CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
94年、ALSの患者会を設立 平山真喜男さん(毎日新聞/宮崎)  [2008年09月23日(Tue)]
専門家によるサービス(医療など)が重要なのはもちろんだが、
当事者による自助グループ(self-help group) の存在は、
ものすごく貴重である。平山さんたちのがんばりに刺激される。

以下、引用

*************

2008(平成20)年09月23日(火)
毎日新聞
トップ>地域ニュース>宮崎

快人がゆく:94年、ALSの患者会を設立
平山真喜男さん /宮崎
http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20080923ddlk45040640000c.html

◇ 絶望から患者を助けたい
「いつも明るくて、よく笑う。私たちの方が元気をもらっています」
とボランティアたちは話す。

94年、ALS(筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症)の
患者会を設立した。筋肉の萎縮が徐々に進行する難病で、
いまの医学では治せない。県内には約85人の患者がいるといわれる。

その半生は苦難の連続だった。異変を感じたのは38歳の時。
「ある晩、突然足がつったような痛みを覚えた」

大学病院での診断結果はALS。
「いずれ呼吸機をつけて寝たきりになるとわかった。
怖くて1カ月は泣いて過ごした」

病状は急速に進行した。ろれつが回らなくなり、
発語が不自由になった。やがてつえがないと歩けないようになった。
当時、埼玉県内の会社で技術職として働いていたが、
慣れたはずの作業ができなくなった。
発症からおよそ2年、ある日社長室に呼ばれた。
「よく頑張ってくれたが、やめてもらうことになった」

失意のまま、故郷の宮崎へ帰った。人とは会わなかった。
高校では剣道部に所属、国体にも出場したスポーツマンだった。
自力で歩くこともままならない姿をさらすのは、
プライドが許さなかった。

転機は、ある重病患者との出会いだった。
94年、所属するキリスト教会の牧師の紹介で
鹿児島県在住のALS患者、木脇正敏さん(63)を知った。
彼は電動車いすに乗り、足の指に筆をしばって油絵を描いていた。

目からウロコが落ちた。当時、自分はつえがあれば歩けた。
なのに病状が進行している木脇さんの方が、伸び伸びとして見えた。

その後、患者会を設立し、患者同士の交流会や、街頭キャンペーン
などに取り組み始めた。

発症から18年。
「親指にだんだん力が入らなくなっている」
と手のひらに目を落とす。

しかし、
「絶望している患者を助けるのが自分の仕事。
まだやり残したことがたくさんある」
とつらいリハビリに歯を食いしばっている。

【川上珠実】

==============

■ 人物略歴

◇ ひらやま・まきお
56歳。日南市生まれ。日本ALS協会宮崎県支部長。
現在は月2回ほど通院し、週3日、リハビリ施設に通う。
10月18日14時、宮崎市の宮崎山形屋前で
ALS患者会への募金などを呼びかける啓発街頭
キャンペーンを実施する。一人暮らし。

毎日新聞 2008年09月23日 地方版

*********

以上、引用終わり
バリアフリー祭り:企業が障害者向けイベント 就労体験で相互理解(毎日新聞/宮崎) [2008年09月23日(Tue)]
ビジネス、福祉分野のみならず、さまざまな方にとって
意味のある企画である。

互恵的な社会の仕組み、仕掛けづくりのヒントがたくさん
得られそうだ。ぜひとも体験に行ってみたい。

以下、引用

***********

2008(平成20)年09月23日(火)
毎日新聞
トップ>地域ニュース>宮崎

バリアフリー祭り:企業が障害者向けイベント 
就労体験で相互理解−−27日/宮崎
http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20080923ddlk45100642000c.html

◇ 県中小企業家同友会−−27日、宮崎で

県中小企業家同友会(石神憲一会長、加盟407企業)は
27日に、宮崎市大坪町の大坪池公園で
「第1回バリアフリー祭り」
を開催する。

会員企業が障害者向けの就労体験コーナーを設ける一方、
障害者側も商品販売で生の働きぶりを実際に見てもらう、
双方向のイベント。経済団体が障害福祉向けのイベントを
開催するのは県内で初。同会事務局は
「障害者が働くことを通じて人間として成長してもらう
助けになれば」
と説明している。

イベントの特徴は、会員企業が障害者向けに木工や食品作りの
作業体験場所を設置する点。
「どこに働く場があるのか」
「自分に見合う作業を探している」
との障害者の要望に応えた。企業にとっても、
障害者がいかに働けるかを理解する場になる。

障害者側も、事業所が作っている食品の販売所や、
カレーなどの屋台を出店。購入者にはアンケートを取り、
一般市場でも勝負するための製品価値を追求するのに
役立てる。

同会には、
「経営感覚を学びたい」
として、現在9の社会福祉法人が加盟している。
これら9施設と、加盟している一般企業が
「障害者雇用の可能性を探ろう」
と昨年、会内に「バリアフリー委員会」を設立。
勉強会や施設見学会を重ねてきた。
この中で
「お互いに知らないことが多すぎる」
との声が上がり、今回のイベント開催への機運が高まった。

イベントは午前11時〜午後3時。少雨決行。
問い合わせは 0985・50・3665(同会)。

【種市房子】

毎日新聞 2008年09月23日 地方版

************

以上、引用終わり
「ミヤリー」が自殺防止を呼び掛け 予防週間初日の宇都宮(下野新聞) [2008年09月23日(Tue)]
多くの方々にメッセージを届けることの大事さと難しさを思う。
このために、キャラクターやシンボルの存在は大きい。
若者にも中高年層にもお年寄りにも訴求力のある方法を、
自分たちも考え出さなくては。



そういえば、先日宮崎県にお越しいただいた渡邉直樹先生が、
腕に付けておられた青いリングが超カッコ良かった。
国際うつ病学会が作った(?)リングだとか。オシャレな感じ。

かつて、中田英寿が付けていた「ホワイトリング」みたいに、
もしかしたらチャリティーとしても使えるかも知れない。
宮崎県の自死対策の青いTシャツ(青T)ともおそろいになるかも (^_^)
近く、調べてみたい。

以下、引用

*********

2008(平成20)年09月10日(水)
下野新聞
SOONトップ>社会一覧

社会
「ミヤリー」が自殺防止を呼び掛け 予防週間初日の宇都宮
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20080910/46827



自殺予防週間(9月10−16日)初日の10日、
宇都宮市保健所は、JR宇都宮駅ペデストリアンデッキで、
自殺予防を訴えるメッセージ入りのティッシュを通行人に配布した。

後を絶たない自殺者対策として、昨年から始まった運動。
同日午前7時半から、同保健所職員5人が学生や会社員らに
「こころのサインに気づいてください」
などと書かれたティッシュ1000個を手渡した。

同市制110周年を記念した妖精マスコット
「ミヤリー」も登場し、中高生などの若者へ
自殺予防をアピールした。

(9月10日 14:25)

*********

以上、引用終わり
私たちが政治を変える! 美人議員、大いに語る(産経新聞) [2008年09月23日(Tue)]
世の中を変えたい、より良くしたいと考えているひとが、
老いも若きも確実に増えているのではと思う。

地方自治、地方政治を進めるためにも、
無気力・無関心・無感動だと酷評されがちな
(本来は全然違うのに;)若い方々の参画は欠かせない。



ここ宮崎県の地方自治体でも、がんばっている
若手の議員さん、女性の議員さんが増えてきた。

良い活動にはぜひともエールを送り続け、盛り立て、
ともに良い世の中づくり、まちづくりを進めていきたい。

いくぶんステレオタイプな取り扱い方ではあるが、
以下の産経新聞の記事も面白かった。

以下、引用

*********

2008(平成20)年09月21日(日)
MSN産経ニュース
ニューストップ>政治>地方行政>記事詳細



美人議員のみなさん。
左から
藤川 優里・青森県八戸市議、
吉羽 美華・大阪府寝屋川市議、
倉田 麗華・東京都練馬区議=東京都港区

私たちが政治を変える! 美人議員、大いに語る
(1)「アニメ声なので低い声を練習」 2008.9.21 08:36
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080921/lcl0809210840000-n1.htm

(2)「結婚はします… よね?」 2008.09.22 09:05
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080922/lcl0809220911002-n1.htm

(3)「ズバリ! 国政を狙う?」 2008.09.23 09:09
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080923/lcl0809230914001-n1.htm

「首相辞任」から総裁選、衆院解散と何かと慌ただしい
中央政界だが、地元密着型で東奔西走する“政治家”
たちのことも忘れるなかれ−−。

キーワードは「女性」「1期目」「地方議員」、
そして「美人」。全国各地から政党も会派も異なる
人気地方女性議員3人を集め、その胸のうちを
自由に語ってもらった。

参加したのは東京都練馬区の倉田麗華議員、
青森県八戸市の藤川優里議員、
大阪府寝屋川市の吉羽美華議員。
公務だけに縛られない活動を展開する3人の話は、
政治に対する思いから結婚観まで多岐にわたった。
(聞き手:片岡友理)

( 中 略 )

新人議員ならではの意気込み、悩みからプライベートまでを
熱く明るく語った3議員。話は将来へ展開する。
都議・県議、そして国政へ…夢は広がる。
鼎談後のおまけトークも注目。

( 中 略 )

<プロフィール>(50音順)

倉田 麗華(くらた・れいか)
東京都練馬区議会議員(1期目)。
国民新党所属で、会派は民主党練馬クラブ。
小林興起元衆院議員が主宰する
政経塾塾生として政治を学んだ。
日本テレビ系「恋のから騒ぎ」第13期の人気メンバー。
1981年8月25日生まれ、27歳。B型。

藤川 優里(ふじかわ・ゆり)
青森県八戸市議会議員(1期目)。
保守系無所属で、保守系会派・自由民主クラブ所属。
帝京大文学部卒。インターネット上で「美人すぎる議員」
として注目を集め、公式サイトにアクセスが集中し、
一時アクセス不能になった。
1980年3月8日生まれ、28歳。O型。

吉羽 美華(よしば・みか)
大阪府寝屋川市議会議員(1期目)。
民主党所属で、新生ねやがわクラブ議員団所属。
関西学院大経済学部卒。スポーツクラブのインストラクターや
栄養管理指導者などの経験もある。
2008年度大阪・天神祭ギャルみこしのメンバー。
1980年7月26日生まれ、28歳。O型。



<企画・構成>
片岡 友理(かたおか・ゆり)
ライター、元産経新聞記者。
雑誌「正論」、SANKEI EXPRESS、
MSN産経ニュースなど様々な媒体を担当。
イザ! の記者ブログ「日刊サイタマ 本日のダメ出し」
が人気となった。現在、日経BP社などの契約ライター。

**********

以上、引用終わり
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック