CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
うつ、自殺傾向の悩み多数=無職者が3割−働く人の電話相談(時事通信社) [2010年09月29日(Wed)]
2010(平成22)年09月29日(水)
時事ドットコム(時事通信社)
ホーム>社会

うつ、自殺傾向の悩み多数
=無職者が3割−働く人の電話相談
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010092900775

日本産業カウンセラー協会は29日、
自殺予防週間(9月10〜16日)に合わせて実施した
「働く人の電話相談室」に、
3日間で1,170件の相談が寄せられ、
メンタル不調・病気に関するものが2割を超え最多だった
と発表した。

細かい項目では、うつや死にたい気持ち(希死念慮)
に関するものが多かった。

原 康長専務理事は
「自殺を考えるのも無理のない深刻な悩みが多かった。
 深刻さの度合いが増している」

と話している。



電話相談は10〜12日に全国13支部で実施、
件数は前年の1,093件を若干上回った。

分野別では
メンタル不調・病気(21.5%)、
職場の問題(18.5%)、
生き方など自分自身のこと(16.7%)

−の順に多かった。

細分化した相談項目のトップは「生き方」の85人。
次いで「うつ」84人、
「希死念慮」75人、
「求職」63人、
「親子関係」61人の順だった。



電話相談は、厳しい雇用環境を考慮し、
現在の仕事の有無を問わず利用を呼び掛けている。

今回、差し支えない範囲で雇用形態を尋ねたところ、
無職の人が384人と1/3を占め最多だった。

時事通信社 2010年09月29日(水)17時48分
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック