CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
爆弾テロ ネットから断て 警察当局 大量購入 通報を(東京新聞) [2010年09月28日(Tue)]
2010(平成22)年09月28日(火)
東京新聞 夕刊
トップ>社会>紙面から一覧

【社会】
爆弾テロ ネットから断て 警察当局 大量購入 通報を
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010092802000185.html

アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を11月に控え、
警察当局は手製爆弾を使ったテロへの警戒を強めている。
爆弾の原料となる薬品類がインターネットや商店で
容易に手に入るためだ。

今月2日には、爆弾を作るため薬品類をネットで入手した
東京都足立区の男(45)を、警視庁公安部が爆発物取締罰則
違反の疑いで書類送検している。 (大野孝志)



14日、爆発物に見立てたバッグ(手前)を処理訓練する、
警視庁爆発物処理班の特殊車両=東京都品川区の大井競馬場で



送検容疑では、男は硝酸アンモニウムと粉末アルミニウム
各900グラムを、自宅に持っていたとされる。
爆弾は未完成だったが、公安部は原料の量から、
乗用車の天井を吹き飛ばす威力の爆弾を製造可能だった
とみている。

公安部によると、男は
「好意を寄せていた女性に相手にされず、
 自殺のために爆弾を作ろうと思った」

と供述。原料のほか、製造方法の知識もネットで得たという。

爆発物の原料になり得る薬品類は
本来、肥料や花火、試薬などに使われ、
一部はホームセンターや薬局でも市販されている。

警察庁の調査では、販売業者は全国で7万業者に上り、
うち350業者がネットでも扱う。

「ネットには誰でも気軽にアクセスできる。
 いつ、誰が、どんな動機で爆弾を作ろうとしているのかが
 分からない怖さがある」。

公安部幹部は言う。



爆弾テロを原料から断とうと、警察庁は既に
都道府県警や関係省庁、業者団体に通達や依頼を出した。

原料になる硝酸アンモニウムや尿素、アセトンなど
11品目について、販売記録の保存やネット販売での
本人確認を、販売業者に指導徹底するよう求めている。

警視庁公安部によると、都内でこの11品目を売るのは
約1,800店。ネットで売っているのは26業者ある。

「大量に買った客がいたら通報するよう、
 地元の警察署から言われている」。

都内のホームセンターで店員が語った。

公安部は、薬品類を売る際に使用目的を尋ね、
何度も買いに来る客がいたら通報するよう、
業者に呼び掛けている。

さらに、ネット上で爆弾の製造方法を紹介している
サイトの運営者には、削除を求めるとしている。

東京新聞 夕刊 2010年09月28日(火)
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック