CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
命の大切さ訴え活動 平塚市 自殺予防週間に合わせ(東京新聞) [2008年09月03日(Wed)]
「市町村ができる自死(自殺)対策」として、
神奈川県平塚市の取り組み
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/anzen/index.htm#support

はトップランナーの1つではないか。



もちろん、この他にも、北東北3県や京都府の京田辺市、
宮崎県西諸県郡(小林市、えびの市、高原町、野尻町)の
取り組みなど、個性的かつ優れた自死対策の取り組みが、
全国にたくさんあることは言うまでもない。



ある意味、むずかしいことは要らないのかも知れない。
すでにスタートしている既存の事業を活用して、
「自死対策/自死遺族支援」という観点から再編して
事業化・予算化するという方法は有力である。

けっきょく、実効性が高く、「持続可能」な取り組みで
あれば、OKではなかろうか。



いきる(国立精神・神経センター 自殺予防総合対策センター)
http://www.ncnp.go.jp/ikiru-hp/

内閣府自殺対策推進室
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/

全国精神保健福祉センター長会
http://www.acplan.jp/mhwc/index.html

各都道府県が行っているさまざまな自死対策/自死遺族支援
の取り組みが掲載されており、たいへん勉強になる。

良いもの、効果的なものは、どんどんマネをさせていただきつつ、
わがまちのオリジナルの対策を考えていけたらよいのではないか。

以下、引用

***********

2008(平成20)年09月03日
東京新聞
トップ>神奈川>9月3日の記事一覧

【神奈川】
命の大切さ訴え活動 平塚市 自殺予防週間に合わせ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20080903/CK2008090302000159.html



「こころと命のサポートのための本」
を集めた特設コーナー
=平塚市浅間町の市中央図書館で

自ら命を絶つ人の増加に歯止めがかからない中、
平塚市は10日の世界自殺予防デーと
同日からの予防週間に合わせ、
命の大切さを訴える活動に取り組む。
2日から28日まで、市立の4図書館に設置される
「こころと命のサポートのための特設コーナー」
では、70種類の関連本の閲覧などができるようにした。

同市では7月、全国の自治体に先駆け、
自殺を未然に防ぐ一方、残された親族への支援充実を図る
「市民のこころと命を守る条例」
を施行、さまざまな活動を始めている。

今回の図書館閲覧コーナー設置も、その1つ。
司書らが選択した書籍の中では
「借りた金で死ぬことなんかない」
「遺(のこ)された人びとの心の声を聴く」
「友達に死にたいと言われたとき、きみにできること」
など、年齢を問わず分かりやすいタイトルをつけたものが
目を引いた。ほかに、テレビドラマ化された
「1リットルの涙 難病と闘い続ける少女亜也の日記」
など、若者になじみやすい書籍も積極的に採用されている。

市によると、1997年に30人だった市内の自殺者数は、
翌年60人台へ倍増。その後50人前後で推移していたが、
景気後退が顕著になり始めた昨年、一気に70人を超えた
という。
(加藤木信夫)

2008年09月03日
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック