CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2008年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
キャパになれなかったカメラマン(上・下)(朝日新聞) [2008年11月23日(Sun)]
2008(平成20)年11月23日(月・祝)
朝日新聞
asahi.com>エンタメ>BOOK>書評>[評者]赤澤史朗

キャパになれなかったカメラマン(上・下)
http://book.asahi.com/review/TKY200811250193.html

[著] 平敷安常
[掲載]2008年11月23日
[評者]赤澤史朗(立命館大学教授・日本近現代史)

■ ベトナム戦争従軍記者の様々な容貌
著者は1966年から75年のサイゴン陥落まで、
アメリカのテレビ界の三大ネットワークの1つである
ABCのカメラマンとして、ベトナム戦争に従軍した。
その間に一緒に仕事をした放送記者や、
親交のあったカメラマンは数十人に上る。

ベトナム戦争は、テレビで報道された最初の戦争だった。
そこは野心を抱いた若手の記者やカメラマンが、
ベテランの連中と交じって激しい競争をする世界だった。
その競争は彼らを、死の危険のある戦場での取材に
駆り立てるものだった。

戦争の最盛期には、派手な戦闘シーン(「バンバンもの」)
が好まれ、それ以外の映像は編集するニューヨークの本社に
送っても、放映されない傾向があった。
しかしそれでも「バンバンもの」でない、矛盾に満ちた
ベトナムの現実を掘り下げて取材をする放送記者もいた。
そして優れた記者やカメラマンたちは、危険な戦場を果敢に
往来し、ニューヨークの本社の見方ともアメリカ軍の発表とも
異なる事実を発掘して、それを1つのストーリーに仕立て上げる
力を持っていた。

戦争ジャーナリストは、基本的には戦う一方の側からしか
戦場を描けない。軍隊に保護されて従軍しなければ、
戦場には行けないからである。
しかしその条件下でも、戦争の真相に迫ろうとして、
ジャーナリストたちは工夫を凝らしていく。

著者が尊敬するABCの同僚カメラマンのテリー・クーは、
アジア人のカメラマンたちの間でリーダー的存在だった。
しかしそのテリーは、戦死した若い北ベトナム兵士の遺品の日記を
手がかりに、その兵士の生涯を描こうとして、戦場で殉職すること
になる。

戦争が、ジャーナリストたちの精神をむしばむこともある。
花形の放送記者だったハワード・タックナーは、
その後精神を病んで自殺した。
戦場の重圧に耐えながら苦闘し、ベトナム戦争を多面的な視点から
報道した数多くのテレビ・ニュースのジャーナリストたちの、
個性的な風貌(ふうぼう)を伝える書物といえよう。



ひらしき・やすつね 38年生まれ。元米ABCカメラマン。
【著者に聞きたい】五木寛之さん『人間の覚悟』(産経新聞) [2008年11月23日(Sun)]
諦(あきら)めることとは、すなわち、
「明らかに見る」こと、あるいは、
「明らかに究めること」
だと、以前、大学時代の師匠に教えていただいた。
この考え方は、公私ともにとても役立っている。



「期待感や不安などに目をくもらせることなく、
事実を真正面から受けとめること」
は、ある意味、とてもタフな仕事である。

まっすぐに問題を直視し、行動しない方が、むしろ
よっぽどラク(ラクそうに見える、思える)な場合も多い。
↑ まずは、自分自身を戒めなければ σ(^◇^;)



五木寛之さんの本は、残念ながらこれまでなかなか
読む機会がなかった。
これをキッカケに、ぜひとも読んでみたい。

以下、引用

*******

2008(平成)年11月23日(日・祝)
MSN産経ニュース
ニューストップ>文化>ブックス

【著者に聞きたい】五木寛之さん 『人間の覚悟』
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/081123/bks0811230930010-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/081123/bks0811230930010-n2.htm



五木寛之(2008年11月11日、東京プリンスホテル)

■ 老いる時代に見いだす価値

静かな語り口で大切な「気づき」を与えてくれる本である。
五木さんは本書の冒頭にこう記す。
「そろそろ覚悟をきめなければならない」と。

覚悟とは何か。それは諦(あきら)めることである。
諦めるとは明らかに究めること、つまり期待感や不安などに
目をくもらせることなく、事実を真正面から受けとめること
であると五木さんは言う。

「人は期待感をこめてものを見てしまうもの。
だからいま資本主義が断末魔の叫びをあげてのたうちまわって
いる事実を直視せず、《何とかなる》と思いたがる」

わが国では統計上だけでも毎年3万人以上が自殺、
そして無差別殺傷事件が頻発。
人がこれほど自損と他損に走る時代があっただろうか。

「人が老いるように時代も老います。坂の上の雲を
目指した時代は終わり、私たちはいま地獄に向かう
下山の時代に入りました。日本でこれほど自損行為と
他損行為が頻発するのは
《まもなく地獄がやってくる》
という予感が社会全体に満ちてきたからでしょう。
天変地異を予感した小動物が異常な行動をとるようなものです。
この時代は数十年は続くと考えたほうがよい」

12歳のときに平壌で敗戦を迎え、人間のなす「悪」を
嫌というほど体験し、作家となってからは時代を凝視
し続けてきた五木さんならではの時代観といえる。

「残念ながら、この未曾有の混沌(こんとん)から
社会を救う思想や理念は現れていません。
こんな時代にあっては、生きることそのものに
価値を見いだすことが大切だと私は考えます。
厳しい現実を直視したうえで、どんなにみっともなくとも
死なずに生き続ける。
そう覚悟を決めれば、下山もまた楽しということになるかも
しれません。私は腹をくくって口笛を吹きながら
下ってゆくつもりです」
(新潮新書・714円)

(桑原 聡)

【プロフィル】
五木寛之
いつき・ひろゆき
昭和7年、福岡県生まれ。著書に
『青春の門』『風に吹かれて』『戒厳令の夜』
『大河の一滴』『他力』など。 

2008.11.23 09:28

*******

以上、引用終わり
自殺防止へ職場配慮を 弁護士や医師らが講演会(宮崎日日新聞) [2008年11月23日(Sun)]
都城市自殺対策協議会(都城市役所、宮崎県都城保健所
など複数の団体から成る)のみなさま、昨日の講演会では
たいへんお世話になり、ありがとうございました。

また、講師の生越照幸先生、コーディネイターの山田先生、
パネラーの西田先生、向原先生、それに三山先生、
貴重なお話しをいただき、ありがとうございました。



ご来場いただきました約200名のみなさまにも感謝申し上げます。

都城市民生・児童委員連絡協議会からは、とりわけ多くのご参加を
いただき、大変ありがたく心強くぞんじます。
また、社団法人都城青年会議所からも多くのご参加をいただきました。

この講演会を取材し、早々に記事にしていただいた記者さま、
宮崎日日新聞社さまにも厚くお礼申し上げます。



以下、講演及びパネルディスカッションの感想など。

「勤労者のこころと身体(からだ)を守る自殺対策講演会」
(都城市自殺対策協議会など主催)
が昨日、都城市総合文化ホールで行われ、
スタッフの1人として参加。学ぶことがとても多かった。

大阪弁護士会の生越照幸先生のご講演、
宮崎県弁護士会の西田弁護士及び山田弁護士、
宮崎県都城保健所の向原主任保健師、
そして、NPO法人宮崎自殺防止センターの三山理事長(精神科医)
を加えてのパネルディスカッションは聴き応えがあった。



生越先生やNPO法人ライフリンク等がまとめてくださった
『自殺実態白書2008』
http://www.lifelink.or.jp/hp/whitepaper.html
によれば、残念ながら、都城市は、宮崎県内でも
もっとも自死の多い地域の1つであることが分かる。

宮崎県都城警察署は、全国に 1,300か所余りある
警察署の中でも、2004年から2006年までの
管内の自殺者数が全国第36位 (208人)となっていた。

すなわち、この3年間の間、都城警察署の管内において、
1か月に6人弱(約5.8人)もの方々が、みずからの命を
絶たれていたことになる。 (但し、必ずしも管内住民の方とは限らない)

下位カテゴリ(無職者、病苦等、自営者等、経済・生活
問題といった各区分)においても、宮崎県都城警察署は、
全国の上位50署以内に登場している。



パネルディスカッションで会場から反響が大きかったのは、
都城市・北諸県地域では
「議(ぎ)を言うな」
といった文化が背景にあるのでは、とパネラーからコメントがあったこと。

すなわち、薩摩隼人の気風なのか、
意見や理屈などを振りかざすことを嫌い、
自分の思いや考えを、ただ黙って自分の胸の中だけに
押し込めざるを得ないような文化が影響しているのでは、
という見方であった。

都城市が市民向けに行ったアンケート調査でも、
「悩みをだれかに相談することは恥ずかしいことだ」
と回答された方が、男女ともにたいへん多数に上ったという。

こうしたデータが、「議を言うな」といった気風・文化の伝承を
裏付けているのかも知れない。



信頼できるだれかに悩みを打ち明け、話すことによって、
すでに問題の半分ぐらいは解決しているような気がする。

生越先生や複数のパネラーの先生方がご指摘くださったように、
人々がお互いに自分の気持ちを話し合える風通しの良い文化、
人間関係の「絆」(きずな)の再構築が、今後のポイントとなるのでは
ないか。



もちろん、信頼でき、安心して話せる相談窓口が増えること、
必要な方にとって相談先を分かりやすく「見える化」すること、
当事者を中心に考え、支援する多核的なつながり(セーフティネット)
を構築することは、クルマの両輪だと考える。

NPO法人国際ビフレンダーズ宮崎自殺防止センターも、
ぜひともこうした活動の一翼を担っていきたい。

以下、引用

*******

2008(平成20)年11月23日(日)
宮崎日日新聞
ホーム>県内のニュース

県内のニュース
自殺防止へ職場配慮を 弁護士や医師らが講演会
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=12844&catid=74

「勤労者のこころと身体(からだ)を守る自殺対策講演会」
は22日、都城市の同市総合文化ホールであった。

自殺率が全国で2番目に高く、働き盛りの50代男性の自殺者が
多い本県の現状もあり、参加した約200人は
「長時間労働を防ぐことが自殺防止につながる」
といった話に熱心に聞き入った。

同市自殺対策協議会などの主催。大阪弁護士会の生越照幸弁護士が
過労自殺の実態について講演し、
「全国の自殺者数は10年連続で3万人を突破し、
過労による自殺者数は年間推定8千人」と説明。

社会的要因として
@ 不安定な雇用状況、配置転換や長時間労働などで
  職場のストレスが増えた
A うつ病に対する偏見や職場復帰プログラムの未整備
B 職場での不十分やメンタルヘルス対策
− などを挙げた。

生越弁護士は
「管理職昇進で責任は増えるが、サービス残業が
多くなるなどの理由で過労に陥るケースが多い」
と話し
「長時間労働を未然に防ぐことが重要」
と述べた。

「働き盛りの過労死・過労自殺を防ぐためには」
をテーマにした討論では4人が登場。
宮崎市の西田隆二弁護士は
「過労の相談は年々増加。職業は公務員や教員、
運転手などが多く家族からの相談がほとんど」
と実態を紹介した。

宮崎自殺防止センター理事長で精神科医の
三山吉夫さんは管理職に対して、
「まず、悩みを話せる職場の雰囲気づくりが大事。
体調の悪い従業員に対して精神科以外の医師が
『病気ではない』と診断したら、次に精神科を勧める
配慮も必要となる。復職には数カ月かかるが、
必ず回復すると信じて」
と求めた。

厚労省によると、昨年の県内の自殺者数は
394人で人口10万人当たりの自殺者数(自殺率)は
34.6人。

【写真】
勤労者の自殺対策について討論するパネリストら



2008年11月23日

*******

以上、引用終わり

| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック