CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
中国は「自殺大国」世界一、経済発展のかげで深まる孤独(AFP_BB_News) [2008年12月12日(Fri)]
2008(平成20)年12月12日(金)
AFP_BB_News
トップ>ライフ・カルチャー>ライフ

中国は「自殺大国」世界一、経済発展のかげで深まる孤独
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2547707/3598961



(左上から、時計回りに)
重慶(Chongqing)で橋から飛び降りようとした
女性を抱え込む警官ら(2008年11月30日撮影)。

西安(Xian)で鉄塔から飛び降りようとする男性と
説得に当たる救助隊(2006年3月25日撮影)。

重慶で屋上から飛び降りようとする男性をつかまえる
救助隊(2006年1月11日撮影)。

重慶で橋から飛び降りようとする男性をつかむ警官ら
(2005年9月22日撮影)。

西安で屋上から飛び降りようとする女性を制止する警官
(2005年7月14日撮影)。

長沙(Changsha)で屋上から飛び降りようとする男性と
制止する消防士ら(2005年6月22日撮影)。

(c)AFP

【12月12日 AFP】
中国南西部の崇州(Chongzhou)市で、夫婦が口論の末、
2歳のひとり息子を残して服毒自殺を図るという事件があった。
このニュースが11月に報じられたとき、この30年間
推進されてきた改革・開放政策の「負の側面」があらためて
浮き彫りになった。
それは、中国の自殺率が今や世界最悪の水準にあるという
事実だ。

中国の年間自殺者数は25万人から30万人で、
世界合計の約25%を占める。また、2分に1人が
自殺している計算になる。
15-34歳の死因の1位は、自殺によるものだ。

1978年以降の改革・開放政策で、国は激変し、
そこに住む13億人の心にも大きな混乱をもたらした。
専門家らは、伝統的な家族のあり方が機能しなくなる
とともに社会システムも崩壊し、人間関係が硬直化し、
個人に相当なストレスがかかるようになっていると
分析する。

また、このわずか1世代のあいだで、中国の文化は
「利益追求型」とも断言できるものに変貌した。
経済的な豊かさが追求されるなか、競争社会は
「一人っ子」たちにも、親の過大な期待という
プレッシャーを押しつける。
また、教育などの機会が増え、より多くの人が
出世の階段を登りやすくなっている時代ではあるが、
底知れぬ不安感でつぶれてしまう人も多い。

地方でも変化は顕著だ。かつては3-4世代がひとつ
屋根に暮らすのが当たり前だったが、
今では働き手が都会に出稼ぎにゆく。
子どもたちは残され、老人は顧みられなくなっていく。

「経済発展で家族の絆は希薄になり、人びとは
どんどん孤独になっている。精神科を訪れる患者
は増え続けている」
と、中国初の精神分析医、Huo Datong氏は語る。
中国共産党が人びとの生活を管理し、
「ゆりかごから墓場まで」
面倒を見てくれていたのは、遠い過去の話だ。

■ 農村部、女性で高い自殺率

中国は、女性の自殺者数の割合が全体の58%と、
世界で唯一、男性の割合を上回っている。
また、農村部の自殺者数が都市部を上回っている
というのも、他の国の傾向とは異なっている。
中国では、農村部の自殺者数は都市部を
3倍から4倍上回っているという。

農作業、親の介護、子どもの世話という三重苦を
背負っている農村部の女性では、特にリスクが高い。

「人々はどんどんもろくなっている。
開放以後の急速な社会変化と、伝統と新しい価値観の
衝突のはざまで、多くの人が精神のバランスを崩している。
現在、多くの人が、経済的な豊かさを求めながらも
心のバランスを取り戻そうともがいている」
と、南京(Nanjing)の自殺防止ネットワークの
Zhang Chun会長は語る。

中国人は、共産主義、儒教、資本主義というそれぞれ
相反する価値観の中に立たされ、どれも選べずに
宙ぶらりんの状況にある、と指摘する専門家もいる。

「大半が宗教心を持っている西洋とは事情が異なる」
と、重慶(Chongqing)市のある心理学者は言う。
「この国では、ほとんどの人、特に若者は、無宗教だ。
寺にお参りに行くといっても、金持ちになれる
よう願いに行くようなものだ」

(c)AFP/Pascale Trouillaud

2008年12月12日 09:41 発信地:北京/中国
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック