CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
ポイント解説:’12滋賀県当初予算/6 子育て・教育/滋賀(毎日新聞) [2012年02月17日(Fri)]
2012(平成24)年02月17日(金)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>滋賀

ポイント解説:’12滋賀県当初予算
/6 子育て・教育/滋賀
http://mainichi.jp/area/shiga/news/20120217ddlk25010388000c.html

◇体制強化で虐待防止

滋賀県内の児童虐待相談件数は毎年増え続け、
2010年度に初めて3,000件を超えた。

滋賀県は妊娠期からの相談機関の周知、
滋賀県内2カ所の子ども家庭相談センターへの
保健師配置などを通じ、虐待防止を強化する=(1)。

昨年10月に検証部会がまとめた
湖南市の乳児揺さぶられ死亡事件の報告書は

「医療現場から寄せられた情報を
 正確に判断する専門知識のある
 職員が少ない。」

と指摘。
こうした課題に取り組み、揺さぶられ症候群の
予防研修も充実させる。



一方、学校現場では虐待などの多様な背景が
生徒の問題行動につながっているとして、
医師や臨床心理士、弁護士らの
専門家チームを発足させる。

月に1度、滋賀県庁で相談に応じ、
自殺といった緊急事態には
チームを学校に派遣する。

裁判所や児童相談所などと学校をつなぐ
警察OBのコーディネーターも配置する=(2)。



環境教育にも力を入れ、
全国をリードする研究・実践を目指す。
▽生命
▽エネルギー
▽自然環境
▽社会生活

−−の4部会からなる研究推進委員会を発足し、
小中学校や高校、滋賀県の環境部局、NPOなどが連携して
これまでの環境教育を総括。
今後の取り組みを検討し、各部会の参加校で実践する。

2014年度に開く「環境フォーラム」で
研究・実践の成果を発信し、
滋賀県下全域への普及を図る=(3)。



また、滋賀県では43年ぶり2回目となる
2024年度の国民体育大会誘致に向け、
懇話会を設置する予算も織り込んだ=(4)。

==============

<主な事業案>

妊娠期からの虐待予防の促進((1)) 1,103万円

生徒指導緊急サポート((2))      267万円

しが環境教育リーディング((3))    220万円

近江の神と仏の「美」発信展覧会開催   858万円

国体検討懇話会((4))         100万円

毎日新聞 地方版 2012年02月17日(金)
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック