CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
宮崎 口てい疫の終息宣言 等(NHKオンライン) [2010年08月29日(Sun)]
2010(平成22)年08月27日(金)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>社会

宮崎 口てい疫の終息宣言
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100827/k10013605761000.html

宮崎県の東国原知事は、27日午前、県内で行われていた
ウイルスを死滅させる対策がすべて終わったとして
「口てい疫の終息宣言」を出し、
今後は地域の復興に向けて全力を尽くす考えを示しました。



口てい疫の問題で、宮崎県内ではおよそ29万頭に上る家畜が
処分されたほか、催し物の中止に伴って観光客が減少するなど、
地域経済にも大きな影響が出ました。

その後、口てい疫の感染拡大は徐々に終息に向かい、
県内で行われていた排せつ物を発酵させてその過程で出る熱で
ウイルスを死滅させる処理もすべて終わりました。

これを受けて、東国原知事は27日午前9時半から
県庁で記者会見し、「口てい疫の終息宣言」を出しました。

知事は

「この日を迎えられ、感無量だ。
 今後は、全国のモデルとなるような安全・安心な畜産づくり
 に取り組み、地域経済の復興に向けて全力を尽くしたい」

と述べました。

そして、宮崎県としても感染ルートの解明を進め、
再発防止を徹底したいという考えを示しました。

口てい疫の問題は、最初に発生が確認されて4か月余りで
大きな節目を迎え、家畜を処分した農家では
牛や豚を飼う準備が本格的に始まるほか、県内の市場でも
子牛などの競りが、順次、再開されることになっています。

NHKオンライン 2010年08月27日(金)12時14分

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2010(平成22)年08月27日(金)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>社会

口てい疫 27日に終息宣言へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100827/k10013599431000.html

口てい疫の問題で、宮崎県内でウイルスを死滅させるための
最後の処理作業が終わり、宮崎県の東国原知事は、
県全域で安全性が確認されたとして、最初の発生から4か月余り
がたった27日に「口てい疫の終息宣言」を出します。



口てい疫の問題で、宮崎県内ではおよそ29万頭の家畜の
処分が終わり、先月、移動制限や非常事態宣言が解除されました
が、感染が集中した県東部では、ウイルスが含まれている可能性
がある家畜の排せつ物が残されていました。

このため、宮崎県は、排せつ物を発酵させ、その過程で出る熱で
ウイルスを死滅させる最後の処理作業を行い、
26日に対象の農場すべてで作業が終わりました。

また、処理と平行して、今月上旬にかけて、宮崎県内のすべての
牛や豚を検査し、健康に異常がないことを確かめました。

こうしたことを受けて、宮崎県の東国原知事は
27日、県全域で安全性が確認できたとして
「口てい疫の終息宣言」を出します。

口てい疫の問題は、最初に発生が確認されて4か月余りで
大きな区切りを迎え、畜産農家では家畜を再び飼うための
準備が本格的に始まります。

また、宮崎県内の家畜市場では子牛などのセリが
順次、再開されることになっています。

しかし、深刻な被害を受けた畜産業の再生には
長い年月がかかる見通しで、今後は、県や国の支援が
いっそう求められることになります。

NHKオンライン 2010年08月27日(金)04時13分
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック