CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
香山リカのココロの万華鏡:うつ病の経済損失/東京(毎日新聞) [2010年09月14日(Tue)]
2010(平成22)年09月14日(火)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>東京

香山リカのココロの万華鏡:うつ病の経済損失/東京
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20100914ddlk13070228000c.html

うつ病対策、自殺対策にもっと人手と予算を。

こんなことを口にすると、

「いまの日本に必要なのは景気回復。
 うつや自殺の対策にお金をつぎ込んだって、
 その費用が回収できるわけじゃないだろう」

などと言われることがある。

ところがこのほど、うつ病や自殺の対策は
結果的には“お得”になる、
という画期的なデータが公表された。



発表したのは厚生労働省。

自殺した人が亡くならなければ生涯、得られたはずの
所得額やうつ病の休業にともなう所得の減少などを
計算したところ、2009年だけで約2兆7,000億円の
経済損失が出ている、と推計されたのだ。

当然、得られたはずの税収も見込めなくなる。

もちろん、このデータは損失を示しているだけで、

「だから対策を講じたほうが“お得”」
とまでは言っていない。

ただ、この数字を見てこんなことを考えた経営者も
いるのではないか。

「たしかにウチでも、
 新人時代からコストや時間をかけて育て上げた人材が、
 うつ病などで長期休業したり退職したりするのは、
 たいへんな利益の損失だよなあ」

そう思った経営者や管理職には、こう言いたい。

うつ病の場合、
「極端な成果主義で追い詰めない」
「ゆとりを持った勤務体制に」
「カウンセラーを配置する」

といった対策を導入することで、
ある程度、予防することもできるはずだ。



これらは一見、費用もかかるし効率ダウンにつながるかの
ようだが、長い目で見ると経済的な損失を減らし
業績の安定、さらにはアップにもつながる。

つまり、“お得”ということになるのだ。

人の健康や命にかかわる問題を損得で考えることじたいが
不謹慎、という意見もあるだろう。

しかし、そう言っていては、対策が進まないのも事実。
ここは、ソロバンをはじいてでも、行政のトップや経営者たちに

「そうか、今後の経済成長のためにも、
 まずはうつ病対策、自殺対策か」

と思ってもらいたいところだ。



とはいえ、もちろん、そんな試算をしてみせなくても、誰もが

「自殺対策? 何をさしおいてもやるべきだろう」

と思ってくれる“心やさしい社会”になることこそが、
最大の対策なのかもしれない。

毎日新聞 地方版 2010年09月14日(火)
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック