CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
子どもの暴力行為 過去最多に 等(NHK、毎日新聞) [2010年09月14日(Tue)]
2010(平成22)年09月14日(火)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>社会

子どもの暴力行為 過去最多に
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100914/k10013981911000.html

子どもが同級生や教師に暴力を振るったり
学校の物を壊したりする暴力行為の件数が
昨年度、6万件を超え、これまでで最も多くなっていることが
文部科学省の調査でわかりました。



文部科学省は、毎年、全国の小中学校と高校を対象に、
子どもたちの暴力やいじめ、自殺などの実態について
調査しています。

このうち、子どもが同級生や教師に暴力を振るったり、
学校の物を壊したりする暴力行為は、
昨年度、6万 900件余りで、前の年度に比べて
およそ1,200件増え、調査を始めた昭和58年度以来、
最も多くなりました。

内訳は、

▽小学校でおよそ  7,100件、
▽中学校でおよそ4万3,700件、
▽高校でおよそ 1万0,000件

でした。

この中では

▽児童や生徒どうしの暴力がおよそ3万4,200件と最も多く、
▽次いで、学校の物を壊すケースがおよそ1万6,600件、
▽教師に対する暴力がおよそ8,300件などとなっています。

最近は、はたからは、ささいなことに見えることでも
我慢ができず、突然、暴力を振るったり、
感情が抑えられずに物を壊したりするなど、
暴力行為が1つのコミュニケーション手段
というケースが増えているということです。



また、自殺した子どもの数は165人で、
前の年度から29人増えました。

一方で、いじめが確認された件数はおよそ7万2,700件と、
前の年度に比べて1万1,800件余り減っています。

調査結果について、文部科学省では

「感情のコントロールができず、コミュニケーションも
 不足するなどして、暴力行為につながっていると考えられる。
 学校だけの取り組みには限界があり、
 社会全体が子どもにかかわることが必要だ」

と話しています。

NHKオンライン 2010年09月14日(火)17時38分

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2010(平成22)年09月14日(火)
毎日新聞
トップ>ニュースセレクト>今日の話題

学校調査:暴力行為が過去最多
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100915k0000m040044000c.html

全国の小中高校生による暴力行為の発生件数が
09年度、過去最多の6万 913件(前年度比2.2%増)
に上ったことが14日、「問題行動」に関する
文部科学省の調査で分かった。

小学校は前年度比9.7%増と最も大きな伸びを示し、
小中ともに過去最多となり、暴力行為の低年齢化傾向がみられた。

国私立も調査対象に加えた06年度から
3年連続の増加となっている。



調査は、国公私立の小中高3万8,389校を対象に実施した。

小学校の暴力行為は7,115件。
加害児童数は前年度比12.4%増の6,814人で、
06年度の学年別加害児童数と比べると、
各学年とも約2倍近くになった。

中学校の暴力行為は4万3,715件(同2.2%増)。
高校は1万  83件(同2.9%減)だった。

暴力行為が校内で起きた学校は
全体の23.7%(同1.1ポイント増)だった。

発生状況別にみると、生徒間暴力が3万4,277件
(同5.6%増)で過半数を占めた。

対教師暴力が8,304件(同2.3%増)、
見知らぬ人らへの暴力が1,728件(同0.2%増)
と人への暴力は増加し、
器物損壊は1万6,604件(同4.2%減)に減少した。

前年度から調査を始めた被害者が病院で治療を受けたケースは
4件に1件の割合で、1万1,708件(同9.8%増)
に上った。

暴力行為が増えた理由について、文科省は

(1)感情のコントロールができない
(2)コミュニケーション能力の不足
(3)規範意識の欠如

−−などを挙げた。

さらに

「10数年前は集団で連携して暴力を振るうことが多かったが、
 最近は1人で行う傾向が表れている」

と分析した。

いじめについては、特別支援学校を含む
計3万9,942校を調べた。

認知件数は7万2,778件(同14%減)で
小中高のすべてで減少。

このうちインターネットが関係した「ネットいじめ」は、
3,170件(同30%減)だった。

しかし、文科省は
「技術の進歩で見つけにくくなっている面もある」
と引き続き注視する方針。

また、いじめの早期発見に向けて、
全学校で児童生徒にいじめについて尋ねるアンケートを
実施するよう求める通知を初めて出した。

自殺した児童生徒は前年度より29人増え、中高生165人。
小学生はゼロ。
いじめが原因とされたのは2人だった。 【本橋和夫】

毎日新聞 2010年09月14日(火)19時42分
(更新: 2010年09月14日(火)23時42分)
コメント
どの地域に 多いのだろうか 地域は 関係ないのだろうか?
という文章です
Posted by:村石太仮面  at 2010年09月15日(Wed) 22:36
子供の暴力行為 昭和58年より 多い。
昭和58年ごろ 暴走族とか ヤンキー ツッパリ そういうものが
目だった。格好で わかった。
今 どういう子供が どういう原因により 暴力行為にいたるのだろうか?家庭 学校 いじめ 自殺
都道府県的にみて 地域にあるのだろうか
Posted by:村石太仮面  at 2010年09月15日(Wed) 22:34
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック