CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2008年12月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
『学校裏サイトは危険』 webカウンセリングの安川さんが講演(中日新聞/静岡) [2008年12月14日(Sun)]
2008(平成20)年12月14日(日)
中日新聞
トップ>静岡>12月14日の記事一覧

【静岡】
『学校裏サイトは危険』
webカウンセリングの安川さんが講演
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20081214/CK2008121402000056.html



ネットいじめへの対処法を話す
安川理事長=浜松市中区で

「ネットいじめ」の問題に取り組む
全国webカウンセリング協議会の
安川雅史理事長が13日、浜松市中区の
市福祉交流センターで講演した。

突然、身の回りの何者かに中傷されて
深刻な事態に至る事例を挙げ、
「誰もが見ることができる怖さがあり、
親や学校の無関心が一番まずい」
と訴えた。
(後藤隆行)

安川理事長は、在校生らの掲示板
「学校裏サイト」などの実態を詳しく
説明した。

ある高校生の男子は万引常習犯という
虚偽情報を書き込まれ、担任教師に
相談したものの
「そんなのを見る暇があれば勉強しなさい」
と取り合ってもらえなかった。
その後、裏サイトを見た就職予定の会社
から内定を取り消されたという。

安川理事長は
「野放しにすると陰口がどんどん広がる。
見るなとか、ほっておけとは一切言っては
いけない」
と指摘した。

なりすましメールやチェーンメールに
よる中傷例も紹介し、
「自殺や不登校を招くこともあり、
親や学校、地域が一体となって
子どもを守ることが重要」
と話した。

学校が攻撃されるケースも報告された。
中国地方の名門高校では中途退学者が
裏サイトを開設し、でたらめな悪口を
書いた結果、著しく評判を落とし、
定員割れに陥った。

協議会では、これまでに11万件の
学校裏サイトを確認し、1万校から
依頼を受け、悪質な書き込みを監視
しているという。
安川理事長は
「問題ないと言う学校ほど危うい」
とも話した。

講演は心理療法カウンセリング講座として、
協議会が第一高等学院浜松校と共催した。
教師や保護者ら約50人が参加し、
真剣な表情で聞き入っていた。

2008年12月14日
佐世保銃乱射事件から1年、傷癒えぬ被害者・遺族ら(読売新聞/長崎) [2008年12月14日(Sun)]
2008(平成20)年12月14日(日)
読売新聞
ホーム>九州発>週刊ニュース

佐世保銃乱射事件から1年、傷癒えぬ被害者・遺族ら
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20081214-OYS1T00211.htm?from=nwlb

長崎県佐世保市のスポーツクラブ
「ルネサンス佐世保」で起きた散弾銃乱射
事件から、14日で1年。
不特定多数の人が利用する施設で8人が
死傷した事件は、社会に大きな衝撃を与えた。

散弾銃を乱射後、同市の男(当時37歳)
が自殺し、事件の真相は解明されていない。
被害者や遺族は、やり場のない怒りと
癒やされない悲しみに満ちた1年を過ごして
きた。

◆ 「事件終わらぬ」
「私にとって、事件はまだ終わっていない」。
当時、現場で流れ弾を両足に受け、
重傷を負った同市の40歳代の男性は語った。

クラブ内で銃声が響き、悲鳴が上がった。
現場の惨状は一日も頭から離れたことがない。
寒さが厳しくなると、傷口が時折痛み出す。

男が自殺し、詳しい動機は謎のまま。
「本来なら逮捕され、裁判で事件の全容が
明らかになるのに。被害者はどこに怒りを
ぶつければいいのか」
と訴える。
殺害された従業員の倉本舞衣さん(当時26歳)
と、男の知人の藤本勇司さん(同36歳)
の無念を思うと、胸が締め付けられるという。
「(加害者の)男が罪を償うことはない。
2人があまりにも浮かばれない」

事件後、男性はルネサンスを退会した。
2人の冥福(めいふく)を祈ろうと、
クラブに向かったことがある。
施設に事件の痕跡は残っていないのに、
記憶がよみがえり、入ることができなかった。

男性は
「一周忌で事件が終わることはないが、
1つの節目」
と言う。近く再びクラブに足を運び、
今度こそ中に入って手を合わせようと
決めている。

足を負傷したルネサンス佐世保の
男性マネジャーは、取材に対し
「事件を忘れることはないが、
(周りの励ましに)勇気づけられた」
と文書を寄せた。

ルネサンス(東京)は12月14日を
「安全の日」とし、全国の施設で
安全管理の徹底を図ることにしている。

◆ 遺族、言葉少な
被害者の遺族らは一様に言葉少なで、
癒やされない胸の内をのぞかせた。

市内に住む藤本さんの母は今月4日の
読売新聞の取材に
「事件のことは思い出したくない」
と硬い表情を見せ、
「残された孫を育てるだけで精いっぱいです」
と静かに語った。

倉本さんの実家の玄関には
「事件に関して一切お答えすることは
ありません」
と書かれたA4判の紙が張られていた。

(2008年12月14日 読売新聞)
子どもの問題、大人が反省 中学教諭がトークショー(中日新聞/岐阜) [2008年12月14日(Sun)]
2008(平成20)年12月14日(日)
中日新聞
トップ>岐阜>12月14日の記事一覧

【岐阜】
子どもの問題、大人が反省
中学教諭がトークショー
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20081214/CK2008121402000027.html



子どもへの思いを熱心に話す大西さん
=岐阜市森東の中日新聞岡部新聞店で

小学校でのいじめを描いた小説
「太陽の欠片 月の雫(しずく)」
を出版した岐阜市長森中の教諭
大西隆博さん(43)=同市太郎丸=
の出版記念トークショーが、同市森東の
中日新聞岡部新聞店であり、市民ら約40人
が参加した。

大西さんは瑞浪市の女子中学生いじめ自殺に
衝撃を受け、初めての小説を執筆した。
教諭としての経験も踏まえ、
「子どもの問題は大人が反省しなくては
いけない」と話し、さらに子どもは大人が
考える以上に学校などでストレスを抱えて
いると訴えた。

大西さんの身ぶりを交えた話しぶりに
参加者も熱心に聞いていた。

(宮畑 譲)

2008年12月14日
製薬会社「ファイザー」がNPOに助成金 愛媛(MSN産経ニュース) [2008年12月14日(Sun)]
2008(平成20)年12月14日(日)
MSN産経ニュース
ニューストップ>地方>四国>愛媛

製薬会社「ファイザー」がNPOに助成金 愛媛
http://sankei.jp.msn.com/region/shikoku/ehime/081214/ehm0812140215000-n1.htm

製薬会社「ファイザー」(東京、岩崎博充社長)
は今年度も市民活動に対する助成団体23件を選んだ。
中四国地方からは
松山市の「こころ塾」(村松つね代表)、
岡山市の「おかやま犯罪被害者サポート・
ファミリーズ」(川崎政宏代表)
の2つのNPO法人が選ばれ12日、本社で
助成金の贈呈式が行われる。

平成12年、同社が社会貢献活動の一環と
して創設し、助成規模は国内最大級。
「心とからだのヘルスケア」
の分野で独創性などが認められるプログラムを
選んで助成先を決めている。

「こころ塾」は、地域に根ざしながら
鬱病(うつびょう)の予防から復職支援まで
総合的なサポートを実施しており、
助成額は202万円。

258万円の助成を受ける
「おかやま犯罪被害者サポート・
ファミリーズ」
は、自殺や犯罪、突然死などに遭った遺族の
悲しみを地域とともに支える活動を展開して
いる。

2008.12.14 02:13
戯曲:柳美里さん「向日葵の柩」、17年ぶり再演−−新国立劇場で16日まで/東京(毎日新聞) [2008年12月14日(Sun)]
2008(平成20)年12月14日(日)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>東京

戯曲:柳美里さん「向日葵の柩」、17年ぶり
再演−−新国立劇場で16日まで/東京
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20081214ddlk13040134000c.html

作家、柳美里(ユウミリ)さん(40)
の初期の戯曲で、在日コリアンの家族の
悲哀を描いた
「向日葵(ひまわり)の柩(ひつぎ)」
が17年ぶりに舞台によみがえり、
新国立劇場小劇場(渋谷区本町1)
で上演されている。

在日韓国人の李一家の物語。母の家出で
取り残された父、息子、娘の葛藤(かっとう)
と心の闇をえぐり出し、家族の崩壊を象徴
するように月明かりに照らされる
ヒマワリの花が舞台に浮かび上がる。

柳さんが劇団「青春五月党」を主宰していた
ときの作品で、劇団「新宿梁山泊」代表の
金守珍(キムスジン)さん(54)が演出を
引き受け、91年に上野水上音楽堂(台東区)
などで上演。柳さんの「出世作」とも言われて
いる。

今回の再演は、当時のことをよく知る演劇評論家
で、現在は岐阜県の可児市文化創造センターの
館長を務める衛紀生さん(61)が企画した。
「過去の優れた作品をリメークして再評価しよう」
と同センターが今年度から始めたプロジェクト
の第1弾で、岐阜公演に続き、東京でも披露
することになった。

柳さんは
「自殺や家族という問題は、自分が一生追うべき
テーマだと思っている。これを機に、また
(演劇の)新作を書いてみたい」
と言い、再び演出を担当した金さんは
「家族や親子の関係を見つめ直すきっかけに
なるのでは」
と話す。

16日まで。4000円。
問い合わせは同センター
(0574・60・3311)。

【明珍美紀】 〔都内版〕

毎日新聞 2008年12月14日 地方版
トークライブ:若者たちと生き方考える−−湯沢で20日/秋田(毎日新聞) [2008年12月14日(Sun)]
2008(平成20)年12月14日(日)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>秋田

トークライブ:若者たちと生き方考える
−−湯沢で20日/秋田
http://mainichi.jp/area/akita/news/20081214ddlk05040045000c.html

自殺予防から生き方そのものを考える
「若者たちと…トークライブスペシャル」
が20日、湯沢市の市老人福祉センター
(社会福祉協議会隣)で開かれる。
不登校や引きこもり、いじめ問題などに
取り組む市民団体「スタートライン」
の設立5周年記念事業。

午後1時半からの第1部では、
スタートラインの荻田宏則代表と、
千葉県浦安市を拠点とするNPO法人
「ニュースタート事務局」の二神能基
(のうき)代表が対談する。
横手市在住で93歳のジャーナリスト・
評論家、むのたけじさんも加わり、
若い世代に贈る「メッセージ」について
考える。

午後3時15分からの第2部は参加者ら
がおでんなどをつつきながら語り合う
「鍋をかこんだ語り愛」
で、事前申し込みが必要。

スタートラインは生き惑う人たちのため
に居場所をつくろうと、県、湯沢市、
市社会福祉協議会などの支援で活動している。

荻田代表は
「5年たって、経済的に厳しい時代となった。
今は何より生き抜くことが求められている」
と話す。
問い合わせは荻田さん
(0183・56・8107)。

【佐藤正伸】

毎日新聞 2008年12月14日 地方版
自殺予防“虎の巻” 子供のサイン見逃すな 教師が取るべき対応列挙(MSN産経ニュース) [2008年12月14日(Sun)]
2008(平成20)年12月14日(日)
MSN産経ニュース
ニューストップ>生活>教育

自殺予防“虎の巻” 子供のサイン見逃すな
教師が取るべき対応列挙
http://sankei.jp.msn.com/life/education/081214/edc0812141220000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/life/education/081214/edc0812141220000-n2.htm

子供の自殺を防ごうと、文部科学省の有識者
会議が、子供たちが自殺直前に示すサインや、
サインに気づいた教師の取るべき対応を示した
教師向けマニュアルの素案をまとめた。
教師向けとしては初めてで、現場の教師には
心強い“虎の巻”となりそうだ。
文科省は来春、全国の小中高校に配布を予定
している。

マニュアルは
「児童生徒の自殺予防に関する調査研究協力者
会議」(座長、高橋祥友・防衛医大教授)
がまとめた。

平成19年の小中高校生の自殺者数は274人
(警察庁まとめ)と、毎年300人前後で
推移している。
こうした状況を踏まえて、文科省は、
どんな教師でもいち早く子供の変化を
見つけることができるようなマニュアル
作りを進めていた。

素案では
「自殺する直前には、救いを求める必死の
叫びをあげている」
と指摘し、自殺する直前の子供に表れる
サイン(兆候)として、
「これまで関心のあった事柄に
興味を失う」
「急に成績が落ちる」
といったポイントを列挙=表。
教師が目を向けるべき子供の変化を
示している。

その上で、そういった危険を示す
子供への接し方として、
1人にしない
▽心配していることを言葉で伝える
▽よく話を聞く
−といった対処法を伝授。
「1人で抱え込まない」
など、教師が陥りやすい点にも
アドバイスを盛り込んでいる。

さらに、実際に子供が自殺してしまった
ときの校長や担任教師が取るべき対応と
して、遺族や子供たちへの配慮に加え、
「プライバシーに配慮して、一貫した
情報発信を心がける」
といった適切なマスコミ対応なども挙げている。

同会議では、今年度中の完成を目指している。
座長の高橋教授は
「子供の自殺の要因はいじめに限らず、
複雑。少しでも理解できるようなマニュアル
にしたい」
と話している。

自殺直前の子供にみられるサイン例

・これまで関心のあった事柄に興味を失う

・いつもなら楽々できる課題が達成できない

・成績が急に悪くなる

・不安やイライラが増し、落ち着きがない

・身だしなみを気にしなくなる

・不眠や食欲不振などの身体の不調を訴える

・別れの用意をする

・過度に危険な行為に及ぶ

・実際に自傷行為に及ぶ


2008.12.14 12:16
生きる光を:自殺者3万人の時代に/下 いのちの綱/茨城(毎日新聞) [2008年12月14日(Sun)]
2008年12月14日(日)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>茨城

生きる光を:自殺者3万人の時代に/下
いのちの綱/茨城
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20081214ddlk08040089000c.html

◇ たった一言が救いにも
 「悩み抜け出す手だてに」

ある日「茨城いのちの電話」に男の声が訴えた。
「死ぬ勇気がないから人を殺して、
その勢いで死んでしまいたい」

20年以上、悩む人からの電話を受けてきた
前事務局長の秋元元子さん(66)も、
初めて聞く内容だった。
「人を巻き込むなんて」。
ショックだった。その数カ月後。
土浦市のJR荒川沖駅で8人連続殺傷事件が、
そして東京・秋葉原の事件が起きた。

いのちの電話の相談の基本は「傾聴」だ。
「あんたの声を最後に死んでやる」。
思い詰めた投げやりな言葉に引き込まれそう
になりながら、じっと話を聞く。
深刻で長時間にわたる電話が多い。

社会の中で孤立していることや、生きにくい
ことを訴える声が多くなった。
かつて中心だった学生に代わって、
60歳以上の電話が増えてきた。

「悩んだりどうしようもなくなった時、
人に話したい時、何とか抜け出す
1つの手だてとして利用してほしい」。

何時間も話をするうちに相談者の声の
トーンが明るくなると、ほっとするという。

時代とともに変わっていく悩みを理解しよう
と、秋元さんたちは努力してきた。
自分に向けた死にたい気持ちが人に向かう
理由も、いつか解明したいと考えている。

◇  ◇

今年7月、自死遺族が悩みなどを語り、
分かち合う「癒(いや)しの会」が
鹿嶋市にできた。
中心になったのは潮来市の平山立子さん(59)。
職場の人間関係に悩み
「一歩違えば家族を遺族にする」
経験をしたのがきっかけだ。

定年を目前にした昨年秋、教育関係の職場で、
1人で2人分の仕事を背負った。
上司は助けてくれず、我慢して働き続ける
うちに疲労感が募り、口が硬直して
思うように話せなくなった。
死にたいとは思わなかった。
でも、衝動的に命を絶つ不安に駆られる
ほど、精神的に追い詰められていた。

こらえきれずに付き合いの古い人事担当
の男性に電話を掛けると、置かれている状況
を理解してくれた。
「平山さんは人格者だよ」。
たった一言が救いになり、
大きかった「死」の存在が日に日に
小さくなるのを感じた。

今年の元日、布団で目を覚ました時
「生きて年を越せた」と感じた。
春には職場を移ることができた。

毎月第4土曜日の午後、
鹿嶋市宮中のまちづくり市民センター
で、元学童保育指導員の女性と
会を開いている。
これまでに、数人の遺族が訪れた。
「自分が助かったのだから、
人の役に立ちたい」

まだ手探りの状態だが、誰に苦しみを
打ち明ければよいか分からずにいる
遺族が集える場にしたいと願う。
平山さんの連絡先は
090・4456・8307。

【山崎理絵】

==============

◇ 07年・自殺志向の訴え1648件
茨城いのちの電話に07年に掛かった
電話で、自殺志向を訴えたのは、
全体の約6%に当たる1648件。
男性573件、女性1075件だった。

中でも
「仕事がうまくいかない」
「生きている目的が見つからない」
といった人生についての悩みが45%、
医療が31%を占めた。

年齢では、30代が30%で最も多く、
40代、20代と続いた。
茨城いのちの電話は
つくば24時間(029・855・1000)
水戸13〜20時(029・255・1000)。

毎日新聞 2008年12月14日 地方版
支局長からの手紙:隣国で生まれたら/高知(毎日新聞) [2008年12月14日(Sun)]
2008(平成20)年12月14日(日)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>高知

支局長からの手紙:隣国で生まれたら/高知
http://mainichi.jp/area/kochi/news/20081214ddlk39070366000c.html

「人を殴ったことがありますか」「いいえ」

「誰かに殴られたことがありますか」「いいえ」

取材中に流暢(りゅうちょう)な日本語で
尋ねられました。
目の前にいる温厚で柔和なキム・ゼヒョンさん
(35)=高知市小津町=はどちらも「はい」です。
軍隊での体験です。

「行きたくはなかったけれど、仕方がなかった。
高校へ行くようなものです」。
キムさんは韓国南部の麗水出身です。
大学1年終了時に休学し、93〜96年の30カ月間、
空軍に入隊しました。

韓国の男性は17〜18歳で徴兵検査を受け、
2年余り兵役に就かなくてはなりません。
ソウルから北朝鮮の最前線までわずか約50キロ。
高知市で言えば、田野町や四万十町窪川あたりまでの
距離です。分断国家ゆえの法的義務です。

キムさんは大学1年の時、徴兵検査を受けました。
普通の健康状態なら合格します。
現在は7階級に分けられ、1〜3級が合格です。
兵役免除を狙い、人差し指を自分で切る人も
いるそうです。

「大学1年は目標が見つからない」。
以前、キムさんとランチをともにする機会があり、
そう言われて驚きました。入学早々なぜ。

「恐怖の軍隊生活が控えており、未来の設計が
できないのです」。
ばく然と知っていた徴兵制が身に迫り、
取材を思い立ちました。

工学部に在学中だったキムさんは空軍を志願しました。
パイロットになるのではなく、後方支援です。
専攻が生かせそうで、陸軍のように最前線に
行かなくてもよいからです。その代わり陸軍より
期間が長くなっています(当時は4カ月)。
レーダーを搭載した車両の整備や運転を担当
しました。

入隊時期は先送りできますが、入隊が1日でも
早ければ年下でも先輩です。大学の大切な時期に
入隊する理由です。

ミスの度に連帯責任の体罰が待っています。
30人ほどが腕立て伏せのような体勢で、
木の棒で殴られます。手をお尻に置き、頭で体を
支えます。時には1時間も。
慣れると、この姿勢でも寝られるそうです。

耐えかねた後輩は自殺を2回図り、結局除隊しました。
最初はネズミ駆除の薬を飲んで、次にトイレで手首を
切ったのです。自殺や脱走、事故死は後を絶ちません。

射撃訓練では銃を使います。ずしりと重い銃です。
撃つ度に反動で体を揺さぶられ、騒音で耳がこだま
します。
「人を殺せる武器だとは深く考えなかった」。
嫌なおもちゃだと感じていました。

階級が上がると、やらないつもりだった体罰を
していました。
「好きでやる人はいません。甘く見られない
ためです」。
復学すると、「頭は石」になっていました。

日本人女性と結婚し、03年以来、高知で暮らし、
韓国語を教えています。2歳の息子がいます。
どちらの国籍を選ぶかは本人に任せます。

軍隊は今、悪習を改善したとされています。
徴兵制は否定しませんし、軍隊では忍耐力が
つきましたが、
「子どもは送りたくはないです」。

もし隣国で生まれていたら……
自答を繰り返しています。

【高知支局長・大澤重人】

※ 次回は24日に掲載します。

shige.oozawa@mbx.mainichi.co.jp

毎日新聞 2008年12月14日 地方版
池田小事件 父語る(読売新聞) [2008年12月14日(Sun)]
2008(平成20)年12月14日(日)
読売新聞
ホーム>地域>奈良

池田小事件 父語る
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nara/news/20081213-OYT8T00841.htm?from=nwlb



大勢の市民らが参加し、酒井さんの話に
聞き入った(桜井市の市民会館で)

世界人権宣言から60周年を記念し、
桜井市の市民会館で13日、
「人権文化を育てる市民の集い」
が開かれ、児童8人の命が奪われた
大阪教育大付属池田小児童殺傷事件で、
長女麻希ちゃん(当時7歳)を亡くした
父親の酒井肇さん(46)が
「被害者支援の原点に戻って」
と題して講演した。犯罪被害者への支援
などを訴え、約600人が聞き入った。

酒井さんは、事件後、大阪府警の警察官が、
家事や子どもの送迎を手伝ってくれたこと
を紹介。
「わずかな事が、実に大きな支えになった」
と振り返り、
「犯罪被害者の具体的な支援体制作りが必要」
と話した。

また、事件から5か月後、大阪府警が行った
校舎内の血痕のDNA鑑定で、麻希ちゃんが
約50メートルも逃げていたことを初めて
知ったといい、
「麻希の残してくれた『生きたい』と言う
メッセージに応えたいと思った。
私たちの思いや経験を話すことで、
再発防止につなげたい」
と語った。

4歳の息子と参加した桜井市の主婦
太田享子さん(42)は
「子どもの安全のために、親として何が
できるのかを改めて考えさせられた」
と話していた。

(2008年12月14日 読売新聞)
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック