CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2008年12月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
がんを生きる:寄り添いびと/1 「余命1年」、自殺防止にささげる(毎日新聞) [2008年12月16日(Tue)]
けさの毎日新聞のトップ面に、
西原 明・由記子さんご夫妻の笑顔があった。

思えば、NPO法人宮崎自殺防止センターの
スタートは、西原ご夫妻のご尽力なしには
あり得なかった。



昨年、遠路はるばる宮崎県にまでたびたび
足を運んでくださった西原ご夫妻。
以下の記事を読んで泣けてきた (T^T)

以下、引用

*******

2008(平成20)年12月16日(火)
毎日新聞 東京朝刊 トップ面
トップ>ニュースセレクト>サイエンス

がんを生きる:寄り添いびと/1
(その1)「余命1年」、自殺防止にささげる
http://mainichi.jp/select/science/news/20081216ddm001040016000c.html

公園のイチョウの葉も残りわずかな師走の夜に、
電話の着信を告げる青ランプが点滅し、小さく震えた。

「もしもし東京自殺防止センターです。
どうなさいましたか」

西原明さん(79)が穏やかな声で応じる。
クリスマスソングが流れる東京・歌舞伎町から
北へ1・5キロ。
センターは三方をマンションに囲まれた
小さな教会に間借りしている。

電話相談を始めて30年。生と死のはざまでさまよう
声を聞いてきた。そして今、自分の命と向き合っている。

「余命1年」
と告げられたのは昨年の今ごろだ。
末期の大腸がんだった。
「切るのはやめて受け入れましょう」
と医師は言った。

「これからはやりたいことをやる」。
小さな目標を立て、1つずつこなしてきた1年だった。
来年3月で80歳。
「誕生日はここで迎えたい。欲張りかな」。
笑顔を添えて夢を語る。

電話は夜の8時から翌朝6時まで受け付ける。
60人のボランティアが月に3回、
4時間交代で担当する。

「生きる意味ってなに?」
「どうして死んじゃだめなの?」

クリスマスや正月は呼び出し音が鳴りやまない。
周りが幸せそうに見える時ほど、
人は寂しさを募らせるものらしい。

失業、貧困、暴力、病、別れ。
痛みは限りなく存在し、電話してくる人の7割が
「死にたい」
と口にする。その叫びを丸ごと受け止め、
生きてほしいと願いをこめる。

「あなたは一人じゃない。
いま、電話がつながっていますよ」

午前0時。明さんはこの日の当番を終え、
背伸びをした。外は木枯らし。
屋根の十字架のかなたで、星が凍えている。



日本人の2人に1人ががんになり、
3人に1人ががんで死ぬ。
国民病ともいえる病の末期を宣告された牧師が、
自殺の防止に残された生をささげる。
3万人が自ら命を絶つ時代に、生の輝きをともす
彼と仲間たちの物語を記す。

【萩尾信也】

毎日新聞 2008年12月16日 東京朝刊



2008(平成20)年12月16日(火)
毎日新聞 東京朝刊
トップ>ニュースセレクト>サイエンス

がんを生きる:寄り添いびと/1
(その2止) 闘わない選択
http://mainichi.jp/select/science/news/20081216ddm041040110000c.html
 <1面からつづく>

◇ 人は他人の死を通して死を学び、
  自分の死を前にして生を意識する

「僕の命はあと1年だそうです」

昨年の大みそか。東京・新宿のNPO法人
自殺防止センターで相談員の仲間たちと
年越しそばを食べていると、西原明さん(79)
が唐突に切り出した。

「主治医に『手術は無理』と言われ、
正直ほっとしました。
闘うより、毎日やりたいことをする。
僕にはそのほうが向いています」。

淡々とした口調に聞こえた。

「来年も一緒にそばを食べましょうよ」

誰かが声を上げた。除夜の鐘が08年の始まりを
告げていた。

明さんとは6年前に自殺の取材で知り合った。
人の命に寄り添おうとする生き方に打たれ、
研修を受けて、時折センターの電話番に
入るようになった。

明さんが自殺防止の取り組みを始めたきっかけ
は、1本の電話だった。
1960年代後半、大阪の教会で牧師を
していたころだ。

かけてきたのは、親しくしていた信徒の
青年だった。
「夜、眠れなくてすごくつらい」
と繰り返し、
「みなさんによろしく」
と言って切れた。
青年はその日のうちに自ら命を絶った。

長くうつ状態が続いていたことは知っていた
が、死を思うほどとは気付かなかった。
「なぜ彼の痛みに寄り添えなかったのか」
という自責の念が、明さんと妻由記子さん(74)
を突き動かした。

「できることは何か」

模索のうちに電話相談のノウハウを学び、
78年1月、大阪自殺防止センターを開設した。
教会内の部屋に2本の電話を引いたら、
すぐに
「死にたい」
という少女の声が飛び込んできた。
その年、若年層の自殺が社会問題化していた。

年間の自殺者が初めて3万人を超えた98年、
大阪の活動を後進に託して夫婦で上京し、
東京センターを開いた。
「なんとかしなければ」
との危機感にかられていた。

大腸がんが見つかったのは、その3年後のことだ。
内視鏡を入れたら、ブドウの房のような腫瘍
(しゅよう)が見えた。
05年に再発。患部は切除したが、
人工肛門(こうもん)の生活になった。

手術の影響で腸閉塞(へいそく)になりかけた
こともあった。
あの時は、葬式の段取りを決めて、神学校の同級生
に追悼の辞を頼んだ。
そして昨年。新たな転移が分かり、自分の余命を
知った。

「命というものは不思議なもんだね。
人は他人の死を通して死を学び、自分の死を
前にして生を意識するんだ」

医師が告げた余命の1年が過ぎた今、明さんは
そう思う。傍らで由記子さんが笑っている。
センター開設以来、ボランティアの仲間たちに
少しでも休んでもらおうと、夫婦で続けてきた
「年越しの電話番」。

愛用のかばんの中に入れた黒い手帳の大みそか
のスケジュールには、今年も予定が書いてある。

【萩尾 信也、題字は書家の木島杏子さん】

=つづく

==============

この連載に対するご意見・ご感想を
手紙(〒100−8051 毎日新聞社会部)、
ファクス(03・3212・0635)、
電子メール(t.shakaibu@mbx.mainichi.co.jp)
でお寄せください。

毎日新聞 2008年12月16日 東京朝刊

*******

以上、引用終わり
うつ病患者復職へ連携 行政、病院職員ら会議(宮崎日日新聞) [2008年12月16日(Tue)]
2008(平成20)年12月16日(火)
宮崎日日新聞
トップ>県内のニュース

うつ病患者復職へ連携
行政、病院職員ら会議
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=13454&catid=74&blogid=13

うつ病患者の復職支援について話し合う
「精神障害者雇用支援連絡会議」
は15日、宮崎市の宮崎障害者職業センター
であった。
県内の行政、病院など関係機関から12人が出席。
今後患者の復職に向け、より連携を強化していく
ことを確認した。

同センターは2005年から、
精神障害者や身体障害者の就職のほか、
うつ病患者の復職を支援。
カウンセラーらが患者の勤務先や病院と連携し、
病気の度合いなどに応じて個別の復職プログラム
を作成している。

本年度は13人の患者が元の仕事に復帰
(12日現在)しており、前年度比で約4倍増。
ただ、受け入れ実績は他県より低いのが実情で、
同センターの出石秀俊所長は
「(企業や病院などへの)周知が足りない」
と分析する。

会議では患者の現状と課題が報告され、
同センターの利用促進策について議論した。

宮崎労働局職業対策課の森山成人・地方障害者
雇用担当官は
「うつ病患者は焦りと不安でどんな仕事にでも
就こうとする。しかし結果的にミスマッチとなり、
再び病気が発症してしまう」
と指摘。

県経営者協会の江藤洋行専務理事は
「県内ではリハビリ出勤など復帰に向けた
規定を設けている企業が少ない」
とし、問題点を浮き彫りにした。
中には、企業側のうつ病への理解不足で、
病気が発症した時点で退職を促される事例も
あるという。

宮崎若久病院(宮崎市)の米良誠剛副院長は
「不景気で新しい就職先を見つけるのは困難。
センターを中心に情報を共有し合い、うつ病
患者の復職をこれまで以上にバックアップ
する必要がある」
と訴えていた。



【写真】
うつ病患者の復職支援に向け、
関係機関の連携強化を確認した
精神障害者雇用支援連絡会議

2008年12月16日
「自死遺族の集い」へ理解を 宮崎市で市民ら研修会 [2008年12月16日(Tue)]
自死遺族支援者養成研修会(内閣府主催、
全国自死遺族総合支援センター協力)が
宮崎市教育情報研修センターで行われた。

NPO法人宮崎自殺防止センターからも
10名ほどのメンバーが参加。

自死について、また、自死遺族への支援の
あり方についてなど、2日間にわたり、
講義及び体験実習(ブレーンストーミング、
ロールプレイングなど)を交えて学んだ。



全国10か所での開催。
九州では、佐賀県、福岡県、宮崎県の3県。

内閣府の猪股さんを始め、全国自死遺族総合
支援センターの杉本さん、西田さん、根岸さん、
(株)マルトの由淵さんにはたいへんお世話になり、
あらためて深く御礼申し上げたい。



2日間にわたり、講師及び参加者のみなさんから
学ばせていただいたことは大きかった。

宮崎県内では小林保健所とNPO法人宮崎
自殺防止センターが「自死遺族のつどい」を
行っている。
良い選択肢が複数あり、選べることはだいじだと思う。

自宅から近い方が便利で都合が良いという方もあれば、
逆に、近所の目から離れて参加したいという方もある。

今後ともスタッフ一同、ご遺族にとって安全・安心で
護られた場を提供し続けていきたい。

以下、引用

*******

2008(平成20)年12月16日(火)
宮崎日日新聞
トップ>県内のニュース

「自死遺族」の集いへ理解を  宮崎市で市民ら研修会
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=13455&catid=74&blogid=13

自殺で身近な人を失った遺族が集まり、
悩みや思いを語り合う「自死遺族」の集い
(内閣府主催)への理解を深める研修会が
14日までの2日間、宮崎市であった。
県内の自殺対策に取り組む保健師や市民ら
21人が参加した。

自死遺族の集いは、抑圧感や自責の念で苦しむ
遺族が安心して話せ、心を整理できる場として
重視されている。
県内では宮崎市の特定非営利活動法人(NPO法人)
国際ビフレンダーズ宮崎自殺防止センターと
小林保健所が実施している。

参加者は2人1組になり、互いの行動をまねることで、
言葉以外に感情をくみ取る練習をした。
遺族には言葉にすることをためらう人もいるためで、
参加者からは
「人それぞれに感情の出し方が違い戸惑った」
との意見が聞かれた。

講師を務めた自殺対策支援センターライフリンク
(東京都)の西田正弘さんは
「自分の物差しで解釈しないでほしい。
相手の言葉をそのまま受け入れると、
相手も安心感を持って話せるようになる」
と呼び掛けていた。

2007年の県内の自殺者数は394人で、
人口10万人当たりの自殺率は全国で2番目に高い。



【写真】
「自死遺族の集い」への理解
を深めた研修会

2008年12月16日

*******

以上、引用終わり
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック