CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
自殺者:県内、年200人超え 香川いのちの電話協会、相談員不足が深刻/香川(毎日新聞) [2008年12月30日(Tue)]
2008(平成20)年12月30日(火)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>香川

自殺者:県内、年200人超え
香川いのちの電話協会、相談員不足が深刻/香川
http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20081230ddlk37040273000c.html

◇ 大切な命、守ろう
◇ 講座募集方法の見直し検討
−−24時間相談、深夜早朝の確保難で

全国の自殺者数が98年以来10年連続で3万人を超え、
県でも、年200人を超える人が自らの命を絶っている。
これを食い止めるため活動する「香川いのちの電話協会」
(小島克己理事長)で、相談員となるボランティア不足の
問題が深刻化。協会は相談員になるための講座の募集方法
を見直す検討を始める。
【中村好見】

1畳ほどの小さな部屋に、机といす、そこに電話1台があり、
相談員が構える。この部屋が2部屋、つまり2回線で相談を
受けている。相談員から電話を切ることは原則としてない。
交代で24時間相談を受け付けるが、深夜から早朝の時間帯
には、相談員の確保が難しいこともあるという。

さらに今年4月から全国で毎月10日、フリーダイヤル
「自殺予防いのちの電話」が新たに開設され業務が増大し、
相談員の不足は深刻になった。

24年間、相談員を続ける女性(72)は、
「『いのちの電話のお陰で生きている』と言ってくれる人
がいる。人の命と向き合うのはつらいこともあるが、
こんな私でも役立ったと思える瞬間が喜び」と話す。
また、普段は看護師として働く女性(60)は
「仕事の役に立つのではないかと思い、4月から始めた。
仕事の合間に続けることは大変だが、ここでのさまざまな
出会いや、学ぶ機会が大切」
とやりがいを話した。

相談員は、養成講座(研修課程と実習課程)を受講後、
認定委員会の認定を受け、毎月2回の電話相談を担当する。
これまで養成講座は、相談員になりたい人を対象にして
募っていたが、今後は関心のある人も受講できるよう
門戸を広げる案が挙がっている。検討に時間を要するため、
募集開始は例年4月だが、新年度は10月ごろになる予定。
相談員の募集や後援会の入会についての問い合わせは、
事務局(087・861・7065)。

毎日新聞 2008年12月30日 地方版
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック