CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
ハローワーク:派遣労働者の住居確保支援 15日から窓口(毎日新聞) [2008年12月12日(Fri)]
2008(平成20)年12月12日(金)
毎日新聞
トップ >ニュースセレクト>話題

ハローワーク:派遣労働者の
住居確保支援 15日から窓口
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20081213k0000m010088000c.html

厚生労働省は12日、契約を中途解除されたり更新を拒絶されて
職を失った派遣労働者などを対象に、生活相談に応じる窓口を
主なハローワーク187カ所に開設して15日から相談を
受け付けることを決めた。

年末に向け、派遣切りで住居を失う可能性のある労働者が
多数出ることが想定されることから、住居確保を中心に
踏み込んだ支援を行う予定だ。
【東海林智】

窓口では寮付きの求人情報、職業訓練などの紹介とともに
具体的な住居確保の相談に乗る。
中途解除で寮を出ることを迫られている労働者に対しては、
派遣会社に契約終了まで無料で寮を提供するように
ハローワークが指導する。

ほかに、廃止決定されていない全国に約1万3000室
ある雇用促進住宅への緊急避難的入居について、
雇用保険の被保険者資格がなくとも入居可とし、
連帯保証人や所得証明を必要とした要件も緩和して、
6カ月間の入居とする。
住宅の敷金、礼金や半年分の生活資金の貸し出しも
実施する予定。
国がこれだけの規模で労働者の住居確保に向けた
支援をするのは初めてという。

厚労省によると、非正規雇用の契約途中での
「雇い止め」や期間満了時の更新拒否で
来年3月までに約3万人が職を失うとみられている。

このうち、製造業などの派遣で働く労働者は約2万人
というが、派遣労働者を組織する労働組合幹部は
「実態はその数倍に上るだろう」
と懸念。
これらの多くが失職と同時に住居も失うとみられている。
失職が住居喪失に直結する状態にあり、労組は住居確保
の支援拡大を求めていた。

産業界では、トヨタ6000人▽日産1500人▽
いすゞ1400人▽マツダ1300人▽
三菱自動車1100人以上▽大分キヤノン約1100人
−−など、非正規雇用の削減や契約打ち切りが
打ち出されている。

生活相談の問い合わせは最寄りのハローワークへ。
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック