CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
くろしお(宮崎日日新聞)2008年03月26日(水) [2008年03月26日(Wed)]
2008(平成20)年03月26日(水)
宮崎日日新聞「くろしお」欄

ひもにつながれたロバがいた。草と自由を求めて動き回る。
最後は木蕨(木杭)にひもを絡め取られて動けなくなり、
自分の首を絞めてしまう。禅で<繋轆木蕨>(けろけつ)と
紹介される。

ロバがあせらなければ、ひもが首に絡まることはなかった
かもしれない。足元には草があったのに。待っていれば
えさをくれたり、ひもを解き放ってくれる人が現れたり
したかもしれない。心から余裕をなくしてしまうと、
最悪の結果を招いてしまうことを示唆している。

本県の自殺率が全国でワースト2になり、
この言葉を思い出した。自殺の原因はつまびらかに
されていない。これまでの統計から推測するに、
心身の疾患、家庭や職場での不和、借金や失業などが
背景にあるだろう。

悟りでも開かない限り、病気、借金、孤独を気にしない
人などいない。当然、もがき苦しむ。独り思い悩む。
悩みは膨らみ、自ら抱えきれなくなって最悪の場合、
絡め取られたロバとなる。はたには粗末だった杭も、
この時ばかりはくさびとなって胸を突き刺す。

カウンセリングを受けても制度上、病院の診療点数は
上がらない。相談窓口も専門講習を受けたボランティア
頼みで、急に増やすことは難しい。相談窓口と医療機関と
法律関係者をつないで欲しい行政も、防止対策を拡充
できずにいる。

たった一度だけ与えられた人生に、自ら終止符を打った
としても知人には苦しみだけが残される。温暖なひむかの
地が苦しみを共有できないほど乾ききったとは思えない。
誰もが愚かなロバとなりうる。ゆえに見逃すことなど
できない。

************************

以上、引用終わり

宮崎県のオピニオン・リーダー紙として、
早急にメッセージを放ってくださった宮崎日日新聞社さんに
感謝したい。

わかりやすい例えを用いた説明だと思う。
いちばんだいじな「こころのゆとり」を失い、視野狭窄に陥って
身動きができなくなり、自死に至ってしまう方は少なくない。



>カウンセリングを受けても制度上、病院の診療点数は
>上がらない。相談窓口も専門講習を受けたボランティア
>頼みで、急に増やすことは難しい。相談窓口と医療機関と
>法律関係者をつないで欲しい行政も、防止対策を拡充
>できずにいる。

先日の3月20日(木・祝)の自殺防止シンポジウムでも
挙げられた主要な話題を取り上げていただいた。

国を挙げての制度上の問題点の一例、
いまの宮崎県内の問題点の一例が、
端的に示されている。

当然、行政だって、「防げる死」「社会的に追い詰められた
末の死」である自死を減らし、自死遺族や自死未遂者を
支援するために動いているのだが… 十分とはいえない。



産学官民を挙げての社会的な取り組みを進めていくため、
「民」の立場でその一翼を担う宮崎自殺防止センターには、
積極的な発言と地道な活動を続けて欲しい。

もちろん自分自身も、その流れに加わっていきたい。

コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック