CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2008年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
Yahoo ! ニュースの威力 (@_@) [2008年03月25日(Tue)]
インターネットの影響力にはびっくりさせられる。

NPO法人国際ビフレンダーズ
宮崎自殺防止センターのホームページ
http://www3.ocn.ne.jp/~spcmiya/

2008(20)年03月25日(火)には、
過去最高のアクセス数を記録した。

その数、およそ 3,000 アクセス近く。
(ふだんのアクセス数のざっと 100倍以上;)



西日本新聞の記事が、某有名ポータルサイト、
ヤフーのニュース記事(トップ画面)に、
昼間、およそ3時間半ほど載っていたようだ。

同じ画面に、宮崎自殺防止センターのリンクを
貼っていただいていたことから、
「ついでクリック」が激増したのだろう。

いずれにしても、まじめにコツコツと地道で息の長い活動を
続けていくことが、宮崎自殺防止センターのミッションである。

ヤフーニュース担当者のみなさま、
ご配慮ありがとうございました _(_^_)_



まずは、多くの方々に「知っていただく」ことが、
自死対策の最大のポイント。

さまざまな方々に、宮崎自殺防止センターの活動を
わかっていただけたらうれしい。

自死問題について、自死遺族支援について、
また「生きる」問題について、少しの時間だけでも
多くの方々に考えていただけたら、と願う。


以下、ヤフーのホームページから引用

*******************

Yahoo! JAPANのトップページで取り上げた
トピックスをバックナンバーとアーカイブとして
掲載しています。

自殺問題 で取り上げた7件中6〜7件を表示しています。


自殺率2位に東国原知事ショック - 国内 3月25日(火)12時28分〜15時50分

「自殺率」全国ワースト2 前年同期比35人増加 県、うつ病対策強化へ
http://backnumber.dailynews.yahoo.co.jp/?m=m20080325-024&e=suicide

県自殺対策推進本部(本部長・東国原英夫知事)が24日開かれ、
2007年10月までの県内の人口10万人当たり自殺者数
「自殺死亡率」が29、1人(前年同期比3、2ポイント増)で、
秋田県に次ぎ、これまでで最悪の全国ワースト2になったことが
分かった。全国平均は20、5人。県内自殺者数は、男性237人、
女性95人の計332人(同35人増)に上った。(西日本新聞)

[記事本文]

県自殺対策推進本部を設置 - 知事日誌「2007年11月19日(月曜)」。宮崎県庁

自殺 - グラフ。厚生労働省「都道府県別にみた死亡の状況
―平成17年都道府県別年齢調整死亡率の概況―」

宮崎自殺防止センター

宮崎県政 - Yahoo!トピックス


この記事を掲載したトピック - 自殺問題

****************************

以上、引用終わり








毎日新聞(2008年03月25日) [2008年03月25日(Tue)]
2008(平成20)年03月25日(火) 西日本新聞

「自殺率」全国ワースト2 
前年同期比35人増加
県、うつ病対策強化へ
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/miyazaki/20080325/20080325_002.

shtml

県自殺対策推進本部(本部長・東国原英夫知事)が
24日開かれ、2007年10月までの県内の人口
10万人当たり自殺者数「自殺死亡率」が29.1人
(前年同期比3.2ポイント増)で、秋田県に次ぎ、
これまでで最悪の全国ワースト2になったことが
分かった。全国平均は20.5人。県内自殺者数は、
男性237人、女性95人の計332人(同35人増)
に上った。

年齢別では、50代が94人(約28%)で最も多く、
50代‐70代以上は計225人(約68%)で、
働き盛りの壮年期や高齢者の自殺が増加した。
地域別では、06年度から保健師らがうつ病対策などに
取り組む西諸県が前年同期比18人減少したが、
都城北諸県は同21人増、日向入郷は同10人増加した。

県の自殺率は1996年以降、全国ワースト3‐7を推移。
一方、自殺率上位の青森県など東北地方では、保健師養成などで
自殺率が年々減少しているという。県では08年度、うつ病対策
強化を柱に市町村と連携した自殺対策支援や産業医などの
人材育成、自殺未遂者・遺族ケアなどの「自殺ゼロ」プロジェクト
推進事業に取り組む。

東国原知事は24日の定例記者会見で、自殺率増加について
「ショックだ。自殺者が減った地域などを分析し、効果的な対策
を探って積極的に対応する」と述べた。

=2008/03/25付 西日本新聞朝刊=

2008年03月25日(火)00時27分
宮崎日日新聞(2008年03月35日) [2008年03月25日(Tue)]
2008(平成20)年03月25日(火)
宮崎日日新聞

(トップ面)
本県自殺率ワースト2
10万人当たり29.1人
昨年1−10月期

昨年1−10月の県内の自殺者数が332人に上り、
自殺率(人口10万人当たりの自殺者数)は29.1人と
秋田県の32.4人に次ぐ全国ワースト2だったことが
分かった。24日、県が発表した。年間データは6月
ごろにまとまる予定だが、11、12月の状況によっては
全国最悪となる可能性もある。(28面に関連記事)

自殺者の内訳は、男性237人、女性95人。
50代男性が70人で最も多く前年同期比で21人の
大幅増。ほかに、50代女性が11人増の24人、
70代以上男性が16人増の55人などとなっている。

県内7つの地域別では、6地域で増加しており全県的に
増加している。特に都城・北諸地域は前年同期比21人増の
68人、日向・入郷地区も10人増の29人と目立つ。

一方、前年まで自殺率が最も高かった西諸地域は、住民への
講習会で意識向上や自殺につながる可能性があるうつ病の
早期発見などの対策を重点的に進めた結果、18人減の31人。

本県の自殺者数は1997年から毎年300人を超え、
自殺率も全国10位以内で推移している。県が昨年から
今年3月にかけて医師や遺族などに行ったアンケート調査では、
自殺やうつ病に対する偏見や多重債務に関する対策の必要性が
浮き彫りとなっている。

県は新年度、官民合同の対策協議会を設けて数値目標を定め、
メンタルヘルスに関する知識を持った医師や看護師の育成など
具体的な対策に乗り出す。

同日、県庁であった県自殺対策推進本部の第2回会合で、
東国原知事は「原因を究明し、全国ワースト2の汚名を
返上しなければならない」と危機感を示した。



(社会面=28面)
自殺率ワースト2
早急な解決は困難
全県的取り組み不可欠

本県の昨年1−10月の自殺率が全国でワースト2に
なったことに、県内の関係者は大きな衝撃を受けた。
県などは数年前から自殺防止に乗り出しているが、
思うような成果が出ていないことにことに戸惑いも。
自殺の背景にはうつなどの病気に加え、高齢化や
不景気による経済事情も複雑に絡んでいるだけに、
関係者は「早急な解決は容易でない」と話している。

自殺者を見ると、特に目立つのが50代の男女。
カウンセリングの専門家は「男性には弱音を吐かない
などの価値観がある」とし、相談件数も少ないという。
女性についても、宮崎大学医学部の石田康教授(精神医学)
は「リストラや社会保障費など、男性と同様の悩みを
抱える状況になっている」とみる。

一方、唯一改善がみられた西諸地域。うつ病の早期発見、
ケアなど地域一体での対策を進め、県は効果が表れつつ
あるとの見方を示す。しかし、石田教授は「(改善は)
一時的な可能性もあり、数年後に検証する必要がある。
全県的な取り組みにするには相当の労力が必要になる」
と指摘する。

自殺の原因は、健康や経済面など複合的な要因が絡む。
特定非営利活動法人(NPO法人)宮崎自殺防止センター
(甲斐妙子所長)によると、昨年10月の開設以来、
精神疾患や人間関係、多重債務などの相談が1か月に
50−60件程度寄せられているという。

「うつや自殺への偏見をなくし、相談しやすい環境を
つくることが必要」と関係者。
県は4月から自殺防止の事業に取り組む方針で、
具体的には相談専用のホームページを開設し、
県精神保健福祉センター(宮崎市)での外来相談を
充実することにしている。

ただ、対策の効果が出るのは数年かかるとみられる。
甲斐所長は「地域や職場で声を掛け合うなど、
県民1人1人ができることをやっていかなければ」
と訴えている。



本県の自殺者数と自殺率の推移(省略)
(1997年から2007年までの
 棒グラフと折れ線グラフ)



宮崎日日新聞はわたしたちの地元紙。
宮崎県の自死問題を、社会的な問題として
大きく取り上げてくださったことに感謝したい。

これからますます産官学民が力を入れて取り組んでも、
結果が数字として現れるのは数年間も先かも知れない。

息長く、けっして燃え尽きないようにがんばっていきたい。





| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック