CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
埼玉いのちの電話:相談員が足りません(毎日新聞) [2008年12月18日(Thu)]
2008(平成20)年12月18日(木)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>埼玉

埼玉いのちの電話:相談員が足りません
ボランティア募集、20日に説明会/埼玉
http://mainichi.jp/area/saitama/news/20081218ddlk11040307000c.html

◇ 24時間態勢、いのちの電話
精神的な危機に直面した人を支援しようと、
悩み相談を受け付ける「埼玉いのちの電話」が、
ボランティア相談員を募集している。
20日午後1時半、さいたま市大宮区の
大宮ソニックシティ602号室で説明会を開く。

埼玉いのちの電話は91年9月に開局。
約250人の相談員が24時間態勢で対応している。
07年の相談件数は2万2652件に上り、
1日平均約70件。自殺に関する電話は
全体の9%を占める。
1件あたりの相談時間は平均約34分。
年代別では30代が最も多く、40〜50代からの
相談が増加している。

スタッフの1人は
「解決方法を指示するのではなく、相手の話に
じっと耳を傾けて心の落ち着きを取り戻してもらう。
絡まった糸を解きほぐす手助けができれば」
と話す。

事務局によると、話し中でかかりにくい状態となる
ことが多く、すべての電話に応じられないのが悩みで、
相談員が増えれば改善できると期待している。

研修費用は自己負担で相談活動にも報酬はない。
しかし、
「活動を通じて自分に返ってくるものは大きく、
相手と気持ちが通じたと実感できたときや、
電話してよかったと言われると喜びを感じる」
とスタッフは話す。

応募資格は25〜62歳の男女で、専門知識がなくても、
相手の話を聞こうとする姿勢が必要。
09年4月から1年半、週1回2時間のグループ研修
を受ける。
その後に相談員になると月2回、電話相談を担当する。
応募締め切りは09年2月9日。
問い合わせは同事務局(電話048・645・4322)。

【小泉大士】

毎日新聞 2008年12月18日 地方版
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック