CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
朝日新聞(2008年04月03日) [2008年04月03日(Thu)]
2008年04月03日(木)
朝日新聞(インターネット版)
asahi.com>マイタウン>宮崎>記事

県内の自殺率ワースト2位
http://mytown.asahi.com/miyazaki/news.php?k_id=46000000804030002
2008年04月03日

県内の昨年1〜10月の人口10万人あたりの自殺率は
29・1人に上り、全国ワースト2位だったことが、
厚生労働省の人口動態統計で明らかになった。
この間の、県内の自殺者は332人で、06年(361人)
を上回るペースで増えている。

調査によると、332人は昨年同期比で35人増。
自殺率も29・1人(昨年同期比3・2ポイント増)に
上がった。ワースト1位は秋田県の32・4人。

自殺者は男性が237人(同41人増)で
女性が95人(6人減)と、男性の伸びが目立つ。
年齢別では中高年の主に男性で急増しており、
50代男性が70人(同21人増)、
女性が24人(同11人増)、
70歳以上の男性が55人(同16人増)だった。

県障害福祉課によると、背景にはうつ病を患う人が
増えたことが考えられ、男性は要因として仕事上の悩み
などがあるという。県は今月から「自殺ゼロ」プロジェクト
推進事業や、相談窓口のホームページ「こころ安心・相談ネット」
の開設などの自殺防止対策を積極的に進める。

県内の自殺率は06年に全国ワースト5位となり、
97年に初めて年間300人を突破。以来、ここ10年間の
自殺率は全国でワースト3〜7位と高く推移している。
同課の黒木健司主幹は「自殺対策に特効薬はない。
うつ病は早期に治療すれば治るという意識を広めていきたい」
と話した。

***********************

以上、引用終わり

宮崎県の自死率がここ10年間以内で3〜7位以内と
いうことは、あまり知られていなかったことだと思う。

宮崎県は、およそ12年前にも全国で2番目ぐらいに
高い自死率を記録したことがあったようだが、
このときは、ほとんど報道らしい報道もなされなかった
のではなかったか。

さまざまな方々のおかげで、社会的に「自死を語る」ことができやすく
なってきている。
「生き心地のよい社会」に向けて、いまは夜明け前なのだと思いたい。



ここ10年間ほど宮崎県で高い自死率が続いていることについては、
いわゆる貧困の問題、うつ病等の精神疾患のケア体制の問題、
地域社会のつながりの問題など、さまざまな問題が重なりあった
結果ではないかと想像している。

「自分の県が好き」という気持ちが全国トップレベルの県民性だけに、
こうした報道に不本意な思いをしている方も多いかも知れない。



いずれにしても、自死がたいへん身近で深刻な社会的問題で
あることには変わりがない。

「一人ひとりができる」「結果的に『生きる』支援につながっている」
「長続きする」自死対策のあり方をこれからも考えていきたい。




コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック