CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
孤立死対策でチェックリスト作成へ 等(NHK、MSN産経) [2012年03月19日(Mon)]
2012(平成24)年03月19日(月)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>社会

孤立死対策でチェックリスト作成へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120319/k10013812251000.html

東京・立川市で親子が自宅で人知れず亡くなる
「孤立死」が相次いだことから、
立川市は、ポストに郵便物がたまっている場合など、
どんな異変が察知された場合に立川市の職員が
住宅に立ち入るべきか判断するためのチェックリストを作り、
再発防止を進めることになりました。

120319_NHK_Tokyo.jpg




立川市では、先月から今月にかけて高齢者や障害児を含む
2人暮らしの親子が人知れず亡くなる孤立死が相次ぎました。

これらの対応を巡って、立川市は、
家のポストに郵便物がたまっていたり
自治会費の支払いが滞ったりするなどの異変を
察知しながらも、プライバシーなどを理由に
家に立ち入らなかった点に問題があったと指摘されています。

そこで立川市は、郵便物や新聞などがたまっていないかや、
これまで継続していた市の福祉サービスの利用が
止まっていないかといった項目を並べた
チェックリストを作成することになりました。

チェックリストで当てはまる項目が複数あった場合に、
立川市の職員が警察と協力して
住宅に立ち入るかどうかの判断を行うということです。

また、立川市では、行政との関わりが途切れて
孤立しかけている高齢者世帯を緊急に洗い出し、
訪問などによって安否を確認する作業も進めています。

立川市福祉保健部の中村 忠部長は、

「今後、異変を感じた場合は
 素早い対応を心がけたい。」

と話しています。

NHKオンライン 2012年03月19日(月)06時44分

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2012(平成24)年03月14日(水)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>社会

“孤立死”緊急時は入室し確認へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120314/k10013700171000.html

今月3月7日(水)、東京・立川市の東京都営アパートで、
90代と60代の親子とみられる
女性2人が亡くなっているのが見つかった問題を受けて、
東京都は、今後、緊急性がある場合、
都営住宅の管理人が原則として速やかに部屋の中に入って
安否を確認するよう対応を見直すことになりました。

120314_NHK_solitude.jpg




今月3月7日(水)、立川市の都営アパートで、
90代と60代の親子とみられる2人が亡くなっているのが
見つかった問題では、アパートを管理している
東京都住宅供給公社の職員などが
異変に気づいた住民から連絡を受けて訪問したのにも
かかわらず、部屋に入って状況を確認していませんでした。

これは、これまで1人暮らしなどの場合を除いては
勝手に部屋に立ち入らない方針だったためで、
東京都は今回の問題を受けて、今後、緊急性がある場合には
都営住宅の管理人が原則として速やかに部屋の中に入って
安否を確認するよう対応を見直すことになりました。

具体的には、2人で暮らしている場合にも
孤立死を疑うなど新たな項目を対応マニュアルに加えるよう
住宅供給公社に指示するということです。

また、入室する際、現在は、工務店に鍵を外すよう
依頼しているということですが、今後は、
合鍵を持つことについても検討することにしています。

NHKオンライン 2012年03月14日(水)04時30分

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2012(平成24)年03月18日(日)
MSN産経ニュース
トップ>ニューストップ>政治>地方行政

孤立死防止で合鍵保有 都営住宅
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120318/lcl12031800240000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120318/lcl12031800240000-n2.htm

今年に入って孤立死が相次いだことを受け、
東京都は、これまで管理していなかった
都営あね住宅の合鍵を保有することを決めた。

異変を感じても、鍵を壊して立ち入ることに
慎重にならざるを得なかった面があり、

「より円滑な安否確認のため」
として、入室の基準の見直しも行う。

公営住宅には孤立死に陥る可能性がある高齢者や低所得者が
多い実態もあり、各自治体の対策にも影響を与えそうだ。

◆65歳以上世帯43%

「怪しいと思えば合鍵で入ればいい。生きていれば
 『失礼しました。心配なので入りました。』
 と言って帰ればいい。」

東京都立川市内の都営住宅で、高齢母娘の孤立死が
発覚したのを受けて今月3月9日(金)、
石原慎太郎都知事はこう話した。

しかし、東京都や東京都営住宅の管理を受託している
東京都住宅供給公社は、合鍵を保有してこなかった。

東京都は

「昔からなので理由はわからないが、
 古くからの入居者もいて
 一律に持つことにはならなかったのでは。」

という。



都営住宅では65歳以上の世帯が約43%に上る。
これまでも危険性があると判断した場合は
警察立ち会いのもと入室して安否確認してきた。

ただ、誰にもみとられず部屋で死亡していた人が
毎年約400人(自殺含む)見つかるのに対し、
ドアの鍵を破壊して入室に踏み切ったのは
年約100件、ベランダから窓を割るなどして入ったのも
約100件にとどまっている。

公営住宅では大阪府や、今年1月に40代姉妹の
孤立死が判明した札幌市も合鍵を保有していない。

都営住宅は約26万戸あるが、東京都は管理の問題などから
「全戸分の合鍵保有は難しい。」
とし、保有対象の優先順位などを検討する。

また、「室内から異臭がする場合」などとしている
入室判断基準の見直しも進める。

◆埼玉県なども検討

立川市のケースでは、2人暮らしで、63歳だった娘を
「比較的若い」と判断し、結果的に立ち入りが遅れた
こともあり、2人世帯なども柔軟に対象にする。

孤立死への対策をめぐっては、埼玉県も
県営住宅での合鍵の是非を今後の検討項目のひとつとしていく
考えを示している。

3月14日(水)に90代と60代の母子孤立死が
見つかったばかりの川口市は、市営住宅の管理人に対し、
積極的な声かけや情報収集を依頼。

さいたま市は、従来は単身高齢者から要望があった場合を
想定していた安否確認を、複数が暮らす世帯を含めて
積極的に確認するよう見直すとしている。

MSN産経ニュース 2012年03月18日(日)00時22分
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック