CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
こころを救う:産後うつ、理解深めて 毎年10万人前後、発症(毎日新聞) [2010年08月18日(Wed)]
2010(平成22)年08月18日(水)
毎日新聞 東京朝刊
トップ>ライフスタイル>新着記事

こころを救う:産後うつ、理解深めて 毎年10万人前後、発症
http://mainichi.jp/life/today/news/20100818ddm013040176000c.html



支援団体が開いたフォーラムでは、夫の無理解から、
治療が遅れるケースも報告された
=東京都文京区の文京区民センターで、水戸撮影

◇早期治療なら薬不要 回復へ夫の役割重要

出産後に思うような子育てができずに自分を責めたり、
イライラして子どもを傷つけたりする母親がいる。

出産後の女性の1割がかかる「産後うつ」という病気だが、
医療機関や家族の認識不足から適切なサポートを受けられず、
苦しむケースもある。 【水戸健一、斎藤広子】



「この世から消えてしまいたい」。
さいたま市の主婦(32)は4月上旬、第1子を産んだ直後から
気分が沈みがちになった。

出産した病院に相談したが、担当の産婦人科医は
「初めての出産で疲れているだけ」
と言うばかり。

「別の病院を探して」
と突き放された。



途方に暮れ、懇意の医者に相談。
紹介された心療内科で産後うつと診断された。
現在もカウンセリングが続いている。

会社員の夫(34)は
「妻の様子がおかしく、一刻を争う事態だった。
 なぜ出産した病院で診てもらえなかったのか」
と憤る。



産後うつは産後半年ごろまでに発症し、
憂うつな気分や食欲不振、体のだるさなどが2週間以上続く。

産後のホルモンバランスの変化や家事育児の増加が、
興味の喪失や慢性的な疲労感を引き起こすといわれている。

7月下旬には、2月に出産した日本テレビの女性アナウンサー
(34)が自殺。
親族がテレビ番組に出演して、うつ病の診断を受けていたと
明かした。

産後うつに詳しい三重大学保健管理センターの岡野禎治教授
(精神医学)によると、国内では産後の女性の約8〜14%、
毎年10万人前後がかかると言われている。

岡野教授は
「まじめできちょうめんなタイプが多い」
と話す。



問題は、産婦人科が出産後のケアに積極的にかかわろうとせず、
小児科も子どもの健診が中心で、病気が見過ごされがちなことだ。

また投薬治療が中心の心療内科は、授乳への影響を懸念して
母親が敬遠する傾向にある。

日本周産期メンタルヘルス研究会の宗田 聡理事
(パークサイド広尾レディスクリニック院長)は

「出産後の相談窓口をつくらなければならない。
 投薬が必要な患者は1〜2割。
 早期に治療を始めれば、カウンセリングで回復が可能」

と強調する。

母親が産後うつにかかったら、
家族や周囲はどう接すればよいのだろうか。

岡野教授は

「体をゆっくり休めることが必要なので、
 できる限り家事や育児を代わってあげて。
 特に夫が病気のつらさを理解して、
 一緒に専門医を受診してほしい」

と助言する。

気をつけたいのが回復期だという。

「治療後2〜3カ月は自殺の危険がある。
 勝手に治ったと判断して薬をやめたりしないでほしい。
 家族も専門医の判断があるまで気を抜かずに見守って」

と話す。



民間団体は、病気への理解を深めるための取り組みを進める。

父親の育児支援をするNPO法人「ファザーリング・ジャパン」
は9日、東京都内で「父親たちで考える産後うつ問題」と題した
フォーラムを開催。
仕事帰りの男性ら約200人が耳を傾けた。

妻(44)が7年前に産後うつにかかったという
会社員(46)が講演、
「最初は単なる疲れと思い、
 妻の弱音をグチと聞き流してしまった。
 『大変といっても育児休暇中だろ』
 と言ってしまった」

と打ち明けた。

産後うつの自助グループで情報サイトを運営する
「ママブルーネットワーク」には、
症状を理解しない夫との関係に悩む声が寄せられる。

宮崎弘美代表は

「うつで体を動かせない妻に対して、
 気分転換の外出を勧めるなどのずれた助言をしてしまう
 夫もいる。回復に家族の適切なサポートは不可欠」

と訴える。

毎日新聞 東京朝刊 2010年08月18日(水)
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック