CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2008年05月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
同じ悲しみ背負わぬように 遺族の心情「魂しずめの詩」(産経新聞) [2008年05月31日(Sat)]
2008(平成20)年05月31日(土)
MSN産経ニュース
トップ>地方>北海道・東北 宮城>記事詳細

【特報 追う】
同じ悲しみ背負わぬように 遺族の心情「魂しずめの詩」
http://sankei.jp.msn.com/region/tohoku/miyagi/080531/myg0805310332000-n1.htm
2008.5.31 03:30

交通事故や自殺、集団暴行−。さまざまな理由で家族を
亡くした人たちの気持ちが、先月出版された
『魂しずめの詩』(ありのまま舎、1500円)
には詰まっている。平穏な生活を送っていたのに、
突然大切な家族を失ったら…。ページをめくるたびに
伝わってくるのは、恨みでも後悔でもない。
「同じ悲しい思いをする人がいないように」
という遺族の温かい気持ちだ。(今泉有美子)



「家族の自殺に悩む遺族に、同じ経験をした人が
いることを知らせてあげたかった。
私自身も同じ悩みを抱えた方との出会いに
救われましたから。
1人でも多くの助けになることは、
私にとっても励みになるんです」

同書に手記を寄せた仙台市青葉区の田中幸(さち)子さん(59)は
2年半前、警察官だった長男の健一さん=当時(34)=を自殺で失った。
健一さんは当時、宮城県多賀城市で高校生3人が死亡した
飲酒運転によるRV車の事故処理を担当。激務の末に心を患い、
自宅療養中に命を絶った。

大柄で優しく、おしゃべりだったという健一さん。
幸子さんとは、何でも話せる友達のような親子だった。
離れて住んでいたが、自殺の直前までメールでやりとりをしていた。

しかし幸子さんは、健一さんが仕事だけでなく、
人間関係の悩みも抱えていたことには気付けなかった。
健一さんは誰にも相談することなく死を選んだ。
幸子さんは自分を責めた。

落ち込む幸子さんに追い打ちを掛けたのは
「母親がいながら、なぜ止められなかったんだ」
という言葉だった。
「自分が生きていることが罪に感じ、何度も自殺を考えました。
それまで“自殺は弱い人がすることだ”なんて思っていたのにですよ」
と振り返る。

幸子さんを救ったのは、同じ思いを経験した人との出会いだった。
亡くした理由はさまざまでも、遺族の誰もが残った自分を責め、
生きていることへの罪悪感を抱えて生きていた。
「つらい気持ちを分かち合えるのは、行政でも精神科医でもなく、
自殺した家族を持つ遺族だけだと気付いたんです」。

それから、同じ悩みに苦しむ人を1人でも救おうと、
自ら声をかけ、自死遺族の集い「藍(あい)の会」
を立ち上げた。

「先日ある遺族の方から
『田中さんがテレビで元気に話す姿を見て
涙が止まりませんでした。私も頑張りたい』
とのメッセージをいただきました。うれしいことです。
自死遺族に対する偏見をなくすためにも、
私が元気だというメッセージを発信していきたい」
とほほ笑んだ。



「事故を恨んでも仕方ない。けれど
『道路に飛び出すことが危険』
と竜世が知っていれば、事故に遭わずにすんだかもしれない。
安全教育をする学校の先生や子を持つ親に読んでもらいたいと
思っています」

同県加美町で理容店を営む橋本勝喜さん(43)は、
平成15年9月、6歳だった次男、竜世君を交通事故で亡くした。
友達の家から帰宅中、路地に飛び出し、走ってきた軽自動車に
巻き込まれた。

負けず嫌いだった竜世君は、小学生以上が対象の剣道教室に
「お兄ちゃんとお姉ちゃんも通っているから」
と頼み込み、3歳の時から通わせてもらった。
幼稚園の時に参加した剣道大会では、自分よりもずっと大きな
相手を打ち負かし、小学3年生以下の部で優勝した。

絵を描くことも大好きだった。子供とは思えない作品を
完成させては、しばしば周囲の大人たちを驚かせた。
勝喜さんの印象に残っているのは、はかなく横たわる
一輪の花を描いた作品。淡い3色が塗られただけの背景に、
一輪の花が凛(りん)と咲いている。
「竜世がどうしてこんな絵を残したのか分かりません。
花が天国に向かっているように見えるんです」。
絵は額に入れられ、今もリビングに飾られている。

「小さな命でしたが、精いっぱい生きた竜世という
男の子がいたことを知ってもらいたい。
そして、命の重みを考えてもらいたい」。
勝喜さんはそう願っている。



【用語解説】

藍(あい)の会

「自死遺族が集える場所を」と約2年前に
田中幸子さんが立ち上げた。
毎月1回「わかちあいのつどい」を開き、
運営は遺族だけで行っている。

今月中旬、田中さんが
世話人を務める民間団体「全国自死遺族連絡会」が
初の集会を仙台で開催、遺族同士のつながりが
全国に広がっている。

連絡先は田中さん(電)022・717・5066。
コミュニティ・モデルからの自死対策 [2008年05月31日(Sat)]
宮崎市民は来年度から1人年間500円の増税の見通し。
宮崎市が新設の地域コミュニティ税を6月市議会に提出。

趣旨としては、なかなかいいセンではないかと思う。
賛成派、反対派のさまざまな議論のプロセスで、
「生き心地の良いまちづくり」の具体的な姿が現れたらいい。



自死対策においては「医療モデル」と「社会モデル」がある。
後者の1つに「コミュニティ・モデル」があると思う。

人間関係の希薄化、疎縁化が、地方ですら進んでいると言われる。
「孤立無縁」だと感じている方を減らし、地域に暮らすひとのつながりの
回復を考えることは、当然、自死や孤独死、犯罪などを減らすことにも
つながりそうだ。

行政や地元の自治会などが率先して損がなさそうな取り組みだ。
社会のあらゆる方々を巻き込み、ほどよく「孤立無援にさせない」
地域づくりを進めることは、行政的には本筋かも知れない。

こうした地域づくりの中で、生きづらさを抱えたひとがだれかに話せる、
話をきちんと聴いてくれるひとがいるという社会をめざしたい。

宮崎自殺防止センターはささやかながら、それをいま実践している。


以下、新聞記事からの引用

**********************

2008(平成20)年05月31日(土)
宮崎日日新聞
トップ>県内のニュース

地コミ税周知に3モデル地区選定 宮崎市、6月議会提案
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=8333&catid=74&blogid=13
2008年05月31日

宮崎市は、来年4月に導入する「地域コミュニティ税」
の周知を図るため、市内の3地区をモデル地区に選定し、
それぞれ130万円を助成する。税導入後に地区で
運用する際の参考にしてもらうことが狙い。
税について市民へのPRも兼ねており、
6月9日に開会する6月定例市議会の補正予算で提案する。

地域コミュニティ税周知事業で事業費390万円。
現在、市内の全18地区(15地域自治区と3合併特例区)に
対して意向調査を行っており、複数がモデル地区に
意欲を示しているという。

議会の承認が得られれば、6月上旬にそれぞれの地区の
事業概要を提出してもらい、3地区を選定。
早ければ8月中にも助成する。また、年末には
地域コミュニティー再生のシンポジウムを開き、
モデル地区の事例発表を行う。



2008(平成20)年05月20日(火)
朝日新聞 asahi.com 
トップページ>マイタウン>宮崎>記事

コミュニティ税、粗い周知 説明30分
http://mytown.asahi.com/miyazaki/news.php?k_id=46000000805200003
2008年05月20日



自治会であった新税の説明会で、市職員が読み上げる資料を
目で追う住民=宮崎市平和が丘西町

住民活動に使う名目で、来年4月から1人500円が
課税される宮崎市の地域コミュニティ税。
市民からの「導入ありき」「周知不足」などの批判を受け、
3月の市議会は実施の1年先送りを決め、
市は自治会への説明会やチラシ配布など新税の広報に
努めている。ただ、既定路線がゆえの行政のおざなりな
姿勢からは、新税導入で地域の課題や住民自治が
どう進展するかなど突っ込んだ議論は聞こえてこない。
住民の間には
「決める前に市民とまちづくりなども含めて十分に
議論すべきことで、順番が逆」
との反発も根強い。
(高玉歩)

同市の平和が丘自治会で16日夜にあった新税の説明会。
約80人の参加者にはA3判の表裏に印刷された
チラシ1枚が配られ、市職員が
「税は1人500円」
「すべて地域のために使われます」
など概要を駆け足で話した。

女性からは
「500円から増税されることはないのか。
そもそも導入前に説明がなく納得いかない」
など厳しい意見も出た。

が、職員が
「初めて聞いた人は理解するのが難しいと思うので、
不明な点は窓口に電話してほしい」
と締めくくり、約30分で終わった。

新税の広報を巡っては、3月議会の採決を前に
全700の自治会のうち約1割にしか説明して
いなかったことや、
「全戸配布した」
としたチラシが一部に未着だったことなどが明らかになり、
与党系の市議からも
「周知不足で時期尚早」
の声が上がった。

そのため市は可決後、市内の全自治会を対象に職員を派遣。
順次説明会を開き、14日までに約150の自治会で終えたという。

また、自治会に未加入の世帯も多いため、市民税の納税通知書と
一緒に新税の案内チラシを配布。さらに市の広報誌や新聞などに
4月から1年間、特集や広告を掲載する。

新税は、市民税均等割が課税される約16万人が対象。
約8千万円の税収は基金で管理し、人口に応じて
市内18地域に配分され、里山保全など
「住民主体のまちづくり」事業に充てられる。

各地域自治区や合併特例区内に設置する
「地域まちづくり推進委員会」が事業を実施する。

地元の自治会総会で市の説明を受けたという市議は、
職員がただチラシを住民に配って読むだけの説明方法に
違和感を覚えた。

「もう導入は決まっているのだからどうでもいいだろうと
いう印象さえ受けた。新税は自治会に配分されると
いまだに勘違いしている自治会長もいる。
まったく説明は尽くされていない」
と話す。

市が配布するチラシについても、ある自治会長は
「難しい『役人言葉』が並んでいて、1回読んでも
理解できない。誰が、どのように使うのかがわかりにくい」。

また、新税に一貫して反対してきた田代町自治会の吉行三十四会長は
「そもそも市民への説明は、導入前にするべきだった。
今更来られても、実施は決まっており、深まった議論ができない」
といらだちを隠さない。

地域コミュニティ課の羽木本光男課長補佐は
「時間が限られるなか、一度の説明で100%理解して
もらえたとは考えていない。出前講座などを通じて
今後も周知をはかっていきたい」
と話している。



「コミュニティ税をなくす市民の会」が19日、結成された。
宮崎市の市中央公民館であった初会合には、市民や市議ら約30人が参加。

10万人を目標に新税導入の廃止を目指す署名を集め、
9月議会前をめどに津村重光市長らに提出する方針という。

会では、参加者から
「使い道も具体的に決まっていないのに税を取るのは順番が逆」
「予算という枠を作ってしまうとそれを使い切ろうと無駄遣いが生まれる」
などの批判が噴出。

岩切八郎事務局長(65)が
「大きな運動にしていき、たくさんの署名を集めて、
議会に揺さぶりをかけよう」
と呼びかけた。

会長に就任した金田真理さん(58)は
「市民税を払っているのに、さらにコミュニティ税を払うのはおかしい。
条例廃止を目指したい」
と意気込みを語った。

*************************

以上、引用終わり
絆結ぶ黄色いハンカチ(朝日新聞) [2008年05月31日(Sat)]
2008(平成20)年05月31日(土)
朝日新聞 asahi.com
トップ>マイタウン>宮崎>記事

絆結ぶ黄色いハンカチ 延岡の集落で
http://mytown.asahi.com/miyazaki/news.php?k_id=46000000805310002
2008年05月31日



玄関先に黄色いハンカチを掲げる黒木ハツ子さん。
「旗を出すことで周りの人たちに守られているような気持ちになるんです」
=延岡市北川町の下赤地区

元気なら毎朝、玄関先に黄色いハンカチを――。
延岡市北川町の小さな集落で始まった、お年寄りの安否を
確認する取り組みが町内全域に広まりつつある。
「異変」が起きたとき、いかに周囲に早く気づいて
もらうかを地域で考えた結果だ。当初は3地区だったが、
今では10地区に拡大、同町内の半数以上の世帯に浸透している。
(二宮俊彦)

黄色いハンカチ運動を始めたのは山あいの八戸、下赤、上赤地区の
計約120世帯。自治公民館長や民生委員らでつくる
「下赤校区ふるさとネットワーク会議」のメンバーが、
物品販売などで得た収益で黄色い布を購入。
4年前に竹の棒と一緒に地区内の全戸に配ったのが始まり。
全世帯を対象にしたのは、高齢者の自宅が特定されないよう
配慮したためだ。

朝起きたら、玄関先や通りに面した場所に黄色いハンカチを出し、
夕方には中へ入れる。ハンカチが出ていなければ、近所の人が
声をかけるなどして、安否を確かめる。

下赤地区に住む一人暮らしの黒木ハツ子さん(78)は
毎朝7時には、ハンカチを玄関先に掲げる。
「近所の人に『きょうも元気じゃねー』と思ってもらうことで、
見守られている気持ちになり、安心する」。
何度か寝過ごして、近所で大騒ぎになったこともあったという。

運動のきっかけは、高齢者宅を狙った悪質な訪問販売が増えたこと。
98年に地区を貫く国道326号が整備され、交通量が増大。
山あいの小さな集落にも県内外からセールスが来て、
トラブルも目立ち始めた。同地区の高齢化率は37%前後で、
同会議が地域全体でお年寄りを守ろうと、黄色いハンカチ運動を考案。
「警戒されている」とためらったのか、訪問販売の苦情が
ピタッと止まった。

同市北川町総合支所の後押しや運動の成果が評判を呼び、
これまでに町中心部に近い飛石、深瀬など7地区
(計約810世帯)にも拡大。同町内の約58%の世帯に
ハンカチが配られるまでになった。

発起人の1人で、下赤地区に住む市職員の伊藤信幸さん(53)は
「自分たちの地域は自分たちで守るという意識が芽生え、
地域の絆(きずな)も深まった。黄色いハンカチはその象徴の
ようなもの。町内全域に広まってくれれば、うれしい」
と話している。
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック