CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
自殺予防へ「心の支援隊」出発(東奥日報、東北デーリー東北新聞社/青森県) [2008年09月11日(Thu)]
自死対策/自死遺族支援には国民ひとり一人の取り組みが
欠かせないが、その中でも欠かせないプレイヤーは
地方自治体、とりわけ市町村だと考える。

岩手県に続いて、青森県が「全市町村キャラバン」を行った。
市町村の職員のみなさまに、ますます当事者意識を
もっていただき、ご理解ご協力をいただくことが重要である。



宮崎県でも各市町村がさまざまな取り組みを始めた。
すべての市町村にぜひともがんばっていただき、
必要な部分は、民間(たとえばNPO法人宮崎自殺防止センターとか)
のチカラなども活用していただきたく思う。

北東北3県(秋田県、青森県、岩手県)をはじめ、
先進地の取り組みにこれからも学びたい。

余談ながら、写真の鮮やかなブルーの「のぼり旗」は、
宮崎県ではだんだんおなじみになりつつある (^・^)

以下、引用

*********

2008(平成20)年09月11日(木)
東奥日報
Web 東奥ニュース

自殺予防へ「心の支援隊」出発
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2008/20080911135400.asp?fsn=eb33f76037153e93cde084f7e7644d6f

人口10万人当たりの自殺死亡率が全国で3番目に高い
本県の自殺対策を県民一丸で推進しようと、
県内の医療、福祉、行政関係者らが全40市町村に
自殺予防のメッセージを届けるキャラバン隊
「生きる心の支援隊」を初めて結成し、
世界自殺予防デーの10日、県庁で出発式を行った。

厚生労働省の人口動態統計によると、本県の自殺者数と
自殺死亡率は2003年の576人をピークに年々減少していたが、
07年は自殺者数が467人、自殺死亡率が33.3人と
再び増加に転じ、全国的にも高い水準にある。

出発式で三村申吾知事は
「自殺は本人だけでなく、家族や周りの人たちに
困難をもたらし、青森県にとっても大きな損失になる」
と各市町村へのメッセージを読み上げ、
県民から募集した自殺予防のメッセージが書かれた
のぼり旗を県自殺対策連絡協議会の兼子直会長に贈呈。

兼子会長は
「関係機関と連携し、自殺予防に取り組みます」
と決意表明し、「生きる心の支援隊」のメンバー約10人と
ともに最初の訪問先の青森市役所へ向かった。

同隊のメンバーらは今後、16日に弘前市役所、
18日に八戸市役所を訪問するほか、
県内各保健所の職員らが9月中に全市町村の役所・役場を
訪問し、担当者に自殺予防のメッセージを伝える。



※ 写真=自殺予防のメッセージが書かれた
  のぼり旗を兼子会長に手渡す三村知事(左)



2008(平成20)年09月11日(木)
デーリー東北新聞社
トップ>過去のニュース>主なニュース

「生きる心の支援隊」
自殺予防訴え県内巡回(2008/09/11)
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2008/09/11/new0809111602.htm


全国ワースト3位の自殺率の改善を図ろうと
青森県は、県内全市町村を巡回して自殺対策の強化を
呼び掛ける「生きる心の支援隊」を結成。
世界保健機関(WHO)の「世界自殺予防デー」の10日、
県庁で支援隊の出発式を行った。

支援隊は県自殺対策連絡協議会委員のほか県職員で構成し、
市町村長らに三村申吾知事のメッセージなどを届ける。
自殺者の多い青森、八戸、弘前の三市を先行して訪問し、
9月中に県内を一巡する予定。八戸市には18日に訪れる。

県によると、2008年度、自殺対策を行っているのは
37市町村で、青森市、藤崎町、西目屋村の3市町村は未実施。

出発式で三村知事は
「自殺は多くが未然に防ぐことができる社会的な問題。
積極的な取り組みをお願いする」
と、同協議会長の兼子直弘前大医学部教授に書簡を手渡した。

兼子会長は
「自殺予防は悩みを持つ人との対話が大切。
住民に近い市町村が第一線に立って取り組む効果は大きい」
と強調した。

県の07年の自殺者数は、前年より28人増の469人。
10万人当たりの自殺率は33.4で、
全国ワースト6位から3位に悪化している。

*********

以上、引用終わり
【御礼】ピックアップブログ掲載>CANPANブログご担当のみなさま [2008年09月11日(Thu)]
日本財団「CANPANブログ」ご担当のみなさま

「ピックアップブログ」へのご掲載をいただき、
たいへんありがとうございました。励みになります。
本当におどろきました (@_@)

過去の先輩方のそうそうたる顔ぶれを拝見して、
汗顔の至りです。これからもできうる範囲でがんばります。



「コピペ」頼みのブログでお恥ずかしいかぎりです;
近く、団体ブログ(今後、作成をめざす)との棲み分けなどを
考えているところでした。

「多様性」「自由さ」「創造性」の場を尊重してくださる
CANPANブログの太っ腹にいつも感謝しております。

他のブロガーのみなさま方の高い見識や深い智慧に、
これからも日々学び、また楽しませていただきます。

今後ともどうぞよろしくお願いします (*^_^*)


>NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

>黒水 宣行

>「20分に1人、1日に90人、1年で33,000人」
>何の数だかご存じですか? これは日本の自殺者数です(2007年度)。
>10年連続して3万人を超えている日本ですが、
>「自殺を予防したい!」という想いで活動している団体が
>日本には数多く存在するのです。
>その中のひとつ、宮崎県の自殺防止センターでボランティア活動を
>している黒水さんのブログです。自殺についてのイベント・セミナーや
>出版物などの最新情報を、宮崎県の取り組みを中心にお届けします。
>9月10日〜16日までの1週間は国際自殺防止週間です。
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック