CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
自殺防止センター:つらさ、少しでも和げば 来月1、2日に電話相談/東京(毎日新聞、朝日新聞) [2008年12月31日(Wed)]
2008(平成20)年12月29日(月)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>東京

自殺防止センター:つらさ、少しでも和げば
来月1、2日に電話相談/東京
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20081229ddlk13040104000c.html

◇ 雇用不安受け24時間対応
NPO法人東京自殺防止センター(新宿区)は来年1月
1〜2日、電話による「24時間特別相談」を実施する。
通常は夜から翌朝にかけての対応だが、自殺を考える人が孤独を
感じやすいとされる正月に合わせ、時間を大幅に延長する。

同センターは年中無休で午後8時〜午前6時に電話相談を
受け付けているが、雇用問題など厳しい社会情勢を踏まえ、
24時間対応を決めた。担当者は
「電話をすることで、自殺したいほどつらい思いを少しでも
和らげてもらえれば」
と呼びかけている。

特別相談は31日午後8時〜1月3日午前6時、
03・5286・9090。

【伊藤直孝】

〔都内版〕

毎日新聞 2008年12月29日 地方版



2008(平成20)年12月31日(水)
朝日新聞
asahi.com>ニュース>社会>その他・話題

元日、2日は24時間特別相談 東京自殺防止センター
http://www.asahi.com/national/update/1231/TKY200812300182.html

悩んだり苦しんだりしている人の声を電話で聴く活動を続けて
いるNPO法人「東京自殺防止センター」(新宿区)は、
元日と2日、24時間態勢の特別相談を実施する。
不況による解雇など厳しい社会情勢のなか、正月に孤立感を
募らせて自殺する人が出ないようにと緊急に決めた。
(大井田ひろみ)

同センターは通常、午後8時から午前6時まで年中無休で
無料相談を受け付けている。電話相談が中心だが、必要に
応じて面接や手紙での相談にも応じる。相談を受けるのは、
研修を受けたボランティアの相談員だ。年間自殺者数が
初めて3万人を超えた98年に設立した。

普段はさびしさや孤独感を訴える電話が多い。しかし、
この1カ月は、世界的な景気悪化による雇い止めや派遣切り
を受け、
「働く場所がなくなった」
「年内で仕事を打ち切られる」
「就職したくてもできない。将来がとても不安だ」
といった声や借金の悩みが目立った。

「私だけひとりぼっち」
「自分以外の人はみんな楽しそう」。
24日のクリスマスイブにはそんな相談電話も寄せられたため、
「多くの人が家族だんらんのときを過ごすお正月は、孤立した
人にとってつらい気持ちが募りがち。なんとかできないか」
と24時間電話相談の実施を決めた。

今回、元日と2日に24時間対応することで、31日午後8時から
1月3日午前6時まで、続けて相談を受けることができるように
なる。同センターは
「電話を通してつながることで、自殺したいほどつらい気持ちを
和らげてほしい」
と話している。

電話番号は、通常と同じ(03・5286・9090)。

2008年12月31日03時03分
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック