CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2008年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
【ラジオ】「全国こども電話相談室」がリニューアル(産経新聞) [2008年11月26日(Wed)]
子どもからの質問はいつも「想定外」でおもしろい。
「全国こども相談室」のリニューアル、
新しい試みとして、とても興味深い。

子どもたちだけで解決策が出てくるんだろうか。
はたしてうまくできるのだろうか。
かえって相談者を傷付けてしまうようなことはないのか。
ついつい、大人側からの目線で心配してしまう。



山本シュウさんがファシリテーター(促進的司会者)
として果たす役割が、たいへん大きいと思われる。
もしもチャンスがあったら、ぜひ聴いてみたい (^_^)

*******

2008(平成20)年11月26日(水)
MSN産経ニュース
ニューストップ>エンタメ>芸能界

【ラジオ】
「全国こども電話相談室」がリニューアル
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/081126/tnr0811260821003-n1.htm

■ リアルな悩み、子供たちが議論



半世紀近くにわたって親しまれてきたTBSラジオの
長寿番組「全国こども電話相談室」が
「全国こども電話相談室・リアル!」(毎週日曜前9時)
にリニューアルした。

これまで、子供の素朴な疑問に専門家らが応えてきたが、
子供たちが相談者の悩みを話し合い、解決するスタイルに変更。
現実を生き抜く“知恵”を授けることを目指すという。

同番組は、日本が高度経済成長期にあった昭和39年に、
「子供たちの好奇心を置き去りにしない」
という詰め込み教育へのアンチテーゼとして始まった。

子供たちが生活の中で感じる素朴な疑問を専門家が電話で回答。
放送中に紹介できなかった質問もすべて答える徹底ぶりや、
大人が答えに窮する質問が飛び出す意外性も受けて、
幅広い世代から支持を得た。

しかし、最近は、インターネットを見れば何でも分かる時代
となる一方、若者の自殺や犯罪が社会問題化。相談数の急激
な減少はないが
「子供のリアルな悩みにこそ、向き合うべき」
との声が、局内から生まれた。

新番組でパーソナリティーを務めるのは、教育問題に詳しい
ラジオDJの山本シュウさん(44)。
年代の違う小、中学生4人を迎え、人間関係や恋愛といった
同世代から寄せられた人生の悩みを議論し、相談者に助言する。
山本さんは誘導は行わず、巧みなトークで、子供の本音を
引き出すことに徹するという。

その理由について山本さんは
「子供たちは自分の意見を言ったり、他人の意見を聞くことで
心の扉を開き答えを見つける。僕らのやることは、子供たちが
もともと持っている能力をどう引き出すかだけ」
と説明する。

人生に迷ったとき、他人とのつながりの中にこそ、
答えを見つける鍵があることに気づいてほしいという。

(三宅陽子)

2008.11.26 08:19 毎日新聞

*******

以上、引用終わり
八尾の3人心中事件関与、指名手配のヤミ金トップ逮捕(朝日新聞) [2008年11月26日(Wed)]
2008(平成20)年11月26日(水)
朝日新聞
asahi.com>関西>ニュース

八尾の3人心中事件関与、指名手配のヤミ金トップ逮捕
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200811260027.html

ヤミ金融グループの強引な取り立てを苦に03年6月、
大阪府八尾市の夫婦ら3人が心中した事件で、
このグループが属した組織のトップで、
出資法違反容疑で大阪府警から指名手配されていた
亀井浩次容疑者(41)を警視庁が恐喝容疑で逮捕していた
ことが分かった。
亀井容疑者は7つの組織を率いた統括者で、
当時は「社長」と呼ばれていた。

同庁城東署によると、亀井容疑者は今年4月中旬、
全国チェーンのペットショップ「ワングループ」の
本社(大阪市)などに電話し、
「買った犬がすぐに死んだ。弁償しろ」
などと脅して43万円を脅し取った疑いがある。
容疑を認めているという。
昨年9月ごろに東京都新宿区の系列店で小型犬を購入し、
同10月ごろから電話をしていたという。

同署は今年4月、系列店の「亀戸天神WAN」
(東京都江東区亀戸2丁目)で2つの弾痕が見つかった
発砲事件を捜査しており、その過程で恐喝容疑を把握。
亀井容疑者が発砲事件に関与した疑いも強いとみて
調べる方針。

八尾市の心中事件は03年6月14日未明、
JR大和路線(関西線)の線路で同市の
主婦(当時69)と夫(同61)、主婦の兄(同81)が
自殺した。
死後、自宅から見つかった主婦の遺書には
「いくら払っても完済にしてくれません。
悪徳業者のために悔しいですが、死にます」
などと記されていた。

主婦は亀井容疑者の組織から3万2千円を借りたが、
必要以上の利息の返済を迫られ、
「そこに住まれへんようにするぞ」
などと脅迫された。
夫と主婦の兄は身体障害者手帳を所持。
目撃者の話では、3人は線路にうずくまるように
座っていたという。

2008年11月26日
パチスロが未曾有の危機 ギャンブル性ないとダメなのか(J-CASTニュース) [2008年11月26日(Wed)]
● 依存症(アルコール、薬物、ギャンブルなど)
● うつ病
● 自死(自殺)

この3つはそれぞれに結び付きが深いといわれる。
なお、宮崎県は人口当たりのパチンコ店数が、
全国でもトップレベルだという。

ゆえに、おそらく、ギャンブル依存症を持つ方も
少なくないのではなかろうか。
今後、関連する情報を集めていきたい。

以下、引用

*******

2008(平成20年)年11月26日(水)
J−CASTニュース
ホーム>ニュース>経済

パチスロが未曾有の危機 ギャンブル性ないとダメなのか
http://www.j-cast.com/2008/11/26031013.html

ギャンブル性が規制対象になったことなどから、
パチスロ人気がかつてないほど落ち込んでいる。
関連機器販売が7〜8割も減少するほどなのだ。
業界では、ゲーム性向上などの努力をしているが、
その成否は見えないままだ。

全国のパチスロ台は1年で2割減少
「パチスロは、確かに人気がなくなっています。
それで、パチンコに力を入れて、
スロットマシンの割合を減らしていますよ」

パチンコホール最大手のマルハン(京都市)の
広報担当者は、こう明かした。

同社では、パチスロの割合は、2007年4月に34%だった。
それが、08年6月には27%にまで下がったという。
その分、パチンコ台が増えた計算だ。

人気が低下したのは、04年7月の風営法施行規則改正で、
ギャンブル性の高いパチスロの「4号機」が禁止されたことがある。
パチンコ依存による多重債務などが社会問題になったからだ。
その結果、07年9月までにスロットは「5号機」に置き換わり、
1日で100万円以上も稼ぐことは難しくなった。
5号機では、せいぜい2〜3万円とされる。

次に、影響を与えたと言われるのが、06年12月に成立した
改正貸金業法だ。年収の3分の1を超えて貸せないなど
金額や金利で足かせがはめられ、ヘビーユーザーが
消費者金融からパチンコ代を借りにくくなった。

その結果、全国のパチスロ台は、07年末に前年比で
2割ほども減少した。さらに、その影響は周辺機器にも及んだ。
パチスロ用のメダル自動補給装置やセンサーなどの売り上げが、
08年度は前年度比7〜8割も大幅に減少したというのだ。
パチンコホール側が、パチスロ低迷で設備投資に
二の足を踏んでいることが背景にある。

パチンコはゲーム性の自由度が高まる
風営法の遊技機規則改正では、パチスロのゲーム性も
大幅に制限された。例えば、旧4号機では、ボーナスが出ているときに
ある一定のボタンの押し方をすることでメダルを多く獲得できた。
それが、5号機ではなくなったのだ。

「その結果、だれがどんな打ち方をしても、
同じ枚数を獲れるようになりました。
攻略の要素が制限され、ユーザーの方には面白く
なくなったんですよ」
(マルハン広報担当者)

その一方で、パチンコは、ゲーム性の自由度が高められた。
例えば、ギャンブル性の高いタイプの台と低料金で長い時間
楽しめるタイプの台を合わせて、それぞれの良さを折衷した台を
作れるようになった。マルハンでは、
「ゲーム性が高まった面白いパチンコ台になって、
集客に貢献しています」
と話す。同社では、1円パチンコも導入して、初心者や女性など
様々なユーザーに楽しめるようにしているという。

ただ、パチスロ機メーカーも、巻き返しに必死のようだ。
シェアトップのセガサミーホールディングスは、
07年9月の中間決算で初の営業赤字に転落したものの、
担当者が次のように話す。

「例えば、『ハードボイルド』という台なら、規制の範囲内で、
遊び方を指示するナビゲーションのART機能を4号機と
同じように付けるなど、ゲーム性を取り戻す開発努力をしています。
まだ、売り上げは低いですが、実績は戻ってきていますよ」

もっとも、パチンコよりギャンブル性が高いことが人気だったのが
パチスロ機。以前の人気を回復できるまでになるかは、未知数だ。

2008/11/26

*******

以上、引用終わり
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック