CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
患者の気持ち大切に 医師ら緩和ケア知識学ぶ(宮崎日日新聞) [2008年12月26日(Fri)]
2008(平成20)年12月26日(木)
宮崎日日新聞
ホーム>地域の話題

患者の気持ち大切に 医師ら緩和ケア知識学ぶ
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=13696



都城緩和ケア研修会(特定非営利活動法人=NPO法人=日本緩和医療学会
主催、医療法人倫生会三州病院共催)は20、21日、都城市姫城町の
都城市北諸県郡医師会館であった。市内の医師ら18人が、がん治療における
緩和ケアの知識などを学んだ。

昨年施行されたがん対策基本法により、治療初期から緩和ケアを切れ目なく
実施することが必要となった。このため、がん診療に携わるすべての医師が
緩和ケアの知識を持つことを目指し、県内で初めて開催された。

初日は聖路加国際病院(東京都)の医師らが緩和ケアの知識や症状別の
緩和の方法を講義。2日目は講義のほか、3人1組で患者にがんを告知する
設定でのロールプレーを行った。医師と患者に分かれて実演し、医師役は
患者の気持ちに配慮しながら病状などを告知。患者の質問に受け答えをして
コミュニケーション技術を磨いた。

患者役を体験した藤元早鈴病院の荻田幹夫さん(47)は
「告知で治らないと聞いた瞬間、頭が真っ白になった。立場を理解
していたつもりだったが、想像以上の心境になると感じた」
と話していた。

2008年12月26日

コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック