CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
会いたい・聞きたい:映画「アブラクサスの祭」主演、スネオヘアーさん/福島(毎日新聞) [2010年08月28日(Sat)]
2010(平成22)年08月28日(土)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>福島

会いたい・聞きたい:
映画「アブラクサスの祭」主演、スネオヘアーさん/福島
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20100828ddlk07040142000c.html

◇住民参加で地域再発見 温かい豚汁ありがたく

芥川賞作家で福聚寺(三春町)住職、玄侑宗久さんの小説が
原作の映画「アブラクサスの祭」(加藤直輝監督)が
9月25日、全国公開に先駆けて国見町観月台文化センターで
初公開される。

全編、同町や三春町など県内で撮影され、
地元住民も参加した地域密着型の作品。
主演のスネオヘアーさん(39)に、
その魅力や撮影でのエピソードなどを聞いた。 【蓬田正志】

−−映画は県内の小さな町を舞台に、うつ病の若い僧侶・
  浄念が、家族や地域を巻き込んでロックのライブを開く物語。
  初主演で苦労もあったのでは?

◆原作には(人間の)光と影や感情の葛藤(かっとう)が
描かれており、興味を持って出演させてもらいました。
お経や僧侶ならではの動作は、普段の生活にはありませんから、
撮影前にお経を聞いたりして準備しました。
主人公浄念の感情の変化も激しいので、演技に苦労しました。

−−撮影は昨年11〜12月に行われました。
  印象に残るシーンはありますか。

◆エンディングの龍雲寺(国見町石母田)での
ライブシーンですね。
撮影の佳境であり、浄念として最後のライブ。
寒い中で2日間かけた撮影で、一番大変でした。

−−「方言を取り入れたい」という加藤監督の意向もあって
  地元でオーディションが行われ、住民が出演しました。
  ボランティアにも多くの住民がかかわったと聞いています。

◆子役で小学1年の山口 拓くん(6)=福島市=たちの演技が
 うまくて、プレッシャーにもなりました。
 ボランティアの方は、米や野菜などを持ち込んで
 炊き出しをしてくれました。
 寒い中での撮影の合間に食べた温かい豚汁は、
 ありがたいごちそうでした。

 これまで出演したどの映画より、
 地域に密着できたのではないかと思います。

−−そんな地域密着型の映画が、最近は増えているようです。

◆いろんな地域が、ロケ地として盛んに招致活動をしていますね。
 こうした作品に地域住民が出演し、
 地域の再発見にもつながっていると思います。
 普段は意識しない通りも、物語に組み込まれると
 価値が生まれます。映画って、すごいですよね。

−−今回の映画は、どんな作品に仕上がったと思いますか?

◆自分で見て感じたのは、人とのかかわりや支え合いが
 大切だということです。
 (テーマとして)強く打ち出しているわけではないのですが、
 浄念はその中で生かされていると思いました。

 撮影で多くのボランティアの人たちが働いてくれたので、
 一層そう思うのかもしれません。

==============

■人物略歴
◇すねおへあー

1971年、新潟県長岡市出身。
ミュージシャン、音楽プロデューサー。
芸名はデビュー前、髪形が漫画「ドラえもん」に登場する
「スネ夫」に似ていたことにちなむ。

大学在学中から芝居に取り組み、劇団に所属したことも。
好きな映画はジーン・ハックマン主演の
「フレンチ・コネクション」など。

毎日新聞 地方版 2010年08月28日(土)
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック