CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
全国2番目の高さ 本県自殺率(宮崎日日新聞) [2008年11月02日(Sun)]
内閣府のHPによれば、昨年2007年の
宮崎県の自死(自殺)率は、昨年4月までの時点では、
全国でもトップだった。(昨年5月時点で秋田県とトップタイ)

今年は、昨年よりも数字が減ってこそいるが、それでも、
九州ではまだトップの高さであることが、とても残念。
より生き心地の良い宮崎県をめざしてがんばりたい。

実態がより詳しく分かれば、それだけ対策も立てやすくなる。
宮崎県警察本部との調整(自殺に関する統計の利活用)
がだいじではないかと考える。

以下、引用

********

2008(平成20)年11月02日(日)
宮崎日日新聞 社会面(28面)
トップ>県内のニュース

全国2番目の高さ 本県自殺率
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=12261&catid=74&blogid=13

厚労省によると、県内の2007年の自殺者数は
394人で、前年より32人増加している。
自殺率(人口10万人あたりの自殺者数)は
34・6人(前年比3・0増)で全国で2番目に高い。

県は、東国原知事を本部長とする自殺対策推進本部と、
医師や弁護士など各分野の民間団体からなる
自殺対策推進協議会を設置。
自殺予防の普及啓発や人材育成を柱に、
官民一体の対策を進めている。

2016年までに自殺率を2005年より25%
減らす数値目標を設定した。
本年度までに、県独自の行動計画を策定する。



自殺原因63%「健康」
2008年対策白書
精神科医療強化を

政府は10月31日午前の閣議で
「2008年版自殺対策白書」
を決定した。07年の自殺原因は
健康問題の63.3%が最多とのデータを紹介。
対策として「心の健康づくり」に重点を置き、
うつ病などに関する精神科医療の充実や
職場でのメンタルヘルス強化を挙げた。

自殺対策白書は昨年に引き続き2回目。
年間自殺者が10年連続で3万人を超えた
ことに危機感を示し、昨年策定した自殺総合対策大綱を
踏まえ、2016年に2005年時点より自殺死亡率を
20%減らす政府目標の早期達成を掲げた。

昨年の自殺者33,093人のうち、自殺原因を特定
できた23,209人を分類。
健康問題に次いで経済・生活(31.5%)、
家庭(16.2%)、勤務(9.5%)、
男女(4.1%)の各問題が原因だった。

年代、男女別でみると30−60代までは
男性の比率が70%を超えた。

閣議に先立って開かれた自殺総合対策会議
(会長・河村建夫官房長官)では
「自殺対策加速化プラン」
を決定した。

プランには
@ 硫化水素の製造方法など有害情報を
  インターネットから削除する活動に
  取り組む民間団体への支援
A 市町村に対し自殺問題の担当部局の
  設置を働き掛け
− などを明記している。

2008年11月02日

********

以上、引用終わり

コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック