CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2008年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
1日の睡眠時間5時間以下なら要注意…… “もしも”の前に(ZAKZAK) [2008年11月18日(Tue)]
2008(平成20)年11月18日(火)
ZAKZAK(産経新聞社)
Business Medeia 誠>全記事バックナンバー>2008年11月18日

1日の睡眠時間5時間以下なら要注意……“もしも”の前に
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0811/18/news029.html

過労死が多いのは35〜54歳の男性で、主任や係長などの
中間管理職。性格的には
「まじめできちょうめん」
「責任感が強く完璧主義」
といったタイプ。“もしも”の前に日常生活に問題はないか、
チェックしてみよう。
[ZAKZAK]

社会医学用語で特定の病名ではないが、働き過ぎが原因で
突然、病気を発症して死亡または一生障害が残る状態をいう。

働き盛りのサラリーマンなら、誰にでもその危険性が潜む。
事前のチェックが重要だ。

近年、うつ病の発症による過労自死(自殺)が急増している。
が、これまで過労死全体の3分の2を占め、依然増加傾向にある
のが発症から24時間以内に死に至る“突然死”。
くも膜下出血や脳出血、急性心筋梗塞などの循環器系の疾患だ。

過労死のポイントは、長時間労働や仕事の過重負担、ストレス
など、複合した職場要因が蓄積されて病気の発症に大きく関わって
いるところ。

加えて、チェックリストのような日常生活が習慣化していると、
さらにリスクは跳ね上がる。たとえ
「健診では異常なし」
「昨日までは元気そうだった」
という人でも、ある日突然、急変することは珍しくない。

息が抜けたとき注意

ストレスと心臓突然死の関係では、
「急性ストレスよりも、ジワジワと慢性的な消耗性ストレス
の方が発症に大きく関与する。実際はストレスを感じているとき
より、その後ホッと息が抜けたときが危ない」

と話すのは、国立公衆衛生院名誉教授で
「過労死・自死相談センター」(東京・三田)の上畑鉄之丞医師。

多忙な生活に追われているとストレスの蓄積も自覚しにくい。
同医師が警告する危険な労働パターンの目安は、次の3つ。

(1)週60時間以上の就労
(2)月50時間以上の残業
(3)月間の所定休日の半分以上の出勤。

どれかひとつでも数カ月以上にわたり続いていれば要注意だ。

悩み抱え込みうつ病

統計的にみて過労死が多い年齢層は35−54歳の男性で、
とくにリスクが高いのは上司と部下の板ばさみで悩みが尽きない
主任や係長などの中間管理職。性格的には
「まじめできちょうめん」
「責任感が強く完璧主義」
といったタイプだと、悪くいえば仕事に対して要領よく手が
抜けない。仕事の悩みをひとりで抱え込みがちになるので、
うつ病のリスクもはらむ。

「家族や同僚の聞き取りによる過労死の前兆で多かったのは、
『普段経験したことのない疲労感』。
次いで『不眠が続いていた』や
『体調不良』、
『風邪が長引くこと』
という訴えだった」

と上畑医師。

労働時間、日常生活、身体の変調など、思い当たる人は
きちんと休養を取るようにしよう。

「日常生活の危険信号」チェックリスト

 (1)喫煙習慣がある

 (2)ほぼ毎日ビール3本以上飲んでいる
    (日本酒なら3合、焼酎水割りで4杯)

 (3)接待や付き合いの酒が週3回以上ある

 (4)朝食抜きで出勤することがほとんど

 (5)食事内容が肉類中心に偏っている

 (6)毎日帰宅はほぼ23時過ぎになる

 (7)1日の睡眠時間は5時間以下

 (8)通勤が片道2時間以上かかる

 (9)運動習慣がまったくない

(10)健康なので医者にかかったことはないし、
    会社の健診もしばらく受けていない

3つ以上該当するようなら過労死のリスクが高くなる

※ 過労死・自死相談センター代表/上畑鉄之丞医師作成

ZAKZAK 2008(平成20)年11月18日
メラトニン:哺乳類の季節感知の仕組み 名大グループ解明(毎日新聞ほか) [2008年11月18日(Tue)]
科学の目は、実におもしろい。
メラトニンなどがよく効いているのだろうか。

以下、引用

********

2008(平成20)年11月18日(火)
毎日新聞
トップ>ニュースセレクト>サイエンス

メラトニン:哺乳類の季節感知の仕組み
名大グループ解明
http://mainichi.jp/select/science/news/20081118k0000e040077000c.html

哺乳(ほにゅう)類が季節を感知する仕組みを、
名古屋大大学院生命農学研究科の吉村崇教授の研究グループが
突き止めた。

日照時間が長くなると、催眠作用を持つホルモン・メラトニンの
脳への分泌が抑制される一方、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の
分泌が増えて春の到来を感じ取るという。
家畜の繁殖時期の制御や人間の冬季うつ病治療などへの応用が期待できる。
米国科学アカデミー紀要電子版に掲載される。

季節に応じて繁殖や冬眠など特定の行動を取る動物は多い。
人間も決まった季節にうつ病を発症したり、
冬になると自殺が増えるなどの季節行動が指摘されている。

研究グループはウズラを使った実験でまず鳥類について、
TSHの分泌で脳が春の訪れを感知し、繁殖などの行動を促す
仕組みを解明し、今年3月に発表。その後、哺乳類の
脳の松果体(しょうかたい)から夜間に分泌される
ホルモン・メラトニンを遺伝的に作れるマウスと
作れないマウスを使い、複数の日照時間ごとに
TSHが分泌されるかどうかを比較。
メラトニンを作れないマウスはTSHの分泌量に変化がなく、
日の長さを感知できなかった。

メラトニンは欧米では不眠症に効くサプリメントとして
市販されている。吉村教授は
「食糧増産に対応できるだけでなく、人間の季節行動などへの
理解も深まる」
と期待を寄せている。

【中村かさね】

毎日新聞 2008年11月18日 14時20分
(最終更新 11月18日 15時45分)



2008(平成20)年11月18日(火)
トップ>社会>紙面から一覧

【社会】
遺伝子で“季節感” 名大大学院グループ解明
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2008111802000230.html

ネズミが季節の変化を遺伝子レベルでとらえているメカニズムを、
名古屋大大学院生命農学研究科の吉村崇教授らのグループが突き止めた。
哺乳類(ほにゅうるい)に共通しているとみられ、
人間の季節性のうつ病の理解が進むと期待される。
成果は、米国科学アカデミー紀要の電子版に掲載される。

哺乳類の脳の松果体から血液中に分泌されるホルモン
「メラトニン」は夜間、時間に比例して作られるため
季節によって量が異なる。
この差が、繁殖活動などの季節性の行動に影響することが
知られていた。
だが、メラトニンがどの部位に作用するか未解明だった。

今回、ネズミの脳の視床下部にあり生殖腺の発達を促す
遺伝子「DIO2」に着目。
正常なネズミと、メラトニンを作る能力が欠けたネズミを使い、
夏と冬の日照条件で、DIO2の働きを調べた。
すると、正常なネズミはDIO2の活発化に差が現れたが、
メラトニンを作れないネズミの遺伝子には差がなく、
メラトニンがDIO2に作用していることが分かった。

グループは、これまで鳥のウズラの研究で、日照時間が増えると、
脳の下垂体で甲状腺刺激ホルモン(TSH)が作られ、
DIO2が活発化することを解明していた。
今回、哺乳類ではメラトニンがTSHの作成に作用し、
DIO2を活発化させていることも突き止めた。

【人間の季節性のうつ病】
特定の季節にだけ、うつ病の症状が現れる精神疾患があり、
季節性感情障害と呼ばれる。
特に、秋から冬にかけて症状が出る場合が多く
「冬季うつ病」とも呼ぶ。
発生率は高緯度地方の方が高く、日照時間や体内リズムに
関係するとみられる。
四季のある地域では冬から春に自殺が多いが、
熱帯地方では年間を通じて一定しており、関連があると
考えられている。

2008年11月18日 夕刊

*******

以上、引用終わり


救急搬送の記憶 東京都練馬区・匿名希望(主婦・52歳)(毎日新聞) [2008年11月18日(Tue)]
医療の現場では、もっと生き続けていたいのに、
ケガや病気で亡くなっていく患者さんが多い。
その中には、うんと若い方だって居られる。

そうした患者さんと日々向かい合い、努力奮闘してくださって
いる医療スタッフから見れば、わざわざ自らを傷付けたり、
命を落とそうとしたりする人に対しては
「ふざけるんじゃない (-.-#)」
と一喝したり、無視したりしてしまいたくなる気持ちも
正直、起こるだろう。



「病院とは、みずから命を落としたがっている者の
来る所ではない。招かれざる客の私がとる行動とは?」。

一方、もしこのように医療関係者に対応されたとしたら、
家族としては、当惑し、混乱するのは当然だろう。



医療者側には、全ての意味で「ゆとり」が欠かせない。

一見、むちゃくちゃにも見える患者さんの言動に対して、
その思いを十分に聴き取り、気持ちを整理させて、
自傷他害ではない問題解決のための方法を、
いっしょに考えてくださる医療スタッフが必要である。

もちろん、受診する側の市民のモラルも同様に欠かせない。
医療という限られた社会資源を、1人ひとりが節度を持って
だいじに利用させていただくといった基本概念が必要だと考える。

以下、引用

*******

2008(平成20)年11月18日(火)
毎日新聞
トップ>ライフスタイル>恋愛・結婚>女の気持ち・男の気持ち

救急搬送の記憶 東京都練馬区・匿名希望(主婦・52歳)
http://mainichi.jp/life/love/kimochi/news/20081118ddm013070137000c.html

搬送される救急病院が見つからず、生命を落とすという考えられぬ現実。
私の苦しかった2時間半がよみがえります。

誰にでも気を使いながら、自身の目標にまい進し、自由に生きていた
はずの我が子が疲れ果てて自殺未遂を起こしました。
遠のいていく意識を、こちら側につなぎとめようと懸命に
救急車を呼びました。

しかし……引き受けてくれる病院がなかったのです。
大病院に囲まれた都心。なのに、なかったのです。

やっと見つかった病院での対応は冷たいものでした。
「病院とは、みずから命を落としたがっている者の来る所ではない。
招かれざる客の私がとる行動とは?」。

頭が錯乱した私を支えてくれたのは、2時間半、私と戦ってくれた
救急隊員の底知れぬやさしさでした。

今、性同一性障害を抱え、一日一日を自分らしく
精いっぱい生きている我が子に心から拍手を送りつつ、
生命の尊さをかみしめています。

いのちがあるから伝えます。すべての人に「ありがとう」と。



◇ 投稿規定
本文約600字。添削することがあります。
住所・氏名・年齢・職業・電話番号を明記し、
〒100−8051(住所不要)毎日新聞「女の気持ち」係へ。
毎日jpからも投稿できます。
文章は毎日新聞データベースに収録し、毎日jpにも掲載されます。

毎日新聞 2008年11月18日 東京朝刊

コメントが書ける「『女の気持ち』の気持ち」はこちら
https://my-mai.mainichi.co.jp/mymai/modules/weblog_feeling104/

*******

以上、引用終わり
@展覧会:「巨匠ピカソ」展 2つの手法で「変化」に迫る(毎日新聞) [2008年11月18日(Tue)]
先日、たまたま上京する機会に恵まれ、
夜の東京・赤坂のサントリー美術館で
「巨匠ピカソ 魂のポートレート」展を観た。

巨人ピカソの一代記がたいへん興味深く、
面白くて忘れられない展示だった。

愛と才気あふれる多くの女性たちとピカソとの関係も、
初めて知ったことが多く、大いにドキドキさせられた (*^_^*)



20歳時に親友が恋愛関係の悩みで自死したことが、
かれの人生や「青の時代」といわれる時期の画風に
大きく影響したのではないか、という説を初めて知った。

若きピカソが、親友の自死に接したショックと悲しみ、
憂いや絶望感に思いを馳せることができ、
その後のきわめてエネルギッシュなピカソの生の軌跡が
より深く理解できたような気がした。

以下、引用

*******

2008(平成20)年11月18日(火)
毎日新聞 東京夕刊
トップ>エンターテインメント>芸術・文化

@展覧会:「巨匠ピカソ」展 2つの手法で「変化」に迫る
http://mainichi.jp/enta/art/news/20081118dde018040018000c.html

パブロ・ピカソ(1881〜1973)の大規模展が、
東京・六本木の国立新美術館と赤坂のサントリー美術館で
開かれている。
5000点以上の作品を所蔵するパリ国立ピカソ美術館の
改修に伴い、主要作品を含む大規模な国際巡回が実現した。

国立新美術館の「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」は、
絵画を中心に彫刻や陶、素描など約170点を時代順に展示。
ピカソ芸術の流れを一望できる。

社会の底辺で生きる人たちの、もの悲しい表情を描いた
「青の時代」シリーズに始まり、淡い色調の「バラ色の時代」
へと急展開、アフリカ美術に刺激を受け、キュービスムを探求……。
作風の大胆な変化には改めて驚かされるが、
本展は、この変ぼうを冷静に考察した。
一例がキュービスムの時代。ギターなどの楽器を描いた
油彩画や素描、立体を集中的に並べ、どのように解体、
構築させたかという思考の一端を浮かび上がらせた。

華麗な女性遍歴も、作品に大いに反映された。
最後の女性、ジャクリーヌと過ごした晩年は、
母子像や家族の肖像が多い。
情にあふれ、ピカソの心境が穏やかだったことを
示すかのようだ。

一方のサントリー美術館は、
「巨匠ピカソ 魂のポートレート」というタイトルが示す
とおり、自画像や人物画を中心とした約60点の展観。
「愛と創造の軌跡」に圧倒された人も、描かれた人物を
通してピカソの内面にちょっぴり近づけそうだ。
モデルとの緊密な関係、色面分割の妙を堪能できる。

中でも目を引くのは、「青の時代」の「自画像」。
友人の自殺に接した悲しみ、憂愁の思いが切々と伝わってくる。
ここで内に秘めた感情が、後に全力疾走で創作を展開する
原点になったと感じさせる。

両展とも12月14日まで。火曜休館。

【岸桂子】

毎日新聞 2008年11月18日 東京夕刊

*******

以上、引用終わり
【インド万華鏡】ダウリの悲劇 犯罪増…物質主義が拍車(産経新聞) [2008年11月18日(Tue)]
2008(平成20)年11月18日(火)
MSN産経ニュース
ニューストップ>国際>アジア

【インド万華鏡】
ダウリの悲劇 犯罪増…物質主義が拍車
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/081118/asi0811180119000-n1.htm

金融危機の影響は欧米に比べると小さいといわれた
インドも、外国の投資引き上げなどで株価が大幅に下落し、
企業では解雇も行われるなど景気悪化は顕著だ。
不景気で苦しい生活を強いられるのは低所得者層であるのは、
インドでも例外ではない。
こうしたなかで、最近、インドの新聞では、保険金殺人ならぬ
持参金「ダウリ」をめぐる殺人や自殺の記事が目につく。
ダウリは、インドなど南アジアにおける女性虐待の実態を
浮き彫りにする古くて新しい問題だ。

ダウリとは、女性が結婚する際、女性の親が持たせる
現金や宝石、家財道具などの財産を指す。
その起源は、ハムラビ法典にまでさかのぼるとされる。
インドではもともとヒンズー教徒の高い階級の人々の間で
行われていた習慣で、その後、宗教を問わず全土に広がった。

ダウリそのものは、娘に対する財産分与と、嫁ぎ先で
何かあった場合の保険という意味もあるとされる。
しかし、階級制度と男尊女卑の考えが強いインドでは、
ダウリは女性が良縁を得るための手段となっており、
そのことが多くの悲劇を生む。
親が結婚相手を決めることが多いインドでは、
結婚前にどれだけダウリを出せるかを男性の側と協議し、
話がつかなければ結婚はない。
このためダウリは女性の値段といわれる。



インド中部のハイデラバードで2日、
集団結婚式を挙げるカップル。
女性たちは低所得者層で、
さて「ダウリ」は…(AP)

さらに、結婚後もダウリを要求することができるため、
持参金が少ない嫁は常に嫁ぎ先からの“圧力”にさらされる。

16日付のタイムズ・オブ・インディアは、
東部チェンナイの警察が、22歳の女性が焼死した事件で
夫とその両親の3人を拘束したと伝えた。
この女性は5カ月前に地元の有名企業に勤める男性(29)と
結婚したが、夫らに、もっと現金や宝石を持ってくるよう
責められていたという。

「ダウリ殺人」の場合、台所で事故を装って焼殺される
ケースが多い。
11日にやはりチェンナイであった事件では、
新婚4カ月の新妻が台所で死亡し、夫とその母親が
灯油をかけて火を付けた疑いで逮捕された。

こうした犯罪を防ぐため、1961年にダウリ廃止法が導入され、
贈ることも受け取ることも禁止された。しかし、
「経済成長に伴い、物質主義が広がり、中流階級では
テレビで宣伝される服や電化製品などを、ダウリとして
手に入れようとする人が増えている」(デリー女性協議会)
といい、減るどころか逆に増えている。

この結果、「ダウリ犯罪」も増加している。
インド犯罪統計局によると、95年に4648件だった
ダウリに絡む殺人は、2006年には7618件になった。
また、ダウリが原因の自殺は今も1日6件起きているという。
人権団体の統計では年間2万5000人の女性が
犠牲になっているともいう。

インドの新聞には、花嫁募集の広告がずらりと並ぶ。
が、ダウリ不要と明記しているのはわずかにすぎない。

(シンガポール 宮野弘之)

2008.11.18 01:18
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック