CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
医師と弁護士がタッグ 石巻で自殺予防シンポジウム 等(河北新報、毎日新聞/宮城) [2011年03月11日(Fri)]
2011(平成23)年03月11日(金)
河北新報
ホーム>東北のニュース>宮城のニュース

医師と弁護士がタッグ 石巻で自殺予防シンポジウム
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/03/20110311t15002.htm

医療的ケアと法律問題の両面から
自殺予防について考えるシンポジウムが
3月7日(月)、宮城県石巻市の石巻グランドホテルであった。

自殺の原因として割合が高いうつ病や多重債務などを
具体例として挙げ、現状と今後の対策に理解を深めた。



自殺の現状と予防策に理解を深めたシンポジウム

自殺者を少しでも減らそうと協定を結んだ
仙台弁護士会と宮城県医師会が初めて開催し、
市民約120人が参加した。



石巻市のこだまホスピタルの高橋玄診療部長と、
仙台弁護士会自殺対策プロジェクトチーム委員の
高橋拓弁護士が講演した。

高橋診療部長は

「自殺者の大多数がうつ病など精神疾患に陥っているが、
 症状を自覚できないケースが多い。
 周囲が兆候に気付くことも大切だ。」

と指摘。

その上で

「過度に自分に期待したり、
 周囲の目を気にしたりしないでほしい。
 無理をしない思考こそ大事にしてほしい。」

と述べた。



高橋弁護士は、経済苦やドメスティックバイオレンス(DV)、
いじめなど実際にあった具体例を挙げながら、
法律問題として解決できる可能性がある点を強調。

「3月は自殺者が増える傾向にある。
 専門家の助言が、的確な対応を見付ける糸口になるかも
 しれない。気軽に相談してほしい。」

と呼び掛けた。

仙台弁護士会法律相談センターは022(223)2383。
受け付けは平日午前10時から午後3時まで。

河北新報 2011年03月11日(金)

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2011(平成23)年02月16日(水)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>宮城

仙台市保健所運営協:
心のケア重点的に 働き盛り世代中心、健康プラン最終案/宮城
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20110216ddlk04040104000c.html

仙台市地域保健・保健所運営協議会
(委員長・辻一郎東北大大学院教授)は
2月14日、11年度から10年間の
仙台市民の健康づくり指針「いきいき市民健康プラン後期計画」
の最終案を奥山恵美子仙台市長に答申した。

重点分野として、働き盛りの世代を中心に、
▽禁煙支援
▽メタボリックシンドロームの予防
▽自殺やうつなどの心の健康のケア

−−に重点的に取り組む。



後期計画案の柱は、仙台市民の健康意識や生活習慣、
健康づくりを取り巻く状況などを踏まえ、
▽生活習慣病予防
▽心の健康
▽食生活と歯・口
▽たばこ
▽感染症予防

の5つ。

特に仙台市内では03〜09年に
年間200人以上が自殺したことを受け、
メンタルヘルスの相談態勢の整備や窓口の拡充などを図る。



奥山市長は
「働き盛り世代の心の健康は、
 厳しい仕事環境の中で崩す場合が多い。
 仙台でも自殺者をどう減らしていくかが課題で、
 まち全体でつながって支える社会づくりを進めたい。」

と話した。

仙台市は生活習慣病や要介護者の抑制などを目的に、
02年3月に初期計画を策定した。
06年に初期計画の中間評価を行い、重点戦略を策定した。

【垂水友里香】

毎日新聞 地方版 2011年02月16日(水)
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック