CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
池田小事件 父語る(読売新聞) [2008年12月14日(Sun)]
2008(平成20)年12月14日(日)
読売新聞
ホーム>地域>奈良

池田小事件 父語る
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nara/news/20081213-OYT8T00841.htm?from=nwlb



大勢の市民らが参加し、酒井さんの話に
聞き入った(桜井市の市民会館で)

世界人権宣言から60周年を記念し、
桜井市の市民会館で13日、
「人権文化を育てる市民の集い」
が開かれ、児童8人の命が奪われた
大阪教育大付属池田小児童殺傷事件で、
長女麻希ちゃん(当時7歳)を亡くした
父親の酒井肇さん(46)が
「被害者支援の原点に戻って」
と題して講演した。犯罪被害者への支援
などを訴え、約600人が聞き入った。

酒井さんは、事件後、大阪府警の警察官が、
家事や子どもの送迎を手伝ってくれたこと
を紹介。
「わずかな事が、実に大きな支えになった」
と振り返り、
「犯罪被害者の具体的な支援体制作りが必要」
と話した。

また、事件から5か月後、大阪府警が行った
校舎内の血痕のDNA鑑定で、麻希ちゃんが
約50メートルも逃げていたことを初めて
知ったといい、
「麻希の残してくれた『生きたい』と言う
メッセージに応えたいと思った。
私たちの思いや経験を話すことで、
再発防止につなげたい」
と語った。

4歳の息子と参加した桜井市の主婦
太田享子さん(42)は
「子どもの安全のために、親として何が
できるのかを改めて考えさせられた」
と話していた。

(2008年12月14日 読売新聞)
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック