CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
西日本新聞(2008年03月25日) [2008年03月26日(Wed)]
2008(平成20)年03月25日(火)
西日本新聞

「自殺率」全国ワースト2 前年同期比35人増加 県、うつ病対策強化へ
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/miyazaki/20080325/20080325_002.shtml

県自殺対策推進本部(本部長・東国原英夫知事)が
24日開かれ、2007年10月までの県内の人口
10万人当たり自殺者数「自殺死亡率」が29.1人
(前年同期比3.2ポイント増)で、秋田県に次ぎ、
これまでで最悪の全国ワースト2になったことが
分かった。全国平均は20.5人。県内自殺者数は、
男性237人、女性95人の計332人(同35人増)
に上った。

年齢別では、50代が94人(約28%)で最も多く、
50代‐70代以上は計225人(約68%)で、
働き盛りの壮年期や高齢者の自殺が増加した。
地域別では、06年度から保健師らがうつ病対策などに
取り組む西諸県が前年同期比18人減少したが、
都城北諸県は同21人増、日向入郷は同10人増加した。

県の自殺率は1996年以降、全国ワースト3‐7を推移。
一方、自殺率上位の青森県など東北地方では、保健師養成などで
自殺率が年々減少しているという。県では08年度、うつ病対策
強化を柱に市町村と連携した自殺対策支援や産業医などの
人材育成、自殺未遂者・遺族ケアなどの「自殺ゼロ」プロジェクト
推進事業に取り組む。

東国原知事は24日の定例記者会見で、自殺率増加について
「ショックだ。自殺者が減った地域などを分析し、効果的な対策
を探って積極的に対応する」と述べた。


=2008/03/25付 西日本新聞朝刊=

2008年03月25日(火)00時27分



宮崎県でも、今後は総合的な自死対策が必要だと考える。

新聞報道を読んだかぎりでは、宮崎県の自死対策が、
精神保健福祉分野のみに大きく偏っているようにも読み取られかねない。

産学官民が半歩ずつ歩み寄り、各世代毎への自死対策を見据えたい。
教育分野、金融分野、労働・雇用分野、医療・保健・医療分野などで、
それぞれが実行可能な自死対策を進め続けていくことが大切ではないか。
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック