CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
【自殺を防ぐ】地域連携強化を確認 小山で県南フォーラム(下野新聞) [2010年09月25日(Sat)]
2010(平成22)年09月25日(土)
SOON(下野新聞)
トップ>地域

【自殺を防ぐ】地域連携強化を確認 小山で県南フォーラム
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20100924/387472

【小山】
「県南地区精神保健福祉関係者ネットワークフォーラム」
が24日、犬塚3丁目の県小山庁舎で開かれ、
将来のネットワーク化も視野に、
自殺対策へ関係機関が連携して取り組むことを確認した。

自殺の背景には健康、経済問題などが複雑に絡み合うケース
が多いとされることから、関係機関が横のつながりを強め、
地域全体で自殺の未然防止に取り組んでいく。



県県南、栃木両健康福祉センターが主催した同フォーラムには
管内の行政、医療機関、官民の相談支援機関関係者など
約50人が参加した。

まず、県南センター職員が、職場環境の変化や事業不振など
さまざまなきっかけから自殺に至るまでには
多くの要因が複雑に関係し、1つの相談窓口では解決しにくい
現状を報告。

関係機関が協力し、自殺を未然に防ぐための
ネットワークをつくる必要性を訴えた。

また、悩みを抱える人を救うため、

サイン(変化)に気付いて声をかける「気づき」、
本人の気持ちを尊重して耳を傾ける「傾聴」、
早めに専門家に相談するよう促す「つなぎ」、
温かくじっくりと寄り添う「見守り」

を意識して取り組むよう要請した。



この後、産業医の友常祐介さんが
「心の健康問題の現状と自殺予防」をテーマに講演。

「自殺者の80〜90%は何らかのサインを出す」
と指摘した上で、サインを感じたら

「自殺を考えているの? と率直に聞く。
 真剣にゆっくりと話を聴き、
 自殺について肯定も否定もせず、専門家に相談する」

などと、対応の仕方を説明した。

下野新聞 2010年09月25日(土)05時00分
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック