CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2008年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
ひとをだいじにする宮崎県 [2008年03月24日(Mon)]
3年前の青森県の地方紙『東奥日報』紙の社説をネットで読み、
納得できるところがたいへん多かった。さすが、青森県。

「自己責任」という概念が、「他者を想う、大事にする」ことから離れ、
「他人のことなどかまってられない」気持ちに堕ちてしまったときに、
緊張、孤独感、孤立無援感、「死にたい」気持ちが生まれると考える。



先日の『さんまのからくりTV』の中でも、いつもどおり、
東国原英夫宮崎県知事が、子育て支援や中山間地域の振興の必要性を
まじめにいっしょうけんめい力説してくださっていた。感動した (T^T)
これもまた、広い意味での自死対策ではなかろうか。

たとえば、温泉を掘り当てた[みんなの経済が潤った]ために、
村の自殺率が減ったという話をどこかで聞いたことがある。

都道府県別の自殺率の高さと、県民所得(の低さ)、失業率(の高さ)とは、
表やグラフでみるかぎり、かなりの相関が有りそうにみえる。

宮崎県の自死対策は、精神保健福祉分野ばかりではなく、
雇用・労働分野や教育分野、土木建設分野、農業分野など、
ありとあらゆる分野にわたって行われるべきだ。
もちろん、元気な民間団体との協働は必須だと考える。



以下、引用

**************************

2005(平成17)年07月20日付け
東奥日報 社説(国の自殺対策/弱者に冷たい構造変えよ)
http://www.toonippo.co.jp/shasetsu/sha2005/sha20050720.html

(中 略)

「日本企業はバブル崩壊、グローバリズムの大波で
終身雇用と年功序列を能力主義に転換した。
リストラ一段落後も自殺者が減らない理由は
“要・不要の選別メカニズム”が社会構造に
組み込まれたからだ」。
そうした社会評論家の指摘は鋭い。

現代社会はかつてなく緊張度が高い。誰しも自分のことで
精いっぱい。他人に構ってはいられない。他人を思いやれ
なかった分、自分の苦境時に助けを求められない悪循環が
起きている、という。

高自殺率地域は本県をはじめ秋田、岩手、島根、高知、
宮崎県など、過疎の衰退農村部を抱えた自治体が目立つ。

本橋 豊 秋田大教授(公衆衛生学)は「農村空洞化が
自殺多発と結び付いている。失業率と自殺率は比例するという。
交通事故同様、自殺は社会的に避け得る死だ」と説く。

自殺者高止まりの背景に社会の構造変化があるとすれば、
対策は容易ではない。しかし、同胞の死を看過するわけ
にはいかない。

政府の急務として弱者切り捨て行政の見直し、過疎化対策の
重要性再認識がある。そして弱者に冷たい社会構造の
「人間回復改革」を、究極の戦略目標とすべきではないか。

****************************

以上、引用終わり
【報道】宮崎県の自殺率が07年は2位(暫定値) [2008年03月24日(Mon)]
NHK宮崎放送局 ホームページより

県内の自殺者が増加

知事を本部長とする宮崎県の自殺対策推進本部の
会議が開かれ、人口10万人あたりに占める
自殺した人の割合が去年10月末の時点で、
全国で2番目に高くなっていることが報告されました。

自殺対策推進本部は自殺の予防対策に幅広く取り組むため
県庁内の11の部局で構成し去年11月に設置されました。

県庁で開かれた会議では東国原知事が、
「自殺者が多いのは憂慮すべき事態です。
対策を推進するため積極的な意見をお願いします」
と挨拶しました。会議では、県内で自殺した人の
去年10月末の時点の状況について報告があり、
去年1月から10月末までに自殺で亡くなった人は
332人に上り、前の年の同じ時期と比べて、
35人増えました。

年齢別では50代の男女と70代の男性が大きく増え、
このうち50代は、
▼男性が21人増えて70人、
▼女性が11人増えて24人、
となりました。
また、70代の男性は55人と16人増えました。

この結果、人口10万人あたりに占める自殺した人の割合は、
秋田県の次に全国で2番目に高くなりました。

宮崎県では平成9年以降、自殺して死亡した人が
年間で300人を超えています。

今回の結果について県は、「働き盛りの年代に
自殺者が多いという傾向が強く出た。
自殺者が少ない地域の取り組みなどを参考に対策を
研究したい」と話しています。



MRT宮崎放送 ホームページより
NEWS BOX

2.県内の自殺率・全国ワースト2位
 (03/24 17:46)

去年1月から10月の間に自殺した人の数は、
県内で332人に達し、人口10万人当たりで、
全国ワースト2位となっていることが分かりました。

これは、24日開かれた、県の自殺対策推進本部の
会議で明らかになったものです。それによりますと、
県内で去年1月から10月までに自殺した人の数は、
おととしの同じ時期より、35人多い332人で、
人口10万人あたりでは、29・1人と、
全国ワースト2位となりました。

男女別では、男性が女性の2倍以上で、
年代別では、50代が94人と最も多く、
3割近くを占めました。

(東国原知事)
「宮崎は明るくて元気だというイメージがある。
緑と太陽で南国で・・・。何も悩みはないのではと
いうイメージでとらえられているところで自殺者が
増えている。自殺率が増えている。私の心の中でも
結構ショックだった」

県では、新年度から、自殺対策に総合的に取り組む
「自殺ゼロプロジェクト」を展開するなどして、
増加する自殺に歯止めをかけたいとしています。



宮崎日日新聞社 ホームページより

県内のニュース

自殺者数が最悪ペース 10万人当たり29人
19:11

昨年1−10月の県内の自殺者数は332人で
過去最悪のペースで増加していることが24日、
県のまとめで分かった。自殺で亡くなった人の割合
(自殺率)は人口10万人当たり29・1人と、
全国でも秋田県(32・4人)に次ぐワースト2。

年間を通したデータは6月ごろにまとまる予定だが、
11、12月の状況によっては全国最悪の状況となる
可能性がある。

昨年1−10月の自殺者数の内訳は、男性237人、
女性95人。男女、年代別で最も多かった50代男性は
70人で、前年同期比で21人の大幅増。ほかに、
50代女性が11人増の24人、70代以上男性が
16人増の55人と大きく増えている。
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック