CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
ケータイの校内禁止令が波紋 「学校現場を後押し」と評価 「ルール学ばせねば」の声も(読売新聞) [2008年12月05日(Fri)]
2008(平成20)年12月05日(金)
読売新聞
ホーム>教育>ニュース

ケータイの校内禁止令が波紋
「学校現場を後押し」と評価 「ルール学ばせねば」の声も
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20081205-OYT8T00206.htm

大阪府の橋下徹知事が表明した「ケータイ禁止令」
が波紋を呼んでいる。
来年3月までに、政令市を除く府内の公立小中高校で、
携帯電話の持ち込みや校内での使用を禁じるという方針。

ネットいじめや交流サイトを巡る犯罪など、子どもとケータイの
「つきあい方」に悩んできた教育現場では歓迎する声があがるが、
一方で、
「既に普及してしまったものを今さらダメといっても……」
と戸惑う声もでている。
(東京社会部 吉原淳、山下昌一、大阪社会部 森重孝)



大阪知事が表明

「現場を後押ししてくれる発言。ありがたい」
大阪府枚方市のある中学校校長は、橋下知事の方針を高く評価する。

授業中は机の下でメールばかり。顔を上げたと思えば
今度は携帯で教室内を写真撮影――。
そんな生徒たちに手を焼き、学校への携帯電話の持ち込みを
禁じたのは数年前だ。
だが、持ち込む生徒は今も後を絶たず、保護者を呼んで
注意すると逆に
「他校では許可しているのに、うちはダメなのか」
と抗議されるという。
「これからは保護者にも『府全体で決まっていることだ』
と説明できる」
と校長は歓迎する。

一方で、これまで多くの学校で校内使用が認められてきた
高校には、戸惑いの声も広がっている。
「家庭との緊急連絡に必要では」
「部活の連絡に使っているケースもある」――。
ある府立高校の場合、携帯が普及し始めた数年前に
学校内の公衆電話は撤去されている。

「生徒を納得させることができるだろうか」。
この高校校長は、説得に不安をのぞかせる。

府が一律禁止の方針を固めた背景には今年7月、
府内の小中高の児童生徒計約1万3600人を
対象に実施した調査結果があった。

これによると、1日に3時間以上携帯を使う
中学生は18・2%、高校生は29・5%。

「メール受信時、3分以内の返信」
を心がけている中学1年生は17・1%、
小6でも16・8%もいた。

1日101回以上メールを送信するのは、
最も多かった高1女子では8・0%に上った。

□■□

悩んでいるのは大阪ばかりではない。

読売新聞で全国の都道府県・政令市の教育委員会に
聞き取り調査したところ、回答のあった61教委のうち、
5県4市の教委が携帯の使用や持ち込みについて
統一的な規制を導入していた。

和歌山県の場合、2002年2月から、
小中学、高校での持ち込みを禁止。
川崎市や三重県なども校則の
「学習に必要ないもの」
に携帯を含める運用をするなどして、一律禁止にしている。

しかし、これ以外の教委では、学校ごとの対応に任せているのが現状だ。
「行政が一方的に持ち込み禁止と言っても、無理がある」
とする仙台市では
「各家庭の事情を踏まえて市の指針を策定したい」
とする。

年内に予定していた携帯使用のルール策定も、
保護者らの意見を慎重に聞くため、越年させる
ことにした。

□■□

内閣府の調査では、小学生の31%、中学生の58%、
高校生の96%が携帯電話やPHSを利用しているという。
教育関係者の間では、
「これだけ普及しているのに、学校で禁止するだけで
実効力があるのか」
との疑問もくすぶる。

今年10月から、小中学校への携帯持ち込みを原則禁止すること
にした横浜市でも、
「既に普及していることを前提に、家庭と連携し、
使うべき場所や時間など、付き合う方々携帯との
上手なつきあい方を教えたい」
としている。

ある府内の中学校長は、橋下知事の方針を評価しながらも、
「学校内での規制だけでは不十分」
と話す。同校では昨春から学校への持ち込みを禁止したが、
今も学校裏サイトには「死ね」などの書き込みが続き、
生徒間のトラブルは絶えない。
「携帯のルールをどう学ばせるか。
『携帯教育』はまだ始まったばかりだ」



中傷 いじめ 後絶たず
「あの子はエンコー(援助交際)している」「病気持ち」――。
ある高校2年の女子生徒は、何者かによって
携帯の自己紹介サイト「プロフ」を勝手に作成され、
事実無根の書き込みをされたという。

最近、この生徒から相談を受けた
「全国webカウンセリング協議会」(東京都)
の安川雅史理事長によると、中傷の文言は徐々に過激になり、
プロフを信じ込んだ同級生から一言も声をかけられなくなった。
生徒は登校前に吐き気を訴えるなど精神的に不安定になり、
転校に追い込まれたという。

文部科学省の調査によると、携帯電話を使ったいじめは
2007年度に5899件に上り、前年度に比べ
1016件増加した。いじめ全体に占める割合も拡大している。
神戸市須磨区と北九州市小倉北区の高校では、
ネット上で中傷などを受けた生徒が相次いで自殺したケースもある。

警察庁によると、今年上半期に出会い系サイトなどを
利用して被害にあった18歳未満の生徒・児童は356人。
このうち98・3%の350人が携帯電話から接続していた。

官房長官が支持
河村官房長官は4日夕の記者会見で、橋下知事の方針について、
「学校に持ち込むのは全面禁止して構わない」
と支持した。長官は
「子どもたちの安心安全の問題は、
(別の)方法で考えられるのではないか」
と述べた。

(2008年12月05日 読売新聞)
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック