた。今日初めて涙が出た」
と話す男の子もいた。寄せられる感想には
「これからは人に『死ね』とか言わないようにします」
など、自分の変化を知らせるものが多い。
「生徒は、体験を聞いた後に長崎原爆資料館に行くと、じっくり見る」
と話す先生もいた。

語りの最後に、下平さんは必ず訴える。

「家族を亡くした者の苦しみは体験した人にしかわからないというけれど、
亡くしてしまったら終わりです。みなさんは、どんなことがあっても生きて
ください。生きて生きて、生き抜いてください」

(この項おわり=貞国聖子)

2008年12月26日

*******

以上、引用終わり
振り込め詐欺、法話で注意喚起 仏教会に県警が感謝状(京都新聞) [2008年12月26日(Fri)]
2008(平成20)年12月26日(金)
京都新聞
HOME>最新ニュース

振り込め詐欺、法話で注意喚起 仏教会に県警が感謝状
http://kyoto-np.jp/article.php?mid=P2008122600027&genre=K1&area=S10



振り込め詐欺に対する注意喚起の取り組みで県警本部から
感謝状を受け取る西村会長(大津市・県警本部)

法話などを通じ、檀信徒に「振り込め詐欺」に対する注意を呼び掛けてきた
県仏教会(事務局・西教寺、大津市)に、滋賀県警は25日、感謝状を贈った。

振り込め詐欺の被害者は60歳以上の高齢者と女性が多く、県警は3年前、
お年寄りも耳を傾け、地域に密着する各地のお坊さんから檀信徒に注意喚起
してもらうよう仏教会に要請した。今夏もあらためて依頼した。
仏教会は、加盟する県内約1600カ寺に
「振り込め詐欺にご用心」
と書かれた受話器に張るステッカー約3万枚を配布し、法話でも注意を呼び掛けた。

自坊に振り込め詐欺の電話がかかったことがあるという仏教会会長の西村冏紹・
西教寺貫首(82)は
「法要や年忌で話すと心に入る。今後も継続したい」
と話した。

Kyoto Shimbun  2008年12月26日(金)
年賀状:頼る家族がいない人生に、光を差してくれた友人へ 69歳、初の直筆−−広島(毎日新聞) [2008年12月26日(Fri)]
2008(平成20)年12月26日(金)
毎日新聞 大阪夕刊
トップ>関西

年賀状:頼る家族がいない人生に、光を差してくれた友人へ
69歳、初の直筆−−広島
http://mainichi.jp/kansai/news/20081226ddf041040006000c.html

戦後の混乱でほとんど学校に通えず、03年から広島市西区の
市立観音中夜間学級で読み書きなどを学ぶ坂井ヒサヨさん(69)=同区=
が生まれて初めて自筆の年賀状を書いている。
幼いころ両親を亡くし、貧しさや孤独に苦しんできた身を支えてくれた
友人たちに、感謝を込めて届ける10枚だ。
【黒岩揺光】

「作年は何かとお世話になりました」。
「あっ、『作』じゃなくて『昨』だ」。
無邪気な笑顔が浮かぶ。筆ペンで1字ずつ、しっかり書き、1葉に15分
はかかる。

坂井さんは1939年、島根県邑智(おおち)町(現美郷町)の農家に生まれた。
9人兄姉の末っ子で、兄姉5人は病気などで死亡、3人は広島市の軍需工場など
へ働きに出た。両親も脳卒中で相次いで亡くなった。

終戦後、姉2人は嫁ぎ、年の離れた兄は仕事で家を空けた。
1人残された坂井さんは、ひもじさのあまりよその畑から野菜を盗み、
兄に竹でぶたれた。小学校では貧乏をからかわれ、石を投げられた。
小学3年で松江市の施設に預けられたが、農作業などに追われて
学校に通えなかった。

15歳で施設を出て広島市へ。履歴書が書けず、飛び込みの飲食店や
パチンコ店で頭を下げた。勤めを見つけても同僚から熱湯をかけられるなど
いじめられた。

「生きてても仕方ない」。
19歳で自殺を図った。交際相手の子を身ごもると、
「頭の悪い母親に育てられても不幸になる」
と中絶を繰り返した。今は飲食店でのパートと年金で生計を立てているが、
身よりはない。

苦しい時に姉のように支えてくれたのは最初に勤めた飲食店で知り合った
広島市中区西白島町の中元福子さん(74)。
昨年ヘルニアで入院した時は保証人になってくれた。
夜間中学で今年、中学3年の漢字を学び始めたのを機に、初めて年賀状の文面に
挑戦した。

「頼れる家族が1人もいない暗い人生に光を差してくれた友人へ、
気持ちを伝えられるのがうれしい」。
一字一字に喜びと感謝の思いが刻まれている。

毎日新聞 2008年12月26日 大阪夕刊
県内雇用対策(宮崎日日新聞) [2008年12月26日(Fri)]
2008(平成20)年12月26日(金)
宮崎日日新聞
トップ>社説

県内雇用対策
2008年12月26日

自治体支援踏ん張りどころ
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=13717&catid=15

全国的に雇用情勢が悪化しているが、中小企業の倒産、大企業製造業の
大規模な雇用調整など本県経済の先行きも厳しさを増す。

こうした中、県が「県経済・雇用緊急対策本部」を設置したほか、
宮崎労働局や自治体、各種団体による支援が広まっている。

一方の政府の動きは鈍く、国会は党利党略で国民の窮状そっちのけの
機能不全の状態に陥っている。独自支援に動く自治体などから
「国の対策は待てない」との悲鳴が上がるのも当然だ。

政府には早急かつ強力な対策を強く求めたいが、今は自治体の踏ん張りどころ
でもある。各団体との連携で本県の実態に合った機動的な対策を講じてほしい。

生活への影響把握を

県内は年末に入ってさらに雇用不安が拡大している。

各ハローワークでは連日、失職者らの住宅や融資の相談に応じているほか、
労働金庫も家賃や生活費を貸し付ける「就職安定資金融資」をスタートさせた。

また、多くの自治体で税金の分納容認や臨時職員としての採用、学校給食費減免
などの対応策を打ち出す動きがみられる。

一家の大黒柱の失職は、家族の生活のさまざまな部分に支障をきたすことになる。
雇用の確保と併せて、地域の暮らしにどのような悪影響が出ているか実態把握し、
対策を施すことが重要だ。

そのため各自治体や労働局、商工会議所が連携を強め、効率的な対策を打たなければ
ならない。

特に自治体間では財政上の体力差も大きく、例えば公営住宅の整備状況や臨時職員
の受け入れ態勢などもまちまちだ。自治体間の連携で互いにカバーし合うことで
効率的な支援が可能になる。

企業も実態の公開を

県の緊急対策本部の役割は極めて重要になる。対策本部では自治体などと同様に
職員としての臨時雇用、居住場所を失った人への県営住宅活用などの対策を講じる
ことが決まっている。

また、財政措置が必要な事業も検討しているという。詳細に地域の実情を把握し、
自治体や団体の支援策を調整し、その過程で県としてすべき重点対策が浮かび
上がるはずだ。支援の効果を最大限出せるよう対策本部の指導的役割に期待したい。

また、政府に対しても早急な施策実現を強く求めてほしい。

閉幕した臨時国会では、二次補正予算審議は先送りし、野党の雇用対策法案は
否決するなど緊急事態においても国民不在の対応が目立った。地方の厳しさを
粘り強く訴えていくしかない。

一方、企業側の協力も欠かせない。自治体からは
「失業者の実態などをつかみにくい」
との声も聞かれる。企業も従業員に対する解雇などの実態を公開すべきだ。

まだ表に出ていない深刻な状況の人もいるはずだ。自治体、企業などが互いに
協力して経済弱者の救済に全力を注いでほしい。

2008年12月26日
裁判員制度控え法廷ミステリーに脚光(MSN産経ニュース) [2008年12月26日(Fri)]
2008(平成20)年12月26日(金)
MSN産経ニュース
ニューストップ >文化>ブックス

裁判員制度控え法廷ミステリーに脚光
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/081226/bks0812261803002-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/081226/bks0812261803002-n2.htm



裁判員制度を意識して、新旧のミステリー小説を並べる
特設コーナーも=東京都千代田区の丸善丸の内本店

裁判員制度のスタートを来年5月に控え、書店では法廷を舞台にした
サスペンスやミステリー小説の棚がにぎわってきた。
弁護士の法律解説を加えたり、過去の名作の帯を一新したり。
制度の仕組みや問題点を物語仕立てで学べるなど、売れ行きも好調だという。

新潮社が8月末に刊行した
『犯意 その罪の読み取り方』は、サスペンス小説と専門家の法律解説を
組み合わせた異色の一冊だ。作家の乃南アサさんが、殺人や強盗事件を題材に
12の短編を執筆し、甲南大法科大学院教授の園田寿弁護士が適用される
罪名を指摘。共犯関係の有無、殺人か自殺教唆か…など、難しい判断を
求められる審理のポイントを解説した。

 
「犯人の内面に踏み込んで普遍性のある物語を書けるのは力量のある作家
だけ。かみ砕いた用語説明も好評で、既存の法律解説書に比べ売れ行きは
格段にいい」
と担当編集者の西村博一さん。裁判員候補者名簿への記載通知発送に合わせ、
3刷を決めたという。

『死刑基準』(幻冬舎)は、生身の人間を前に死刑判決を下せるのかという
重い問いを投げかける。死刑廃止論者だった弁護士が、妊娠中の妻が殺され、
死刑容認に転じる。被告は殺人容疑をかたくなに否認し、裁判は意外な結末に。
死刑制度をめぐる海外の動向にも触れ、市民が量刑を決める制度の重さを訴える。

弁護士の加茂隆康さんの小説デビュー作だが、制度を意識した帯を付けたことも奏功。
11月末の発売から2万部を発行した。
「現役弁護士だからこそ書ける迫力ある法廷シーンも魅力」
と同社の石原正康専務。

丸善丸の内本店(東京都千代田区)では、裁判員制度を解説するガイド本の横に、
アガサ・クリスティーの『検察側の証人』、
芦辺拓さんの『十三番目の陪審員』
など新旧5作品を置いた。
「冤罪(えんざい)事件を扱うなど市民参加の問題点をついた作品も多く、
制度を改めて考えるきっかけになる」
と同店。制度スタートを前に、各地で書店の特設コーナーも広がりそうだ。

(海老沢類)

2008.12.26 17:57
自殺者遺族サポートへ相談窓口一覧を作成、配布へ(下野新聞) [2008年12月26日(Fri)]
2008(平成20)年12月26日(金)
下野新聞
トップ>社会

社 会
自殺者遺族サポートへ相談窓口一覧を作成、配布へ
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20081225/92181

年間自殺者が500人を超える県内の自殺者遺族をサポートするため、
県は相談窓口のある公的機関などを明記したリーフレット5000枚を
初めて作製、警察署や市町の協力を得て来月から配布する。
遺族支援は自殺対策基本法の柱の1つ。県障害福祉課は
「援助を必要としている遺族の力になれば」
と活用を呼び掛けている。

リーフレットは
「大切な人を自死で亡くされた方に」
をタイトルにしたA5判の二つ折り。家族を自殺で失った悲しみや自責の念、
孤立といった気持ちや体調の変化をチェックできる項目を設け、相談対応が
可能な各健康福祉センターや栃木いのちの電話など計14機関の電話番号や
相談時間を掲載している。

県警の捜査員らが遺族と接触する機会などを通じてリーフレットを手渡して
もらえるよう、県は県警本部と各署に協力を要請。市町の担当課窓口などにも
常時置くように努め、相談先の周知を図る。

1月からの配布を各署に通知した県警は
「遺族の中には自殺を受け入れられない方もいる。遺族の心情や意向に配慮
しながら、自殺対策という観点から協力していきたい」
とコメントしている。

一方、遺族による自助グループ「オレンジいろの会」(代表・山崎真由美さん)
も原則毎月最終日曜日に宇都宮市内で開いている。今月は28日
同市昭和2丁目のとちぎボランティアNPOセンターぽぽらで。
問い合わせは同会、メールアドレスは
happy.orange.color@gmail.com

(12月26日 05:00)
100歳の父殺害、自宅介護35年の被告に猶予判決(読売新聞ほか) [2008年12月26日(Fri)]
2008(平成20)年12月26日(金)
毎日新聞 西部夕刊
トップ>オッショイ! 九州>社会

宮崎の父親殺害:老老介護「同情できる」
71歳被告に猶予判決−−宮崎地裁
http://mainichi.jp/seibu/shakai/news/20081226ddg041040010000c.html

認知症の実父を殺し無理心中を図ろうとして殺人罪に問われた
宮崎市吉村町中原、主婦、佐藤智子被告(71)の判決公判が26日、
宮崎地裁であった。

高原正良裁判長は
「長年にわたり1人で介護を続け、無理心中を決意した経緯には多分に
同情できるものがある」
と述べ、懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役5年)を言い渡した。

判決によると、佐藤被告は介護施設への入所に同意していた父、
正行さん(当時100歳)が自宅を介護施設と勘違いし、
「家に連れて帰ってくれ」
と騒いだことに絶望し、無理心中することを決意。07年12月24日、
寝ていた正行さんの首や腹を包丁で刺して殺し、直後に自らも自殺を図った。

弁護人によると、正行さんの認知症は10年ほど前から進み、佐藤被告は
物を盗んだとののしられるなどした。しかし冷蔵庫に
「違うと思っても反論しない」
などの張り紙をして自戒し、懸命に介護を担ってきた。最終弁論では
「被告人も高齢でまさに老老介護。せっぱ詰まった犯行」
と執行猶予付きの判決を求めていた。

判決で高原裁判長は
「殺害に及んだことは短絡的」
と指摘。しかし
「被告人は長年にわたり1人で実父の介護を続け、07年春ごろから被告人も
精神的負担からうつ病にかかり、このまま1人で介護を続けるのは無理だと、
とっさに無理心中を決意した。経緯には同情できるものがある」
と述べた。

【川上珠実】

毎日新聞 2008年12月26日 西部夕刊



2008(平成20)年12月26日
読売新聞
ホーム>社会

100歳の父殺害、自宅介護35年の被告に猶予判決
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081226-OYT1T00394.htm

昨年12月、自宅で介護していた100歳の実父を殺害したとして
殺人罪に問われた宮崎市吉村町、無職佐藤智子被告(71)の判決が
26日、宮崎地裁であった。高原正良裁判長は
「尊い命が奪われたという結果は重大だが、心身共に疲弊して衝動的に
無理心中を決意した経緯は多分に同情できる」
として、懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役5年)の有罪判決を言い渡した。

判決によると、佐藤被告は昨年12月24日、自宅で就寝していた
父の斎藤正行さんの腹や首などを包丁で刺し、失血死させた。
その後、自殺を図ったが、一命を取り留めた。

佐藤被告は35年前から父の世話を始めた。父は10年ほど前から認知症の
症状が出てきたが、介護施設への入所などを拒み、被告への叱責(しっせき)
や徘徊(はいかい)などを繰り返していたという。

(2008年12月26日13時56分 読売新聞)
患者の気持ち大切に 医師ら緩和ケア知識学ぶ(宮崎日日新聞) [2008年12月26日(Fri)]
2008(平成20)年12月26日(木)
宮崎日日新聞
ホーム>地域の話題

患者の気持ち大切に 医師ら緩和ケア知識学ぶ
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=13696



都城緩和ケア研修会(特定非営利活動法人=NPO法人=日本緩和医療学会
主催、医療法人倫生会三州病院共催)は20、21日、都城市姫城町の
都城市北諸県郡医師会館であった。市内の医師ら18人が、がん治療における
緩和ケアの知識などを学んだ。

昨年施行されたがん対策基本法により、治療初期から緩和ケアを切れ目なく
実施することが必要となった。このため、がん診療に携わるすべての医師が
緩和ケアの知識を持つことを目指し、県内で初めて開催された。

初日は聖路加国際病院(東京都)の医師らが緩和ケアの知識や症状別の
緩和の方法を講義。2日目は講義のほか、3人1組で患者にがんを告知する
設定でのロールプレーを行った。医師と患者に分かれて実演し、医師役は
患者の気持ちに配慮しながら病状などを告知。患者の質問に受け答えをして
コミュニケーション技術を磨いた。

患者役を体験した藤元早鈴病院の荻田幹夫さん(47)は
「告知で治らないと聞いた瞬間、頭が真っ白になった。立場を理解
していたつもりだったが、想像以上の心境になると感じた」
と話していた。

2008年12月26日

| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック