CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
本紙連載「命をつなぐに」に平和・協同ジャーナリスト基金賞の奨励賞(下野新聞) [2008年12月02日(Tue)]
2008(平成20)年12月02日(火)
下野新聞
SOON top >社会一覧

社 会
本紙連載「命をつなぐに」に
平和・協同ジャーナリスト基金賞の奨励賞
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20081201/81873

平和や人権擁護、人々の連帯・協同を推進する報道に
寄与したジャーナリストらを表彰する
「第14回平和・協同ジャーナリスト基金賞」
(代表委員・色川大吉氏ら八人)
が1日発表され、自殺防止をテーマに
2007年9月から08年9月まで本紙で連載した
「命をつなぐ 栃木07〜08・自殺社会の現場から」
が奨励賞に選ばれた。本紙の同賞受賞は初めて。

大賞に当たる基金賞はNPO法人「自立生活サポートセンター・
もやい」事務局長の湯浅誠さんの著書
「反貧困 −『すべり台社会』からの脱出」(岩波新書)
が選ばれた。

下野新聞社会部の連載は、年間の自殺者が500人を超える
県内の実態を通じて官民の連携による防止対策や遺族支援の
重要性などを提言。選考委員から
「紹介されているのは心痛む深刻なケースばかり。
自殺が日本社会を根底から揺るがしかねない大問題であることを
解明し、地域に根ざした地道なキャンペーンを続けた」
などと評価された。

同基金賞は趣旨に賛同する市民の寄付で運営されている。
今回は計55点(映像8点)の応募があり、
奨励賞には本紙のほか5点が選ばれた。

他の奨励賞受賞作5点は次の通り。

▼「ロシア 語られない戦争」(常岡浩介)
▼「ウラン兵器なき世界をめざして −ICBUWの挑戦−」
(NO DU ヒロシマ・プロジェクト)
▼「あきらめない−続・君が代不起立」(ビデオプレス)
▼「9条を輸出せよ!」(ピースボート共同代表、吉岡達也)
▼「『アメとムチ』の構図−普天間移設の内幕−」(沖縄タイムス社)

(12月2日 05:00)
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック