CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
不況、自殺急増の悪夢 NPO「10年前を繰り返すな」(朝日新聞) [2008年12月22日(Mon)]
2008(平成20)年12月22日(月)
朝日新聞
asahi.com>ニュース>社会>その他・話題

不況、自殺急増の悪夢 NPO「10年前を繰り返すな」
http://www.asahi.com/national/update/1222/TKY200812220122.html
http://www.asahi.com/national/update/1222/TKY200812220122_01.html

世界の金融不安を引き起こした9月の「リーマン・ショック」
以降、不況を背景にした自殺が今後、増えるのではないか
という危機感が広がっている。金融危機が経済に深刻な影響
を与えた97年度との類似性も指摘され、NPOを中心に
未然に防ごうとする動きが強まっている。

日本銀行が、第1次オイルショック以来の景気悪化傾向を
発表した15日の午後。多重債務者の相談を受けている
「全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会」の東京・神田の
事務所に1人の男性(43)が訪ねてきた。
07年夏に人材派遣会社から山梨県の会社に派遣され、
建築関係の仕事をしていたが、11月10日付で解雇を
言い渡されたという。

寮も追い出され、東京に出て安いホテルなどを転々としながら
仕事を探したが見つからない。親兄弟とも20年以上行き来が
なく、頼る身よりはなかった。所持金もなくなり、自殺しよう
と、富士山のふもと、青木ケ原樹海へと入ったが死にきれず、
保護された警察に事務所を紹介されたという。

自殺者が多い樹海に借金の相談を呼びかける看板を設置した
連絡協議会によると、看板を見た人からの電話が、リーマン・
ショック以降の11月に8本かかってきた。

こういった状況に自殺防止に取り組むNPO「ライフリンク」の
清水康之代表は
「98年3月のころと同じような雰囲気を感じる」
と話す。

「98年3月」は、山一証券、北海道拓殖銀行が経営破綻
(はたん)するなど、金融不安が全国を覆った97年度の決算期。
警察庁などの統計によると、この1カ月だけで、全国で3265人
が自殺。前月より約1000人増え、98年の自殺者は約3万
3000人に達した。以降、年間の自殺者は、3万人前後で
高止まっている。

来年3月に向けて、同様のことが繰り返されかねない。
そんな危機感から清水さんたちは先手を打つことにした。
1日から、ライフリンクは、抱える悩みの解決に合った相談窓口
を見つけられる総合サイトを開設。
「生活・お金の悩み」
「仕事・事業の悩み」
などの項目や、住んでいる地域などを選びながら、問題が相談
できる行政窓口やNPO法人の連絡先にたどり着ける仕組みだ。

さらに15日には、自殺防止につながる施策を広く知らせるため
の研修会を東京都庁で開いた。東京都社会福祉協議会の
「緊急小口資金貸付制度」などを説明。多重債務者の相談窓口
など切実な人生相談を受ける現場の人たち約130人が集まった。
23日にも同様の研修会を開く予定だ。

清水さんは
「自殺をしなくても、助けてくれる制度はたくさんある。
ただ知られていないことが多い。生きる最後の望みをかけて
相談してくれた人の勇気に応えられるようにしたい」
と話している。

23日の研修会の申し込みや、問い合わせは
ライフリンク(03・3261・4934)。
総合サイトのアドレスは http://lifelink-db.org/

(岡田 健)

2008年12月22日15時00分
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック